私は趣味として競馬を嗜むが、その中で声優楽曲は競馬と同じであるという持論がある。

 

 

競馬は多数の馬たちが覇を競うスポーツであるが、その中でも血統は馬の能力に影響を及ぼす要素の一つであり、大きな鍵を握る。

これは声優楽曲においても当てはまるのではないか。

 

 

 

競走馬は繁殖牝馬(母)に種牡馬(父)を種付けすることにより産み出される。ここで「繁殖牝馬」は「作曲者」、「種牡馬」は「編曲者」、また「産駒」は「楽曲」と考える。

 

血統には傾向があり、産まれた競走馬はそれぞれの親から引き継いだ強く表に出る特徴を持つことが多い。

楽曲においても、作編曲者のサウンドの特徴がよく表れることから類似している。

 

また、ニックスと呼ばれる優秀な競走馬の生まれる可能性が高い血統の組み合わせもある。

相性のいい作編曲者のコンビにより良曲が期待され、他の曲も刺さることが多くある。 

 

 

 

なお、自分自身が繁殖牝馬と種牡馬を兼ね備えて自家受精のように楽曲を産み出す人、中にはジョッキー(歌手)として自分が産んだ曲を乗りこなすという"ケンタウロス"みたいなバケモンもいる。

 

 

そうして制作された楽曲たちがライブというレースへ出走し、声優・アニソン歌手という騎手の腕により乗りこなされ、さらなる競争能力の引き出しにより楽曲が化ける。

そして観衆のオタクたちを魅了し"優勝"する。

その思い出補正にて楽曲にまたエモさに磨きがかかるわけだ。

 

 

各作曲者の2017に期待を込める。

 
 

下記には同様の考えや過去の自分自身の発言の一部を掲載する。

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 
AD