医学部図書館罰金制度とは…。


本をなくしたら代金か現物で弁償。

そこはふつうだと思うのだが、

罰金は学生たちの恐怖のマトであった。




1冊につき、

1日返却が遅れると、

10円が課金されていくのだ。



10円くらいたいしたことないじゃん、


と思うところだが…



たくさんの本を、長期間返さないほど料金がかさんでいく。


レンタルビデオ店みたいなものですわ。




先輩研修医はうっかり借りた本を複数


ロッカーに長期間放置し、



6000円ほどの罰金を徴収されていた。




過去には、


2万円ほど徴収された迷惑なツワモノもいたという

ウワサ。



どれだけの本を、どんだけ借りたのだいっ!

借りた本は、きっちり返却日に返すのがあたりまえ。

それは利用者がしっかりしておくべきマナー。



しかし…私もやってしまったのである。







大学の夏休みは、長い。

ヘタすると二ヶ月くらいあった。



バカンスだと遊ぶのもよいが、私は家庭の特殊事情もあって、

夏休み中は自分の意志による外出が許されず、

ほぼ軟禁状態であった…。



カーナビにも山と川しか映らないようなすごい田舎家で、

町内には駅も書店もなく一番近い店は2km先、

バスは朝夜一日二本、民家もまばらな山奥だったので

運転免許のない私には外出自体が困難だった。



落ちこぼれないために私は夏休み中も勉強したい私には、

実家に帰り医学情報と隔離されるのは苦痛だった。



医学部図書館の本は、

通常ひとり2週間まで借りることが出来る。


延長申請をすれば、

2週間×2=1ヶ月は合法的に借りられる。



そこで、

休みで実家に連れ帰られる

(アパート前まで親が車で迎えに来る)前、

図書館で限度めいっぱい、勉強する予定の医学書を

たんまり借りていくのが常であった。



夏休み明け、休み中読んでいた本を返しに行った私。



さあ久しぶりの図書館だ!!新しい本を読むぞー!


ウキウキの私に、司書さんは…

カウンターでおごそかに告げたのである。




「遅延金、690円になります」



…えっ!! あの、でも、

電話して貸し出し延長するってお願いしましたけれど…



確かに図書館に電話はしたのだ、

だからこそ無料で返却できた本があるのに、

なぜか一部だけ延長処理が出来てなかったのだ…


釈然としないけれど、

これからもお世話になる図書館なので

スゴスゴと罰金を払った…



うぬ~、

690円もあったら大戸屋の定食が一食くえたのにぃ!


とビンボー学生の私は身悶えてしまうのだった。



それ以来、延長処理も抜け目なく行って、

罰金をさらに払ったことはない。



だが、あのときの強烈な衝撃ゆえか、




病院を辞めた後もいまだにロッカーに

返していない本が眠っていて、


罰金が数万円にふくれあがった悪夢


を見てうなされちゃうのだった…。




記事がお気に召しましたらぽちっとお願いします☆

bana02

AD

医学部といえど学生は学生なので、


学校名物(?!)机のラクガキ

もよくあった。




医学部図書館の机もラクガキから逃れることは出来ない。



私個人としては、ラクガキは大学生になったらもう

卒業しようよ、と思うのだが…。





妖怪のようなシュールなイラストが机に描かれていたり、



個人のメモ代わりだったのか、

なにやら判読不明な数字や記号が書き込まれていたり



まあその大半は、眉をひそめさせるような不快なものだった。





だが…



あるとき傑作だ!


というラクガキに出会った。


それは、コンクリート打ちっぱなしの壁に書かれていた。



数行、たわいもないポエムのような言葉が書き連ねてあり、

そのラストには…



金色冬生


と、いかにもきゃしゃな文字で署名してあったのだ!




詩人・銀色夏生、のもじりですね。


銀→金、夏→冬という入れ替えで。



いやもちろん、


公共物にラクガキなんていけないことだけれど、


医学部にもこんなユーモアのあるひとがいるんだ~!!


と感慨深かった思い出である…。




そして医学部図書館の思い出ファイナル。



一般の図書館だと借りた本は自分で

書架に返却しなければならなかったりするが、



この図書館ではカウンタに返せば司書さんが

書架に返却してくれた。






らくちん。




院内いたるところに設置されたブックポストにポイっと

入れておけば、本はのちほど回収・返却される。



わざわざ図書館に出向かなくても本を返すことが出来るのだ。

(借りるときは行く必要があるけれど…)


多忙な研修医にはうれしいシステム。



安心便利な図書館だが、

ただひとつ恐ろしいシステムがあった。







それは 罰金制度


(明日の図書館ファイナルにつづく…)



記事がお気に召しましたらぽちっとお願いします☆

bana02

医学部生から教授まで利用するK大医学部図書館。



ここには年代モノのエレベーターがあった。





図書館の階段が狭くて細いために、

(対向者が来るとすれ違うのに苦労した)


上の階に上る際エレベーターを利用するのだが、


これが

遊園地の観覧車ばりの狭いハコで、


2人も乗ればいっぱい。



しかも


扉はドアというより鉄格子




乗ればまるで、気分は囚人である。


目的階に向けスイッチを押すと、


クサリがガチャガチャと巻き上げられ、

ぎこちなくエレベーターは騒音とともに上昇していく。




古いので、上昇速度はおそろしいほどゆっくりだ。




あまりの古さに、エレベーター利用者は


「もしもの不具合で閉じ込められたら、

自分は囚人かカゴの鳥か動物園のサルの気持ちを

満喫できるに違いない!!」


と一抹の不安を覚えるのだが、



そこはさすがにきちんと点検されているので、

私の在学中は閉じ込められたという話は聞かなかった。




うーん、私が現役だったら携帯で激写して、

レトロなエレベーターの画像を載せるんだけどなあ。


もう身分証がないから入れないしねえ。


ほんと、私の人生でK大以外では見たことない形状の

エレベーターだったことでした。


他大学でも、

創立が古いところでは使われていたかもしれません。





医学部校内では、エレベーターは学生使用原則不可だったので

詳細不明だが、いちおう扉がふつうに閉まる現代的なエレベーター

でした。



大学病院はさすがに、患者さんが利用なさるので

大型でたくさん乗り込める、新しいタイプのエレベーターでした。


ストレッチャー(患者さんを寝せたまま移動できる台)も

乗せられるよう、エレベーターのハコは大きくなければ

いけませんものね。



記事がお気に召しましたらぽちっとお願いします☆

bana02