韓国化粧品の日本進出が加速している。安くて品揃えが豊富なことから日本人旅行者がこぞって韓国での土産に買い、そこから人気に火が付いた。最近ではカボチャ、トマト、黒砂糖、キャビアなど食べ物から生まれた韓国コスメ「スキンフード(SKIN FOOD)」が日本に上陸し、注目を集めている。日本ではまだなじみはないが、知る人ぞ知るブランドだ。

 「スキンフード」は「素肌が喜ぶ食べ物から生まれた化粧品」をコンセプトにし、米やイチゴ、パイナップル、メロン、カボチャ、トマト、カカオ、マッシュルーム、グリーンティ、シュガーといった食材を使っている。高級食材、キャビアを取り入れたシリーズもある。韓国で380店舗、海外で154店舗を展開し、2009年12月18日に東京・原宿に1号店をオープンした。

■黒砂糖の粒マスクは世界で170 万個販売

 世界で170 万個を売り上げた、洗い流すマスク「ブラックシュガーマスク」には、黒砂糖のざらざらとした粒がそのまま入っている。黒糖には角質を効果的に除去する働きがあるそうだ。黒ごまが入った「ブラックセサミ ホットマスク」は肌のキメを整えながらなめらかな肌に導く、という触れ込みだ。ほかにもカボチャは栄養が豊富で、キュウリは水分をたっぷり含むといった素材の力を取り入れている。

 基礎化粧品、メイクアイテム、ボディケア、ヘアケア、男性用、ベビー用を展開し、韓国ではおよそ900種類を扱っている。日本では550種類をラインアップし、順次扱いを増やしていく。

 化粧品は毎日使うものだからこそ、価格も重要なポイントだ。その点、「スキンフード」は中心価格が2500円と日本や欧米の化粧品に比べて安い。もともと韓国に行った日本人観光客の間で、お土産として気軽に買えると口コミで広がった。原宿店のスタッフは、

  「韓国に旅行した時に買ったというお客さまがたくさんいらっしゃっています。値段の割に良かったと言ってリピートするお客さまも多いです」

 といい、滑り出しは好調だ。全国展開の計画も進んでいる。

■IKKO、梨花も愛用する韓国コスメ

 ほかにも韓国土産として話題になったコスメの日本進出が相次いでいる。

 その先駆けになったのが「ザフェイスショップ(THE FACESHOP)」。2005年に日本に上陸し、全国に8店舗展開する。基礎化粧品など600アイテムを扱い、価格は280~4800円。平均価格は2500円となっている。

 人気の自然素材を使った「シートマスク」は30種もあり、1つ280~450円とお手頃価格で売っている。肌を柔らかくし、透明感を高めるという「ヨーグルトパック」(700円)は見た目もヨーグルトそのもので、幅広い女性が買っていく。

 韓国で300店舗以上展開する「ミシャ(MISSHA)」は06年に日本に進出し、東京・渋谷などに15店舗を出している。

 高麗人参など「韓方」成分を取り入れたアンチエイジング化粧品が特徴だ。美のカリスマとして活躍するIKKOさんが、自分でも使っているとテレビで紹介して爆発的に売れた「BBクリーム」や、アイシャドウ、口紅などメーキャップもラインアップし、400アイテム弱が揃う。価格は1000~2000円台。日本では20~30歳代の女性に売れているそうだ。

 韓国コスメを個人輸入し、口コミで有名になった専門店もある。ハンコスメ(東京都新宿区)は「雪花秀」など韓国で人気の韓方コスメをたくさん扱っている。在日韓国人が多い地区に店を構えているが、日本人も多く訪れる。韓国コスメ好きを公言するモデルの梨花さんが通っていることでも知られている。

 日本法人ミシャ ジャパンの担当者によると、韓国は化粧品大国で、安くて品揃えが豊富な化粧品ブランドがたくさんあるという。日本での韓国コスメ人気を背景に、出店ラッシュは加速しそうだ。


■関連記事
日本マネるキャラ「韓国侮辱」? アニメ「ヘタリア」中止の真相 : 2009/01/20
しょう油の起源は韓国??  日本メーカーびっくり : 2008/06/05
「漢字発明は韓国人」 「荒唐無稽」と中国憤激 : 2006/11/21
「日航の上場」廃止?維持? 国民の納得と政治判断 : 2010/01/12
渋谷から「ギャル」が消えた? 裏にある人気「SNS」の存在 : 2009/07/24

党の代表として「戦ってください」 官房長官が説明(産経新聞)
カーナビなど盗み、車で店員引きずり逃走(読売新聞)
バイオ後続品の共同開発で提携交渉―日医工(医療介護CBニュース)
政府税調 専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)
「検察が正義は大間違い」鈴木氏の批判に沸く(産経新聞)
AD