平成27年3月1日
まーくんからメッセージ
住職のご友人から甘夏をたくさんいただいたよ。瑞々しい果皮がとてもキレイなので、皮までご馳走にみえるデ ザートを作ってみた。甘夏ゼリーならぬ「甘夏寒天」。寒天だから、食物繊維がた~っぷり。中身をくり抜くとき、器として使う皮を破かないように気をつけ て。甘夏の表皮は固いけど、底の部分はデリケートだよ。

≪材料(2個分)≫
※「かんてんぱぱ」の粉寒天に添付されてあるレシピを参考
・甘夏…2個
・粉寒天「ぱぱ寒天」…2㌘
・熱湯(80度以上)…150㏄
・甘夏の絞り汁&オレンジジュース(果汁100%)…150㏄
・砂糖…30㌘

≪作り方≫
① 甘夏の皮をよく洗い、上から1/5のところで切る。フタと器にわける。
② 型となる果皮を傷つけないように、中身を上手にくりぬき、とり出した中身で果汁をしぼる。150㏄に足らない場合、オレンジジュースを足し調節する。
③ ボールに80度以上の熱湯とぱぱ寒天を入れ、泡立て器で約1分間かき混ぜ、溶かす。
④ 砂糖を加えて溶かし、人肌(30度~40度)に温めたオレンジジュースを加えて混ぜ合わせる。
⑤ ②の果皮の型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。


AD