平成26年31日
春色ふんわり
「かるかん」

かるかん②.JPG

  • ≪材料(ココット型 4個分)
  • 大和芋(すりおろして) 40g   さとう 80g     水 60㏄     上新粉 50g        好きな色のジャムや抹茶 適量
  • ≪準備
  • 蒸し器を用意する。蒸し器のふたは、ふきんで包んでおく。
  • 蒸し器に水を入れて、沸かしておく。
  • ≪作り方
  • ① 大和芋の皮をむき、おろし金でなめらかにすりおろす。ボウル入れ、木べらで混ぜる。
  • ② さとうを加え、混ぜ合わせる。
  • ③ 水を2~3回に分けて加え、空気を含ませるようによく混ぜる。
  • ④ 上新粉を加え、さらになめらかに混ぜ合わせる。(写真①)
  • ⑤ ④を取り分けて(小さじ1~2杯くらい)、好きな色のジャムや抹茶を加え、生地に色をつける。
  • ⑥ 型に④を入れ、色のついた生地をのせて模様をつける。
  • ⑦ 蒸し器に入れ、ふたをして強火で12分蒸す。
  • *ココット型がなければ、茶碗蒸し用の器やカップケーキを作る紙の型を使ってもよい。
  • *中にあんこを入れてもおいしい。その場合は、さとうを70gにする。

写真かるかん①.JPG写真①

つくれぽ

(住職の味見)かるかんといえば、九州のおみやげとして頂いて食べた記憶があります。かるか んの「かん」は、羊羹の「羹」と同じで、もともとは長方体のものであるそうです。いま私たちがおみやげで頂くのは、かるかんまんじゅう。後世の発明です。 ともかくにも、山芋のコクとふんわりただよう香りがとても印象的。今回は、器に入れて蒸し上げた「かるかん」。ちょっともっちりしすぎでしたが、味わいは good。白地に点じられたジャムの彩りがキレイですね。(あ)
(典座の つぶやき)おひなさまにぴったりなかわいいお菓子。カーキィ先生から30分もあれば、簡単に作れるお菓子と聞いてはりきりました。材料も手間もなく、あっ という間にしあがりました。ふんわり仕上がるためには「空気を含ませるようによくまぜる」がコツだそうです。みなさんも空気と一緒に愛情もいっぱい含ませ て!
IMG_0806.JPG



AD