平成25年10月1日

じけいにゃんからメッセージ

もうすっかり秋だにゃあ。秋の夜長に綺麗なまんまるお月さまを眺めながらおだんごを食べようにゃ。旬のあまいかぼちゃ餡を入れたらハロウィン気分も味わえるかもにゃ。



月見だんご.jpg

(2人分)
≪材料

<だんご>

上新粉 1カップ  

ぬるま湯 100cc   

砂糖 小匙2

<かぼちゃ餡>

かぼちゃ 1/4カット  

砂糖 大匙1  

シナモンパウダー 2~3振り
≪作り方≫
① かぼちゃを一口大にカットし皮をむく。
② 蒸し器で柔らかくなるまで蒸す(15分くらい)
③ かぼちゃを熱いうちに潰し、砂糖、シナモンを加えて良く混ぜる。
④ ③でできたかぼちゃ餡を小さく丸める。(半分はだんごにまぜるので残しておく)
⑤ 上新粉、砂糖をボールに入れ、ぬるま湯を少しずつ加え、よくこねる。(耳たぶくらいの柔らかさになるまで)
⑥ ⑤を4等分くらいに分け、火が通りやすいように平たくして蒸し器で30分蒸す。
⑦ ボールかすり鉢に⑥を入れすりこぎ棒などでよくこねる。
⑧ ⑦を2等分にし、片方にはかぼちゃ餡を練りこみ、もう片方は丸めておいたかぼちゃ餡のボールを包んで丸く形を整える。
⑨ お皿に盛り付けて完成。


ウマッ!まーくんのつくレポ
IMG_0466.JPGボ クのふるさとでは、お月見といえば、真っ白なお団子とふかしたサツマイモをお供えするんだ。一面ススキの広がる空き地に放牧されていたボクにはなじみ深い 行事のひとつだ。それがなんと、今年はオシャレに「ハロウィン月見!」。今回も、「耳たぶ程度のやわらかさにこねる」というのが難しかった。たぶん、ボク の耳は固めなのだ。今度は「住職の耳たぶ」で挑戦だ。そんなわけで、生地が少し固くなったけど、カボチャ餡がしっとり柔らかいので、生地と合わせるとちょ うどよい仕上がり!月見団子は「白」と思っていたけど、鮮やかな黄色が入ることで、よりお月様のイメージに近づくね。お団子のような顔をして、お化けカボ チャが近づいてきた。ハロウィンだもの。お化けにも、食べてもらわなくちゃ。

AD