マイトレーヤ・ラエルのコメント:
米帝国主義に対抗する大きな動きがここにも。中国、ロシア、イランそしてもうすぐ他の諸国もとうとう世界でのいじめをストップさせるでしょう。
 

Rael Maitreya's COMMENT : another great move against US imperialism.China, Russia, Iran and soon others will finally stop the world bullying.

ロシアは’ケースバイケース・個々の場合に応じての方式’でイランの軍事基地を使用できる
 
ロシアは、シリアにおけるテロリストを目標とした空からの攻撃にイランの軍事基地をケースバイケース方式’で使用できる。
イランの外相Mohammad Javad Zarif がロイターに話した。
Russia can use Iranian military bases for airstrikes targeting terrorists in Syria on a “case by case basis,” Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif told Reuters.
rt.com
 
AD

 マイトレーヤ・ラエルのコメント:

おかしいですね。。。でもフランスは欧州で唯一の今でも南米に植民地を持っている国であることを思い出すのは大切なことです。。。もちろんフランスの人たちはアマゾニアを守るためにいつも反ブラジルで攻撃的ですが、この植民地においてはインデイアンと呼ばれるギアナ原住民を滅ぼしつつあり苦しめています。。。
 

Rael Maitreya's COMMENT : funny....but it s important to remember that France is the only European country still having a colony in South America... Of course french people are always militants against Brazil to protect Amazonia while destroying it and harassing Guiana original inhabitants called indians in this colony...

’地理を勉強しろ’:大統領選候補者マクロンのフランス領ギニアに関するヘマでインターネットでは大騒ぎ
 
フランスの大統領選挙候補者のエマニュエル・マクロンは地理のことでヘマ。フランスの海外の領地であるフランス領ギニアを島と間違えて、ネット市民は取り乱す。
French presidential candidate Emmanuel Macron has made a geography gaffe, mistaking the country’s overseas territory French Guiana for an island, leaving netizens in a tizzy.
rt.com
 

マイトレーヤ・ラエルのコメント:
そうです、全人類を滅ぼす核ホロコーストにますます近づいて行くのがずっとより”現実的”です。
そしてこのような愚かな政治家たちは私たちの創造者たちによってその責任を問われるでしょう。
全ての”良い”帝国主義諸国がそれを持たないのに北朝鮮が原爆を使うという例を上げていますがそれは馬鹿げています:
もしそれが起きるとしても、例えば米国の戦争機構は原爆は一切使うことなく北朝鮮を完全に破壊するための十分な力と軍用機を持っています。ちょうどアフガニスタン、セルビア、イラク、リビア、などで米国がやったように。。。
最もヒドイ偽善は核拡散防止条約を支持し続けながら原子力兵器を禁止するようにすることを拒否していることです。ということは、”自分たち超大国だけはそれを持つことができるが、我々が世界を支配しイジメ続けることができるように他の諸国は持つことができないということです”。
そういうことで、悲しいことに、唯一の解決策は全ての他の諸国が出来るだけ早く核兵器を持つようにすることです。
もしリビア、アフガニスタン、イラク及びその他の米帝国主義の犠牲者たちがそれを所有していればこういう国々は決して攻撃、侵略、そして占領されなかったことでしょう。
米国及び西欧帝国主義や新しい植民地主義の次の犠牲になりたくない全ての諸国にとってハッキリ言えることは:できるだけ早くそしてできるだけ多くの原爆を持つことです
思いやりとか意識とかがもう無くなってしまったこのエゴイストの世界において、もしガンジーがいたら英国は原爆を彼めがけて発射しそのことを誰も何とも思わないことでしょう。
同様に、ガザの巨大な強制収容所に捕虜となっているパレスチナの人たちの運命のことは誰も気にもとめずもっぱらサッカーとか新人タレントショーとか穴にはまった犬の運命を気にしています。

ベトナム戦争を停止させ米国の負けにした素晴らしい巨大な平和運動はもう存在できません。というのも”ジャーナリスト”たちは侵略軍の中に埋め込まれていて、米兵たちやドローンが罪のない子供たちを至る所で殺していてもテレビに彼らのお遊びがありさえすれば誰も気にしないのです。
思いやりの心とか意識とかはもう無いのですから、絶対的な非暴力の価値感を部分的に放棄する時が来ています。絶対的な非暴力は私たちの哲学の基本を成すものの一つですが。個人ベースでは今でも適用されるとしても:今からは、非核諸国のラエリアンたちが自国の軍需産業や軍隊で働くことを容認します。それにより西欧帝国主義や新植民地主義勢力が”民主主義をもたらす”という仮面の下にその諸国を攻撃、侵略、そして占領することを不可能にするためです。というのもこの者たち、そして世界の誰しも自分たちの非暴力について気にする者は居ないからです。
フランスがフランスの利権を支持していなかったためコートジボワールの偉大な大統領Gbagboを
力ずくで解任した時、誰も指一本動かさなかったのです。
悲しいことにイスラエルの拷問者たちのブーツの下で苦しんでいるパレスチナのガンジーたち何百万人は、通称”文明世界”のどんな反応も創り出していません。本物の偉大なガンジーの時とかベトナム戦争の平和活動家の時のようには。
悲しいことに西側勢力の通称”文明世界”は力だけを知っています。偉大なJean de la Fontaineがずっと昔に言ったように:最も力のある者の論理がいつもベスト。
自由、民主主義そして人権とかの沢山の言葉を持った近代的で文明化された筈の諸国がジャングルの規則を課するというパラドックス・矛盾に私たちは到達しているのです。ところがこの者たちはこの惑星の真の未開人で野蛮人であり人類の完全破壊に近づけているのです。この者たちが理解するのは力だけなので:最も弱い者たちが核兵器も含めて出来る限り強く武装する時が来ています。かつての非植民地諸国が西欧帝国主義に対抗して同盟国になる時が来ています。
アフリカや南アメリカの諸国は中国とかインドと同盟を結ぶことがはるかに安全です。両国も西側による植民地化で荒廃させられ占領されています。
インドの首相が最近、集団的記憶喪失症と呼びましたが英国は今でもインドを植民地にした犯罪に対して謝っておらず、フランスは今でもあつかましくもアフリカの植民地化はアフリカの人たちに有益であったと主張してフランスが印刷した通貨や”植民地税”を今でも課しています。。。私は悪夢でも見ているのでしょうか?

そして全てのこのような西側勢力はアフリカを見ながら新しい植民地を睨んでおり、人道的援助の仮面の下に多くの軍隊を既に
置いているとか、政治的暴力があればフランス国籍の人たちを守るとかいう理由をつけて。
そしてもちろんこれらの軍隊は、アフリカの大統領がフランスの略奪を支持しないことが分かり次第殺すのです。フランスでは暴力、民族的優越感や差別から大変な犠牲者になっているアフリカ市民を守るためのアフリカの軍隊はフランスには一切いないということに気づくのも興味深いことです。ダブルスタンダードが明らかです:フランス兵士はアフリカに居るフランス市民を守ることができてもアフリカの兵士たちはアフリカ市民を守るためにフランスに招かれていないのです。。。
そういうことなので、特にアフリカにとって、また南米にとっても、また多くのその他の諸国にとってもそうですが、強くなり、西側の占領勢力を追い払うために市民軍を創りできるだけ早く核兵器を持つ時が来ています。

どんなアフリカの国でも現在の実際の水準の防衛力では西側勢力は侵略することを1分としてためらわないでしょう。でもその諸国が核勢力になれば、最も弱い者だけを攻撃する臆病な西側勢力は指一本動かさないでしょう。
こうハッキリ言えます。ジャングルの規則を適用する野蛮な西側の人たちが支配しれいる世界では:彼ら同様に強くあれ:原爆を持つのです!

Rael Maitreya's COMMENT : yes, it s much more "realistic" to get closer and closer to a nuclear holocaust destroying all Humanity. And these idiotic politicians will be held responsible for it by our Creators. The example given of North Korea using atomic bomb while all " good" imperialist countries do not have it is just absurd: even it was to happen, US war machine for example has enough power and war planes to totally destroy North Korea without using any atomic bomb , like they did in Afghanistan ,Serbia ,Iraq ,Libya etc ...
The most terrible hypocrisy is that they refuse to make atomic weapons forbidden while continuing to support the non proliferation treaty, which means "only us, superpowers can have it but other countries cannot so we can continue to dominate and bully the world".
So ,sadly , the only solution is for all other countries to get as soon as possible nuclear weapons. If Libya, Afghanistan, Iraq and other victims of US imperialism had it they would have never been attacked, invaded and occupied. The message is very clear for all countries who do not wish to be the next victim of US and western imperialism and neo colonialism : get atomic bombs as soon as you can and as many a s you can !
In this egoist world where there is no more compassion and consciousness , if there was today a Gandhi, UK would send a nuclear bomb on him and nobody would care about it .The same way nobody cares about the fate of the Palestinian people prisoners of the huge concentration camp of Gaza and focus on their foot ball matches and stupid new talents shows, or the fate of a dog trapped in a hole.
The wonderful huge peace movement which stopped Viet Nam war and make US lose it cannot exist anymore as " journalists " are embedded " among invasion s forces, and nobody cares as long as they have their games on TV while US soldiers and drones are killing innocent children everywhere.
As there is no more compassion and consciousness, it s time to abandon partly the values of absolute non violence which are one of the basis of our philosophy even if they still apply individually : from now on it is acceptable for Raelians of non nuclear countries to work for the armament industries of their countries or armed force in order to make it impossible to western imperialist and neo colonialist powers to attack, invade and occupy them in a new modern colonization accomplished under the disguise of " bringing democracy". Because they and nobody around the world would care at all about their non violence .Like when France removed by force the great president Gbagbo in Ivory coast because he was not supporting french interests , nobody moved a finger.
Sadly the millions of Palestinian Ghandi suffering under the boots of the Israeli torturers do not create any reaction of the so called " civilized world like in the time of the Real Great Gandhi or in the time of the peace activist of the Viet Nam wars.Sadly the so called " civilized world" of the Western powers know only force . Like the great Jean de la Fontaine said long time ago : "la raison du plus fort est toujours la meilleure " (the logic of the strongest is always the best).
So we arrive at the paradox that the allegedly modern civilized countries with their mouth full of words about freedom, democracy and Human rights impose the rule of the jungle. While they are the real savages and barbarians of the planet bringing us closer to a total destruction of Humanity. As they only understand force : it s time for the weakest to arm themselves as strongly as possible including nuclear weapons. It s time for the ex colonized countries to become allies against western imperialism. It s much safer for African or South American countries to make alliances with China or India who were also devastated and occupied by Western colonization.
It s important to notice that UK still didn't apologize for India colonization crimes in what the India s prime minister called recently a collective amnesia and that France still dare to claim that Africa colonization was beneficial to African people and still impose there a money printed by France and a " colonial tax"... Am I having a bad dream ?
And all these criminal western powers have their eyes stirring toward Africa for new colonization , , having already there many military forces under the disguise of humanitarian aid, or allegedly to protect french nationals in case of political violence.And of course these military forces as soon as the African president doesn't support french pillage is killed by these forces. It s also interesting to notice that there is no African Military forces in France to protect the African citizens who are so much victims of violence racism and discrimination.,Double standard is clear : french soldiers can protect french citizen in African but African soldiers are not invited in France to protect African citizen...
So particularly for Africa but also for south America and many other countries it s time to get strong, create militias to expel western occupation forces and try to get nuclear weapons as soon as possible.No Western power will hesitate 1 minute to invade any African country with their actual level of defenses.But if they become nuclear power then the coward western powers which only attack the weakest will not move a finger.The message is clear: in a world ruled by barbaric western people applying the law of the Jungle : be as strong as them : get atomic weapons !

 

国連への米国大使談、世界的核禁止は’現実的でない’
US ambassador to the UN, Nikki Haley, says nearly 40 countries would skip talks…
 
bbc.com|作成: BBC News
 

 孫崎 享 さんの記事です:
 Date:    Tue, 28 Mar 2017 06:33:27 +0900
 Subject: 安倍内閣の特徴。異論を述べる者は脅す。森友籠池氏への対応もそう。今また沖縄翁長知事へ.前知事が出した辺野古沿岸部の埋め立て承認について「撤回する」と表明。これに、菅官房長官は翁長氏に損害賠償を求める可能性を示唆。ヤクザの手法。卑劣。

 
A:事実関係1:

 
 翁長知事「承認撤回必ず」 辺野古集会に初参加 3500人、新基地反対訴え

 
(2017年3月26日 沖縄タイムス)

 
「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に伴う新基地建設計画に反対する「違法な埋め立て工事の即時中止・辺野古新基地建設断念を求める県民集会」(辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議主催)が25日、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で開かれ、3500人超(主催者発表)が集まった。翁長雄志知事は、名護市辺野古の新基地建設で辺野古沖の埋め立て承認に関し「撤回を力強く、必ずやる」と初めて明言した。翁長知事の辺野古での集会参加は就任以来初めて」

 
 事実関係2沖縄タイムス 3/27(月):菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、沖縄県の翁長雄志知事が名護市辺野古の新基地建設に伴う沿岸部の埋め立て承認の撤回を明言したことに関し、実際に承認が撤回された場合、翁長氏に損害賠償を求める可能性を示唆した。

 
B:評価

 
安倍政権の特徴は、政権と異なる方針を明らかにした者には、徹底して制裁することにある。

 
 言論界であれば、活動のメディアから降ろさせる。
 自民党議員であれば役職につかせない。

 
 官僚にも同様の圧力がかかっているであろう。

 
辺野古移転反対は翁長知事個人の見解ではない。沖縄県民の意向を反映してである

 
仲井眞知事が辺野古移設に許可を与え、もともと自民党県議会議員であった翁長氏が辺野古基地反対を掲げ、当選した。さらに2014年12月の衆議院選挙区で、沖縄の全4選挙区で自民党議員が敗北し、辺野古移設反対派が当選した。

 
辺野古移転に反対するのは、沖縄の大半の人の気持である。

 
・こうした中で、菅義偉官房長官は実際に承認が撤回された場合、翁長氏に損害賠償を求める可能性を示唆した。

 
 卑劣としか言いようがない。

 


記事をシェアするにはこちらから:
http://ch.nicovideo.jp/article/ar1235303