• 17 Jan
    • 第515回東京支部研修会「背中やおなかの歪みを整えて体と心をほんわかと」に参加

      先日の日曜日、月1回の支部研修会に参加してきました。今回は、神奈川支部・東京支部合同研修会。 場所は中華街の中にある綺麗なホテルでした。  講師は鈴木節子先生。姿勢や四肢の角度を変えることによって骨盤、背中、首、頭部の歪みを解消するという調整手法。身体均整法は手法が先生ごとに違うので、毎回、新しい情報を得られて新鮮です。  今回もまた色んなことを学びました。身体の解釈はそれぞれで、身体を観察した時に均整師によって個性が出てきます。自律神経の調整が好きな均整師の場合は自律神経で読み解き、筋骨格系の調整が好きな均整師の場合は筋肉や骨格で読み解く。それが経絡だったり、または12種体型の姿勢分類だったり。さらに手技の理解という幅を広げるとカイロプラクティックやオステオパシーや鍼灸といった他の技術体系との比較から身体均整法を解釈するという均整師もいます。鈴木節子先生は、筋骨格、内臓、経絡、脳、重心というワードで読み解かれていたと理解しました。 目の前の身体をどう解釈するか?自分の見えている情報はまだほんの一部分。そういったことを考えさせてくれる深い講義でした。 また来月の研修会が楽しみです   

      4
      テーマ:
  • 31 Dec
    • 2016年もありがとうございました。

      大晦日。2016年も最後の一日になりました。 今年の一年を振り返ってみると、多くのお客様との出会いがありました。そして、技術的にも多くのことを吸収できた一年でした。ブログやご紹介をきっかけに遠方より来店してくださった方や、海外勤務を終えて日本に戻ってきたとのことで2年ぶりに当院に来てくださった方との再開もあり、そして、何よりも継続して長い期間を通ってくださる方々との縁に感謝しております。 技術的には、身体均整法の調整法の理解を深めることを常に頭の中において、どうすれば今以上に身体が良い状態を保つことができるのかを毎日考えて過ごした一年でした。 来年も全てにおいて前進できるよう、着実に勉強と経験を積んでいきたいと考えております。今年一年間、ありがとうございました。 当院は、1/4(水)から営業開始です。どうぞよろしくお願いします。  

      5
      テーマ:
  • 19 Dec
    • 統合医療展への事前登録。

      来年の1月に統合医療の展示会があります。今後の統合医療の動向が気になるので「きっと何か得られるものがあるはず...」と期待に溢れています。 統合医療展2017 | Integrated Medicine Exhibition & Conference 統合医療とは、以下です。「統合医療」を、「近代西洋医学を前提として、これに相補(補完)・代替療法や伝統医学等を組み合わせて更にQOL(Quality of Life:生活の質)を向上させる医療であり、医師主導で行うものであって、場合により多職種が協働して行うもの」と位置付けることとしています。(出典:「統合医療」情報発信サイト)身体均整法は手技療法なので統合医療という枠組みの中に含まれるのです。(身体均整師会は日本統合医療学会(IMJ)の賛助会員。)厚生労働省で4年前の2012年3月から1年間かけて統合医療について検討されていた時の資料から統合医療を分類したわかりやすい図がありました。(出典:<「統合医療」のあり方に関する検討会 これまでの議論の整理について>より抜粋) 日本の社会は、超高齢化社会へ進んでいきます。20年後(2035年)の日本の人口ピラミッドをみると、逆三角形。人口分布の背景からみても、日本ではさらに健康意識が高まると思います。 出典:国立社会保障・人口問題研究所ホームページ 大切なのは身体の調子が悪くなってからの対策、悪くなる前に身体を良い状態を保つ対策。そのための統合医療。 ということで来年の1/25、1/26の開催される統合医療展へ楽しみです 

      4
      テーマ:
    • 第514回東京支部研修会「妊娠〜出産までの調整法」に参加

      昨日は毎月開催されている東京支部研修会に参加してきました。研修テーマは妊娠〜出産までの調整法。講師は坂戸哲先生・西脇幸宏先生。 ・産後の肥立ち・切迫早産・不妊症・つわり・切迫流産・分娩促進 といったそれぞれのサブテーマをもとに臨床例と実技を研修。  妊娠・出産においては骨盤内臓器である卵巣・子宮、授乳期においては胸郭にある乳腺・乳房と関係します。それを身体均整法の観歪法(内臓の拡張と収縮をコントロールする技術体系)や生殖器操縦法という操縦法を使用して身体のバランスを整えるわけです。  妊娠中はお腹が大きいですから通常時の施術とは異なり、受者の無理のない施術法が必要です。貴重な研修を受けられた充実した一日でした。   

      テーマ:
  • 22 Nov
    • 第513回東京支部研修会「痛みの処方 ~服のしわから圧痛点をみる~」に参加。

      先日の11月20日(日)に身体均整師会の東京支部研修会に参加してきました。2カ月ぶりの東京支部研修会。講師は北海道の旭川支部の半谷政信先生で30年以上のキャリアがある大先輩です。体に歪みがあると、着ている服にも片寄りがでるので片寄ったシワが出てきます。施術の時は服を着たまま行いますので、服のシワも体の状態を読み取る情報の一つとなるわけです。服のシワから読み取るという発想は今までありませんでしたので、実際にシワによる身体の観察方法の「コツ」を知った上で体を観察すると、また歪みの見え方が変わってきて面白いです次回は来月の12月18日(日)、坂戸哲先生と西脇幸宏先生による「妊娠~出産までの調整法」。この講義も楽しみですね

      3
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 帯で身体を締め付けすぎると外側と中側のバランスが崩れる。

      本日来られた50代女性、一見すると姿勢が良いように見えるのですが、実はお腹が締り過ぎていて両肩が広がり、全体の外側が固いのに中は柔らかいという姿勢。身体均整法ではこれを筋肉型の陽性(F11)としています。以下はイメージ図。生活や身体の使い方をお伺いすると、今日の午前中に着付けのレッスンがあって帯で身体を締め付けたとのこと。僕は着物の着付けを知らなかったので動画をみてみました。想像以上に何重にも帯を巻くものなのですねレッスンなので何回も身体を締め付けたりされたんだと思います。  生活の中でうけた身体の負担がそのまま姿勢に結びついていきます。今回は身体の締め付け過ぎによる外側と中側のアンバランスの歪み。不思議なもので、筋肉型の姿勢調整をすると全体の筋肉のバランスがとれ、両肩は自然な位置に。 姿勢が変わると日常生活が快適になってきます。姿勢を調整することは大切ですよ 

      2
      テーマ:
  • 21 Oct
    • 第128回川越全国講習会終了。

      こんにちは。第128回の川越全国講習会。2日目はキャリア40年の宗利守人先生。貴重な資料も見ることができました。昭和46年の20周年記念の講習会。今から45年前の全国講習会の様子。歴史を感じます。無事に終了しました伝統のある身体均整法の歴史の一端を感じることもできた講習会でした!  

      4
      テーマ:
  • 18 Oct
    • 第128回川越全国講習会の1日目終了

      おはようございます。昨日から始まった全国講習会。全国講習会は年2回の開催で、秋開催は地方開催です。今回は初めての川越。参加者は全国から75名。最近の定番化してきたスライド説明からの実技講習。講師の深沢先生が考案した「correlation pendulum Techniques  」。言い換えると「相関振り子操縦法」とのこと。英語にすると難しそうですが、身体の歪みに大きく影響を与えることができる個所を振り子の△のイメージで捉えて調整する技法でした。今日は2日目です

      2
      テーマ:
  • 27 Sep
    • 身体均整師会の会報作成。第43号。

      前回から私が作成している身体均整師会の第43号(秋号)の作成が終わりました。イラストレータを駆使して作成。イラストレータに慣れてきたので前回よりも良い仕上がりに。10日前に印刷会社に入稿し、仕上がったものが手元に届きました。少しずつデザインのセンスをあげていきたいですね!次号は来年の2月、新年号。新年号は全国の先生に協力して頂きながら作成する予定です

      3
      2
      テーマ:
  • 21 Sep
    • 第512回東京支部研修会「山本操法の基本操作と臨床応用法」に参加。

      9月18日の日曜日、第512回東京支部研修会「山本操法の基本操作と臨床応用法」に参加してきました。講師は谷山政昭先生。東京メトロ有楽町線・副都心線「小竹向原駅」へ。講師の山本先生は当日の朝に鹿児島から飛行機で東京へ。日本の伝統的な技術を次世代に伝えるために活躍されていてすごいです。今日も沢山の仲間と一緒に勉強。毎回多くの身体均整師が参加されます。仲間と勉強するのは本当に楽しいですまた、自分の指をさすることによって微細な振動を受者に伝えるという耳の調整法など、初めてみる技法をみてとても参考になりました。次回の東京支部研修会は11月の中旬。楽しみです

      2
      テーマ:
AD

プロフィール

じょう均整院

性別:
男性
誕生日:
1977年12月15日
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
じょう均整院代表の城です。 新高円寺駅徒歩3分、高円寺駅徒歩12分のところでじょう均整院という...

続きを見る >

読者になる

じょう均整院
◯受付時間
月~土:9:30~19:30 <日曜定休>
◯予約
☎:03-5913-7705
Mail:jokinseiin@gmail.com
◯場所
丸の内線新高円寺駅徒歩3分/中央線高円寺駅徒歩12分
〒166-0011東京都杉並区梅里1-8-6 FLAT44-Ⅱ-1F<地図>
◯施術料
全身調整5000円
(初回は別途1000円の初見料を頂きます)
お気軽にご連絡をおまちしておりますひらめき電球

じょう均整院
院長 城 琢麻
一般社団法人身体均整師会
東京支部所属

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。