新たな歯科医で、
金属の詰め物に7万円かかると言われた私…
もう、さらなる歯医者さがしはめんどうだったんで、
払いました。



7万円




K大学6年間で最も面白い講義をしてくださった
我が心の師、



鈴木 和男
法歯学の出番です―事件捜査の最前線




鈴木 和男
遺体鑑定―歯が語りかけてくる

故・鈴木和男先生のお話によれば、
某国では飛行機事故があると、
「天からの贈り物」
と称して亡くなった方の金歯を抜いて
持ち帰ってしまったり…ということが、かつてあったという。

私も万一そんなことになれば、この金歯
(というか、白金歯だが)もいい贈り物になるんだろうなぁ
などとついつい想像してしまった。





そして、金歯を装着する日…

装着はしたのだが、なんとかみ合わせがうまくいかない。

金歯が高すぎて、他の歯は、上下がくっつかない状況。
だから歯医者さんは金歯を削る。
その後仮装着。

歯医者さん「どう?」

私「う…ん、まだ高いです」

また金歯を削る。


それが数回繰り返されたのち、

「ああもう!今日はもう終わり!次また来て!!」

と歯医者さんはどなり、


7万円を…

じゃなかったホテツブツを、




白金のクラウンを、

缶に投げ入れた


ので私はビクッとなった…


前の大学病院研修医といい、
なぜうまくいかないと、逆ギレなさるんだろうか?

患者のせいでもあるまいに、怒ったってうまくいく
わけじゃあないのに…

医学部の同級生でも、
それは人格頭脳ともに素晴らしい人物もいたが、

これらのドクターのように、
うまくいかないと力ずくか逆ギレ、という人も少なからず
いたものである。

ふぅぅぅ(ため息)。



もうこれで終わりだから!!と次もこの歯医者に
行って、なんとかかみあうようになった金冠を詰め、
めでたく通院終了になると思われた…が。


AD
彼氏のお姉さまが通ってらしたという開業医にのりかえた。

大学病院で神経を抜いた奥歯の処置をお願いする。



歯医者の先生にとって…

よそで途中まで治療した歯をおねがいするのって、
もしかして失礼かなぁ…


などと不安がよぎるけども、
気にしてもしょうがないし、治療は必要なんだから
まあよくあることでしょうと思うようにした。


基本的には、大学病院の研修医さんより丁寧だったので
(開業してるのだから当然か?)
ほっとしていたのだが…


歯の詰め物…もうほとんど原形なく崩壊してるんで、
詰め物というか歯のレプリカだ…の見積もりを
出してもらったところ。



クラウンの金額が…



7万円!



もかかるという。


…なぜなら


……詰め物は



………白金製だから。



白金ですよ。


プラチナですよ プラチナ


あのぅ、
保険診療内でおさまる水銀化合物でも
私はかまわないんですけどね…

と。おずおずと切り出してみたところ…


歯科医の先生は、ふん!と鼻息荒く


「ぼくのところは、

保険診療のクラウンなんて
扱ってないんだよね!

いやならよそへ行って。」



…と、おっしゃるではないか!?


失敗失敗。
最初に、初診のときに保険診療内の治療出来ますか?
って確認すべきだった…。


あのころは、まだハタチそこそこで、保険外診療の
知識もろくになかったのよねぇ。


また新しい歯医者に移る気力もなく、7万円の歯を作ってもらう
ことにしたのだった…

大学病院の歯科に通っていたけれど、
なんだか本当でないこと(だ液が多すぎるとか…のちに、
他の医院ではかえって少ないくらいだと言われた)言われたり、
担当医が無愛想な人に変わって居心地が悪かったので、
治療途中でよそへ移ることに。


そこは、彼氏Tくんのお姉さまが患者として通っておられた
という開業医


ほんとは彼自身の情報がほしかったところなのだけど、
彼氏Tくんは


歯がじょうぶ


で、1日1回しか歯を磨かなくても
虫歯知らずといううらやましい体質なのだった。


1日4,5回磨いても、フロスもデンタルリンスしてもダメな

私の歯と全とっかえしたい


ニュー歯医者に行ってみた。

初診なので、レントゲンイチから撮り直し。


根管治療をした上から、ほとんどなくなってしまった歯の
代わりに、金属冠をかぶせてもらうことになった。


またも歯型をとったが、あっさりすんなりとれる。



やはり、

「だ液が多すぎてとれない」

なんてことないじゃん…と大学病院歯科の記憶がよぎる…。




そしてそして!

歯医者を移ってよかったこと!



だってもう、

ほおの内側がジャキジャキ

にならないんですよ~!



前の歯科では、
あのなんていうか…

ゴムホースを斜めに切ったような
だ液吸引器具で、ほおの
内側が何カ所もざくざくと切れまくるのが
ふつうでしたからね。


歯医者へ行くたびに、食べ物飲み物がしみていやでしたの。

ほおに傷が出来ないなんて、なんとまあ素晴らしい…!


と、こんなレベルで喜んでいたんでした。


ところがこの歯科。
やはり困ったことが起きたのです…(つづく)