何故GHQはもう少し厳しい処置をしなかったのか

もっと厳しい処置をしていれば今の在日関連の問題はなくなっていたのではないだろうか

そう思えて仕方がない


何故占領下にあるとき在日朝鮮人共を帰国させなかったのか

そして、日本が占領から解放されたときに全ての賠償関係を解決済みとして終わらせなかったのか


今ある日本が抱える戦後の問題はGHQが当時厳格に対処していれば今は存在しない問題と思える

根本的に奴等の暴挙に関しては、朝鮮人学校事件若しくは大阪事件が代表的である

こういった事件が起きたときにGHQが在日朝鮮人が日本にいる事に危険性を感じていれば・・・


歴史の何故・・・

その何故によって、日本は今でも悩まされ続けている

この時何故奴等を追い出さなかったのか


今思えば占領下にあった日本において、GHQ主導で進められた民主化

その時に膿をしっかりと出さなければなかった

その時残った膿は今では日本の危惧すべき腫瘍にまで進化してしまった

悪性の腫瘍に冒された我々日本


奴等の異常性については、この時にも気付いていたはずだ

その対応を誤ったことで今の日本は大きな問題を抱えてしまっている


こういう状況は厳格に対処していれば、未来に禍根を残す事はない

よって、今ある問題については今厳格に対処する事が重要だ

時には厳しく断ち切る

相手にしない

そういった対応で将来の日本の子供たちに問題を残さないことが重要なのではないだろうか



応援のクリックを

にほんブログ村

AD

白鵬が日本国籍取得へ

テーマ:

応援のクリックを


にほんブログ村


相撲において凄まじい記録を打ち立てた白鵬

横綱に君臨するその姿

そして、その力士を目指す力士

子供たちも多いだろう


ただ、彼は日本国籍を取得していなかった

親方になることができなかったのだ

後進の指導ができるようになるために親方になる


日本国籍を取得することでそれができるようになるのだ


白鵬が遂にその席に就く


大横綱たるべき姿

そして、その称号に相応しい実績


それが後進に託される


まだまだ、更なる記録を打ち立てるだろう白鵬

だが、彼のその後の道も示されたことで、更なる強みに入るかもしれない

そして、応援するファンの力も増すかもしれない


最後の平成の大横綱と呼ぶに相応しい白鵬

今後も大いに活躍し、飛躍してほしい

そして、日本人力士の壁となり、日本人力士を育てて欲しい


応援のクリックを


にほんブログ村


AD

豪雨被害の被災地に支援の手を

テーマ:

応援のクリックを


にほんブログ村


豪雨被害の地に支援の手を送ろう

凄まじい豪雨が襲い、壊滅的な被害を受けた場所

朝倉市、日田市、東峰村

これらの自治体に支援の手を


義援金という形もあるが、ふるさと納税という形もある

どんな形でも支援の手を送ることで被災地に活気が出てくるのだ

他にもその地の商品を購入することも重要だ


是非行動に出て欲しい

その一つの行動で救われる方が必ずいるのだから



朝倉市

https://www.furusato-tax.jp/japan/tax_form/40228


東峰村

https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/40448


日田市

https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/44204



応援のクリックを


にほんブログ村


AD

応援のクリックを


にほんブログ村


サッカーの浦和レッドダイヤモンズ

浦和レッズで名の通る人気サッカーチームだ


その浦和レッズが今年面倒なものに絡まれ続けている

最初は韓国のチームだ

アジアチャンピオンズリーグで当たった相手チームの暴挙

これによって何故か暴挙を加えられた側まで処分される始末


暴挙を加えた側は浦和が挑発したのが問題だと再考を訴える

挑発が有ろうが無かろうが、暴行を加えたら当然悪となる

それなのにそんな結果とならないのが、韓国チームと絡んだ結果だ


あぁ面倒くさい

そう思った矢先

今度は妙ちくりんな議員に絡まれる


名前出すと彼女の思うがままなのでこのブログでは伏せておこう

記事を見る限り炎上商法の彼女に絡まれたのが運の悪いところ


今年はチーム自体の調子も悪いようで、こういった変なものにも絡まれて最悪の年となっているのではないだろうか

サポーターも怒り心頭

憤りを感じている者も多いだろう


だが、そんな奴等の挑発にだけは乗らないで欲しい

相手の思う壺なのだから


熱狂的なサポーターの数も多いチームである

一部の過激なサポーターのせいで処分を受けたこともあるチームだ


こういった面倒がそのサポーターを刺激する可能性もある

チームも対応を誤ることのないように大変だろうがしていただきたい

日本を代表するサッカーチームである浦和レッズの厄年とも感じ取れない騒動

この騒動を乗り切って大いに飛躍していただきたい

そして、日本を引っ張り、日本のサッカーを力強くしてほしい


そのためにも大きな面倒事に巻き込まれた今年は大事な年なのかもしれない


応援のクリックを


にほんブログ村


日本はもっと広報やロビー活動に費用を投じた方が良い

今韓国がやっていること

それは国際社会において、信用失墜に値する行動なのである


国と国との合意

その合意は何よりも重んじられなければならない

それは国の信用問題に関わるからである


それを平気で無視する韓国の暴挙

合意よりも国民感情

優先順位が間違っているのだ


そんな国家であること

それは周知の事実なのであるが、日本はこの暴挙をもっと世界に広めることに力を入れるべきである


そもそもが捏造記事からできた捏造問題

その問題自体も言えば言ったもの勝ちのような状態

証拠もないのに証言が認められるような異常な状況なのである


まぁそこはもう議論の余地はない

だって日韓の間で合意に達したのだから


言いたいことは山ほどある

しかし、ここではそこは論じない


奴等の暴挙の方が問題なのだ


我々は奴等の信用を貶め辱める必要がある

その力を費用を投じて、強化すべきということだ


日本を辱め、貶める愚かな国家であること

世界的にも奴等と何かを交わしてもそれは無視されるという異常な国家であること

捏造を喚き続け、真実にしようとする腐れ国家であること

など


そういったものを世界に広めること

相手を気遣う必要はない

それだけのことを我々に対して奴等はしているのだから


応援のクリックを

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



応援のクリックを


にほんブログ村


国会議員の二重国籍問題

蓮舫は二転三転する説明で証明を回避してきたが、戸籍を公開するまでに至った


彼女は国籍を公開する際に

「前例としてほしくない」

と語っていたが、これは素晴らしい前例となった


政治家はその国籍に疑念が生じてはならない

曖昧な要素は断つべきなのだ

特に日本国籍であること

そこは国益を追求するべき国会議員にとって重要な要素である

それを示すことができたのだ

この前例は活用していかなければならない


特に前例として、蓮舫の前に小野田議員もそうして、日本国籍であることを証明しているのだから


何故国会議員が日本国籍でなければならないか

それは国籍を追求しなければならないからだ

他の国籍を有していればそこだけに追求することができなくなってしまう


それが二重国籍であってはならない理由と言えるだろう


現にオーストラリアでは憲法で二重国籍の議員を禁じており、それが判明した議員が2人辞職している

国家にとってそれほど国籍は重要なのだ


それをできなかった蓮舫の政治生命

国民の信がどれ程離れたか

一番知りたいのは彼女ではないのか

そのためにも一度身を引き再度挑戦する


国民に認められた形で国会議員として職責を果たす

その姿こそが彼女に残された道だと思うのだが・・・


今後も彼女が舌鋒鋭い姿を見せ人々を共感させるためにはそれしか方法はない

応援のクリックを


にほんブログ村


応援のクリックを


にほんブログ村


舌鋒鋭い御仁

それは国民受けするものである

だが、あるときその姿は一変する


それは自身に落ち度があった時だ

当然誰にでも落ち度はある

その説明がおかしければ、当然叩かれるのである


人には厳しく言っておきながら、自分はどうなの・・・

それが国民感情である


蓮舫が叩かれるのは、それが為なのだ


彼女が国民に受けたのは他人の落ち度に対する厳しい姿勢である

その姿勢が民進党の代表の座にまで彼女を押し上げた


しかし、彼女の姿勢が崩壊する

それが二重国籍問題なのである


二転三転する説明

何かを隠したいがためについた嘘

それがばれたとき、国民は手のひら返しとなるのだ


それまで絶賛してきた彼女の姿勢

それに疑念が生じるのだ

人には厳しく、自分には甘く


それが通用する日本ではないのだ


これまでも舌鋒鋭い人々はいた

そして、自身の落ち度に対する説明を誤り、表舞台から去っていった


それが日本であり、そういった社会なのだ

他にも民進党には疑惑の説明が意味不明な議員が数多くいる


自民党の落ち度を叩いてばかりの民進党だが、まずは自身の膿を清めることから始めるべきなのでは・・・


応援のクリックを


にほんブログ村





応援のクリックを


にほんブログ村


政治家が二重国籍である

それは日本と他の国家の国籍を持つため、日本の国益以外の追求をしているのでは

そんな疑念が持たれることである


そんな中、蓮舫の二重国籍問題が持ち上がった


そして、彼女は二重国籍のまま議員だったことが言える

その彼女は民主党政権時代に閣僚を務めているのだ


その在任中の発言を思い出してみよう

内閣府特命大臣在任中に尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の船に衝突する事件が発生した

これについて、記者会見で彼女は

「いずれにせよ、領土問題ですので、私たちは毅然とした日本国としての立場を冷静に発信するべきだと思っているし、感情論に陥るべきではないと思っています」

と発言した

その後、この発言で批判を浴び、発言を修正したが、この発言に疑問を置かなければならない


尖閣諸島を領土問題の地と認める発言をしたのだ

日本は領土問題があると認めていない

領土問題と発言してしまうことで、日本側がその地に領土問題があると認めたことになりかねないのである

これは明らかに中国に利する発言をしているのである


国益を考えた者のする発言ではない

何故なら、このとき彼女は二重国籍だったのだから


さて、こんな御仁が二重国籍が解消したと言い張り、国益の為に尽力すると発言する

その言葉に信用が本当に持てるのか甚だ疑問である



応援のクリックを


にほんブログ村



応援のクリックを


にほんブログ村


情報発信能力の強化は重要である

その強化によって齎せるのは日本の国益である


これまでその弱さから大きな名誉と尊厳を失ってきた

それは韓国や中国などの反日国家の活動によって負の歴史が日本に押し付けられているからだ


このままで良いのだろうか

このまま我々は押し付けられた歴史を享受しなければならないのか


そうではないはずだ

我々の歴史を勝ち取らなければならないのだ

そのためにも予算をしっかりと投じなければならない


その力によって大きな国益が産み出されるのである

そこにしっかりと力を入れることは重要ではないだろうか


得られるものがはっきりと分かっており、その得られるものは非常に大きい

ならばしっかりとそれを得ることが重要なのである


日本の為、日本人の為

その為に力を入れるのである

その予算は確実に日本の為になる

予算を投じることの意味を理解して、我々は情報発信を強めていくべきなのである


応援のクリックを


にほんブログ村


応援のクリックを


にほんブログ村


司法が英断を示した

素晴らしい判決

だが、至極妥当な判決を下したのだ


国が高校授業料無償化の対象から朝鮮学校を除外したのは違法として、国に除外取り消しや損害賠償を求めた訴訟

広島地裁で行われた裁判で小西洋裁判長は除外は適法と示し、訴えを退けたのだ


訴えた側にとっては不当判決なのだろう

だが、国民にとっては妥当な判決と言える


除外によっても教育を受ける権利は何ら制限されない

その通りである

支援金が出ないというだけである

その学校で学びたければ学ぶことはできるのだ


ならば、その支援金が北朝鮮に流用される可能性を考えると、高校無償化の対象外となるのは至極当然であり、真っ当な判決なのだ


そして、この判決が出たということは支援している地方自治体は異様で異常だということだ

判決で北朝鮮に流用されるおそれがあるという国の主張を認めていることからも、地方自治体も支援を早急に止めるべきなのだ


我々の税金で北朝鮮にお金がいく

それだけは許してはならない


そんな学校と司法も認めたのだ

生徒や保護者には罪はない

だが、その学校の母国の悪行を考えれば、除外となることに違和感を感じない


そういう意味で広島地裁は素晴らしい判決を出した

そして、今後どうせ上告するんだろうが高裁、最高裁でも最高の判決が出ることを祈る

今回の判決が良い判例として各地で起きている訴訟も同様の判決が出て欲しいものだ


応援のクリックを


にほんブログ村