平成27年12月1日


じけいにゃんからメッセージ

みんな~。寒くなってきたけど風邪ひいたりしてないかにゃ。北風ぴゅーぴゅー寒い日にはあったかいおなべが食 べたくなるにゃ。今回はあったかお汁がしみて美味しい、きりたんぽを手作りしてみちゃうにゃ。じけいにゃんは七輪を使って炭火で焼いたけれど、ホットプ レートやフライパンで油をひかずにじっくり焼いても充分美味しくできるから是非試してみて欲しいにゃ。焼き上がったきりたんぽは味噌だれをつけてそのまま 食べるも良し、おなべにいれて食べるも良しだにゃ♪

きりたんぽの材料 2人分≫

炊きたてごはん  1合

塩水  適量

≪きりたんぽんの作り方≫

① 炊きたてのごはんをボール等に入れ、温かいうちに綿棒をつかって粒をつぶす。

完全に潰してしまわずに三割くらい粒が残っているほうが美味しい。

② おにぎりをつくるように適量塩水をつけた手にとりまるめる。

③ 割り箸などの適当な棒につぶしたごはんをくっつけていく。

あらかじめ棒にも少しだけ塩水を付けておくと、後で棒から外しやすくなる。

④ フライパンやホットプレートで焼き色がつくまで焼く。数分ごとにころがして

まんべんなく焼き色がつくようにする。このとき油をひかないのがポイント。

⑤ 焼き上がったら熱いうちにやけどに注意しながらねじるようにしてごはんを棒

からはずす。

≪味噌だれの材料 2人分≫

砂糖    大匙1.5

味噌    大匙1

ねりごま  大匙1

みりん   小匙2

醤油    小匙2

≪味噌だれの作り方≫

材料をよくまぜるだけ。味噌の分量はおうちの味噌の塩加減に応じて味見しながら調整

してね。

ウマッ!まーくんのつくレポ
きりたんぽつくれぽ写真.JPG
「きりたんぽ」はいつもスーパーにてお買い上げ。でも、手作りはこんなにウマいんだ!お米のおいしいこの季節はなおのこと。炊きたてのごはんの香りと温もりを感じながらの「棒にくっつけ作業」は至福のひととき。ボクはフライパンにクッキングシートをひいて弱火でじっくり焼いてみた。表面はパリッ、中はふんわり、特別おいしいきりたんぽの完成だ。じけいにゃんのごまだれに、昆布で煮だした出汁と呑んべ好みに味噌をチョイ足し。ゴボウと舞茸加えたら、比内地鶏はなくっても滋味深い味わいだ。
AD