金融庁は10日、中小企業向け融資を手掛ける日本振興銀行(東京)を、銀行法違反(検査忌避)の疑いで近く捜査当局に刑事告発する方向で調整に入った。5月下旬には、同行に重大な法令違反があったとして、約4カ月間の一部業務停止命令を発動したが、その後、極めて悪質だったとし、刑事告発に踏み切る必要があると判断した。 

【関連ニュース】
IOSCO専門委副議長に金融庁の河野総括審議官
振興銀の調査委員、全員辞任=取締役が人選に異論
振興銀、社長ら取締役外れる=処分受け企業統治見直し
大手行、純利益1兆円=地銀は6400億円
返済猶予35万件=「金融円滑化法、一定の効果」

男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)
「一番お金ない幹事長」=民主・枝野氏(時事通信)
「ただ乗り」させぬ仕組みを 大阪市生活保護外国人1万人突破(産経新聞)
船主「現実目の当たりに」=漁船沈没、収容6遺体に―長崎(時事通信)
知人宅を「後援会事務所」=経費4200万円計上―「適切」と説明・荒井戦略相(時事通信)
AD