愛知県の豊橋市歯科医師会からインプラント(人工歯根)を別人に再使用している疑いがあると指摘された同市の歯科医院の院長(39)が20日朝、同県田原市の自宅浴室で首から血を流し、倒れているのを妻(36)が見つけた。

 県警田原署などによると、院長は自殺を図ったとみられ、首の右側をメスで数センチ切って重傷を負い、病院で治療を受けているが、命に別条はないという。

 県や豊橋市保健所は同日、医院を立ち入り検査する予定で、19日夜に院長に連絡をしたという。この日の立ち入り検査は中止されたが、同保健所の藤岡正信所長は「歯科医師会の発表などで、医療法上、事実関係を調査する必要があると判断した。今後、さらに県と対応を協議したい」と述べた。

指定市町村、約50増加へ=過疎法延長案で大筋合意-与野党(時事通信)
羽田管制トラブル、プログラムミスが引き金か(読売新聞)
救急病院で受診の軽症患者、特別料金を検討(読売新聞)
郵便局で500万円奪い男逃走 東京・江戸川(産経新聞)
平沼赳夫氏が新党結成へ(産経新聞)
AD