$『ママは強くなりたい』塩沢淳子オフィシャルブログ
著書:「OHANA~奇跡の明日を信じて~」

                      2011年5月13日発売

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-27 20:53:07

一日の区切り

テーマ:ひとり言

クリは一度寝たのだが、11時頃に目を覚まし、

その後は眠れていない。

 

今1am。

 

 

 

ものすごく暴れているという訳でもないのだけれど、

30秒ごとに足が動いてしまい、眠れない。

脳のどこかの指令が、うまく作動していないのか。

 

 

今年の春、クリの体調が悪化し、

医師から看取りの話が出た時、

「今のクリちゃんは、昼と夜の感覚がないかもしれません」と言われた。

そうかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、、、

多くの人の生活と私の生活との違いは、

『一日の区切り』だと思っている。

 

まだ病気がなかった頃、

私の生活も、「朝目を覚まし夜になると一日が終わる」という区切りがあった。

 

今は区切りがない。

寝ていない訳ではないけれど、

11時も、12時も、1時も、2時も、、

朝までずっと時計の針を見ている。

 

外が明るくなっても、それはクリの介護の延長のまま、

どこかで一日が終わるという感覚がなく、

朝がいちばん疲れている。

そして明るくなれば、

千秋さんの躁状態に付き合わされたり、

介護がエンドレスに続く。

 

今日と明日の区切りもない。

 

 

それでも人と会えば、普通に話をし、みんなと同じように過ごす。

 

 

私とクリだけが、『一日の区切りのない世界』で暮らしているような、

同じ時空の中で暮らしているのに、『本当は異次元』で暮らしているような感覚になる。

 

そして、

「終末期」「治療法はない」「進行性」という言葉の壁に、

押しつぶされそうになる。

 

ものすごい孤立感を感じる。

 

 

生きる希望、、という前に、

『この異次元から戻してください』と心が叫んでいる。

 

 

 

 

 

 

だけど、それを選択したのは私だ。

クリを施設に入れたら、私の体は楽になるだろう。

 

私はクリと一緒にいることを、

クリの睡眠障害に付き合うことを、

私が選んだのだ。

 

 

 

私はDRPLAではないけれど、

クリの苦しみの一部を共有したいと思っているのかもしれない。

 

 

 

私が選んだのだから、愚痴は吐いても、文句は言えない。

 

 

 

そう、この人生に文句は言うまい。言いたくない。

 

 

病気という運命は変えられなくても、

二人と一緒にいるという選択は、私がしたのだから。

 

 

もうすぐ2時だ。

 

 

外が明るくなるまでには、まだ時間がある。

 

 

 

 

 

 

どうかクリに穏やかな時間が訪れますように。

 

 

 

外が明るくなって、明日という時間が来た時、

発作になりませんように。

 

 

明日がいい日になりますように。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。