大阪府立急性期・総合医療センター(大阪市)に頭部外傷で入院中の40代男性が23日、臓器移植法に基づき脳死と判定された。男性は脳死で臓器提供する意思を示すカードを持ち家族が心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓(すいぞう)、小腸の提供を承諾した。同法に基づく脳死判定は87例目、臓器提供は86例目となる。

 心臓は大阪大病院で10代男性▽肺は福岡大病院で20代男性▽肝臓は東京大病院で30代女性▽片方の腎臓はNTT西日本大阪病院で50代女性▽もう片方の腎臓と膵臓は九州大病院で40代男性▽小腸は京都大病院で10代男性に移植される予定。

【関連ニュース】
臓器提供:親族への優先、厚労省が運用指針改正
脳死移植:84例目が終了 85例目も実施へ
病気腎移植:宇和島徳洲会病院が再開…「臨床研究として」
社説:親族優先の移植 心情は理解できても
脳死移植:85例目終わる 国内5病院

ほかにも子ども2人死亡=信者夫婦逮捕の宗教法人-医療放棄事件・福岡(時事通信)
鳩山首相、小沢氏事件で「一蓮托生議論はナンセンス」(産経新聞)
各地で犠牲者追悼、ネット中継も=阪神大震災、17日で15年(時事通信)
政府・民主に衝撃「捜査見守る」=社民幹事長「誠に遺憾」(時事通信)
2次補正、月内成立に全力=政府・民主(時事通信)
AD