平成24年10月1日
じけいにゃんからメッセージ

前回に引き続き、「肉らしい」シリーズの第二弾、鶏肉風の大豆たんぱくを使ってほかほかごはんにピッタリの佃煮を作るにゃあ。お豆腐にのせたり、お野菜で巻き巻きしたり、野菜炒めに入れたりしても美味しいから試してみてにゃあ。

10月レシピ.jpg


≪材(3人分)≫
肉らしい豆な嫁 4個  くるみ 20g 松の実 20g ☆酒 大匙 ☆砂糖 大匙1 ☆みりん 大匙1 ☆赤みそ 大匙1 ☆たまり醤油 大匙1 ☆豆板醤 小匙2 ☆水 大匙2
≪作り方
① 「肉らしい豆な嫁」を30分ぬるま湯で戻す
② ①が柔らかくなったら十分水気を取ってみじん切りにする
③ 松の実、くるみをフライパンで香ばしい香りがするまでカラ入りする
④ ③の熱が冷めたらポリ袋に入れ瓶などの堅いもので砕く
⑤ ☆をあらかじめ混ぜ合わせておく
⑥  ②と④と⑤を鍋に入れ弱火にかけ水分がなくなったら出来上がり


ウマッ!まーくんのつくレポ
IMG_6113.JPGとても大豆食品から作られたとは思えないほど、今回の佃煮は「お肉!」って感じ。それも牛ひき肉みたいな風味と食感があるんだ。松の実とクルミが入るとコク と風味がまして、コリコリした歯触りも楽しいみたい。ごはんはもちろん、おかゆにも合いそう。今月の「やすらぎ修行会」のおかゆで登場するかな?きゅうり にのせて食べたら、お酒がススム一品に変身。たまり醤油って初めて使ったけど、食材がウマそ~な色になります。塩辛そうな濃い色ですが、甘味とウマ味を感 じたよ。

AD