平成27年9月1日

じけいにゃんからメッセージ
長野県の郷土料理、おしぼりうどんという料理を紹介するにゃ。じ けいにゃんも『ケンミンショウ』というテレビ番組を見て初めて知った料理なんだにゃ。大根おろしの汁に味噌を混ぜたものにうどんを付けて食べるという、 とってもシンプルなレシピ。「どんな味だろう?」とおそるおそる試してみたら、これがとっても美味しくてびっくり。精進料理ではネギやカツオだしを使う事 ができないけれど、この料理だったら旨味と刺激が食欲をそそって美味しくうどんを食べる事ができるにゃ。大根は辛ければ辛いほど美味しいから、辛味大根を 見かけたら是非試してみて欲しいにゃ。


≪材料1人分

うどん       一人前

辛味だいこん     1本

味噌         適量

すりごま       適量

大葉         適量

しょうが       適量

≪作り方≫

①うどん、薬味を準備する。

②辛味だいこんの皮をむき大根おろしにする。

(時間が立つと大根の辛みが飛んでしまうのでできるだけ食べる直前に)

③大根おろしを手ぬぐいなどで包み、汁だけを絞り出す。

④大根おろしの汁に味噌、薬味を適量入れ自分好みの味にして、うどんを付けて食べる。

ウマッ!まーくんのつくレポ

IMG_1724.JPG
大根おろしは「汁を捨てたらもったいない」って言われてた。でも「大根おろし」と言えば、ふだん食するのは繊維質の部分。お汁を捨てるなんて、もったいない ことしてきたなー。味噌をといただけなのに、大根の甘みと、ほどよい辛さ、味噌のコクがマッチしてうどんがつるつるノドを通る。辛味大根の「辛すぎ」を心 配したボクは、普通の大根おろしと食べ比べ。普通の大根はお汁がたくさんでるけれど、辛味大根のほうが味も濃く、ほどよい甘みと辛味が楽しめる。ジアス ターゼたっぷりの「おろし汁」。夏バテで胃腸の弱くなってる今の時期にイチオシ♪


AD