国会議員としての資格の問題

テーマ:

応援のクリックを


にほんブログ村


日本は法治国家である

差別という意見で二重国籍問題をはぐらかそうとする民進党

だが、その前に考えるべきは日本がどのような国家かということだ


二重国籍

日本はその状況を許していない

国籍法に定められているからだ


その法律を定める職責を担うのが国会議員である


これは差別ではない

公人の立場としての問題なのである


何が問題か分かっていないような民進党

だから、民進党への信頼には繋がらないんだよなぁ


自民党への不信感の高まり

メディアが印象操作で煽って、良いように操られている状況下

それでも民進党の支持は高まらない

結局どういう考えの持ち主かが理解できない点だろう


自身は問題をはぐらかす癖に、声高に相手を追及する

常に批判するだけで対案を出さない


やんややんや言っているだけで何の魅力も感じられないのだ


それに気づいていない民進党

今回も戸籍公開をはぐらかすのか

出したところで問題が解決したわけではない


そもそも蓮舫に二重国籍状態があった場合、国会議員の資格があると言えるのか

そこにある


他にも有耶無耶にした問題は山積している

いつまでも民進党は民主党のままなのである

どう足掻いても国民の信頼には繋がらない


安倍政権が嫌いでも、民進党にはもう任せたくない

そんな国民も多いのではないだろうか


応援のクリックを


にほんブログ村


AD