jafca blog

トレンドカラーの情報を発信する一般社団法人日本流行色協会がお届けするブログです。


テーマ:

2016年の11月にJAFCAは、2017年がどういう年になるのかを予想しながら、そのムードをカラーで表現した「2017年の色」を発表させていただきました。
選ばれた色は「リーディングレッド」という鮮やかなレッドです。
このレッドは、新しい未来の扉を開いていこうとする強いエネルギーを表す色として選定されました。
加えて、日の丸や漆など、日本の伝統文化を想起させる色でもあります。

 

 

 

また、グローバルなカラートレンド情報を発信しているPANTONEも、2016年に「COLOR OF THE YEAR 2017」を発表しています。12月には、東京・渋谷でリー・アイズマンさんにより、カラーについての説明会も開催されました。


選ばれた色は明るいイエローグリーン系「グリーナリー」。この色はフレッシュで元気を与えてくれる色、新たな始まりを象徴する色と説明されています。深呼吸、新鮮な酸素、再活性化などのキーワードもあげられ、豊かな自然の活力を思わせます。
快適性やサスティナビリティなどがキーワードとなっている今に相応しい色といえるでしょう。

 


彩度の高い強烈なレッドと、爽やかで明るいトーンのイエローグリーンという、一見違った方向の色が選ばれたように見えます。しかし、その背景には同じように時代を捉えていることが感じられます。

 

 

 

昨年8月末に、PANTONE COLOR INSTITUTEの副社長ローリー・プレスマンさんと、JAFCAのカラーディレクター大澤かほるとで、未来の色についての対談を行いました。

 

そこで話題になったのが、「殻を破ろうとする色、居心地の良い色」という2つの方向性でした。

今回、2017年を象徴する色として、現状を変えていこうとするレッドと、心身を穏やかにするグリーンが選ばれたのも当然という気がします。
また、ともにカラーの背景には活性化やエネルギーといったストーリーがあるのも共通しており、「混沌とした現状を変えて新しい時代の扉を開きたい」という意志がくみ取れます。

 

ちなみに、今JAFCAサイトのコラムで、8月に行った2人の対談の一部を紹介しています。

よろしければ、こちらをご覧下さい。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
横浜みなとみらいの赤レンガ近くに、2016年3月4日にMARINE & WALK YOKOHAMA(マリンアンドウォークヨコハマ)がオープンします!


25店舗と小規模ながら
海に面した立地をいかした
空と海と風が気持ち良い素敵な空間になっていました!


海側はウッドデッキで出られるようになっています


船が停泊する港が、いい感じに見えますね。
以前は広大な駐車場で殺伐とした感じでしたが、生まれ変わりました!


道の両側に2階建ての店舗が並びます



取材日は天気も良く、海外にいるような感じがしました!


もうすぐ発行の季刊「流行色」にも取材レポートを書きましたが
そちらには書かなかったレストランをこのブログで報告したいと思います。

こちらは
ウエディングのテイクアンドギブニーズさんが手がけた
パイの専門店、パイホリック





店内のオーブンで焼いています


今流行りのユーズド感があるインテリア&店舗デザイン




フレッドシーガルのお洒落なフードコート(って言っていいのでしょうか)「ザ・マート」で食べられるのは・・・


ポートランドで人気のカムデンドーナツ


濃厚でふわっとしたアイス!


グリルチキン



メキシカン×ハワイアン



カカアコダイニング&カフェは
ハワイアンムード満点!


ロコモコはもちろん


大きなピンクのアワアワをのせたマウナラニパンケーキ


ハワイのカメハメハベーカリーのポイ・グレーズドも買えます!



施設、ショップとも
カリフォルニアやハワイの
海沿いカルチャーを感じさせる
リラックスしたムードが漂っています。

デザインコンセプトが細部まで(トイレも!)徹底されていて
好感度な30-40代にうけそう。
適度にカジュアルで、オシャレで、肩の力を抜いた、
今の気分「エフォートレス」に浸れる場所でした!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2015年10月2日
ピエール・エルメ・パリ(青山)にて開催されているピエール・エルメ・パリが、東京在住のフランス人アーティストK-NARFとのコラボレーション『ARIGATO CHOCOLATE』展にヤマハ発動機(株)トリシティが作品として展示されているということで取材に行ってまいりました。


挨拶をする社長のルデュ・リシャール 氏


東京在住のフランス人アーティストK-NARF


色とりどりマカロンと美しいケーキ

K-NARFにより、シルバーとイエローのテープでラッピングされ映写機が取り付けられた
『映写機付トリシティ』




※原美術館にて『映写機付トリシティ』による上映会を実施(開催日未定)

ヤマハ発動機株式会社 長屋明浩氏
「今回の展示には、トリシティ、K-NARF、ピエール・エルメ・パリそれぞれに共通する3つの要素「アバンギャルド」「ネオ・ヴィンテージ」「エクスペリエンス」が表現されているので、ぜひ体感して欲しい。」



作品を制作する過程を実演中のK-NARF氏
100円ショップで手に入るような日用品と、梱包用テープ、ポータブル小型インクジェットプリンター、デジタルカメラ等を使用して、写真を加工することでネオ・ヴィンテージの世界表現しています。




『ARIGATO CHOCOLATE(ありがとうショコラ)』展10月2日~11月8日まで開催
ARIGATO CHOCOLAT
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
サローネ

いよいよ4月14日から、ミラノデザインウィークが始まります。
JAFCAのツアーでお世話になっている伊藤節さん、志信さんの作品展示についてお知らせいたします。
ito

ミラノ国際見本市会場では、RIVA1920, DESIRE'で新作を発表するほか、
他社より今まで発表されたものが引き続きお目見えする予定です。


RIVA1920からは、木と鉄のキャビネットシリーズ、
DESIRE'からは、ベッド、アームチェア&プフ、
ライブラリー、ローテーブル、コートハンガー、コンソールを新作として発表。

FUORI SALONEでは、スーパーストゥディオで アイシンImagine new days展にて ILY- I




オフィチーナ31で、ユメショクニンによるMISOKA発表、
イタリアGarssi Pietra社からインテリアとしての石の噴水、
スツールを発表、インスタレーションが行なわれます。

TV, 舞台用のプロフェッショナルなライトを作る専門的なイタリアの企業Ianiro社から、
新しくその要素を残しながらHome仕様にデザインした照明を発表。

イタリアの木工の職人とデザインをつなぐslowwoodとのコラボレーションでは、
ソファ、チェア、テーブル、パーティション。

職人文化を活かしたHands on designでは、
一体成形のフェルトのテーブルウェア、
ヴェネツィアングラスのテーブルウェアが発表されます。


また、ブレラ地区でのMATSUDAの展示では、
ファニチャー部門のクリエイティブディレクターをされています。

詳細・画像をご覧になりたい方は、伊藤節さん、志信さんのサイトをご覧ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ACAロゴ 
車両のカラーデザインコンテストオートカラーアウォード2015は、2014年12月12日~13日に開催し、スズキ「ハスラー」がグランプリに決定いたしました。クラッカー(←詳細は、JAFCAのサイトをご覧ください。)

ACA2015メガウェブ

今回の会場は、お台場「メガウェブ」だったので、
お隣のヴィーナスフォートやパレットタウンに遊びにいらした方にも
ノミネート車両を見ていただく機会に恵まれました。ニコニコ

ACA2015質問

ノミネート車両の側には、それぞれカラーデザイナーが待機していて丁寧に説明をしてくれます。

ACA2015外人見学ACA2015修学旅行生
普段はなかなか見ることの出来ない車両も展示しているため、
外国人観光客の方や修学旅行中の学生さんも思わず足を止めて、車両に見入っていました。
せっかく沢山の方に見ていただける機会なので、車両展示会場にて人気投票を行なってみました。チョキ

ACA2015シール投票結果
一般の方に「お気に入りの1台」を選んでいただきシールを1枚貼ってもらいました。
(※グランプリ審査結果には含まれません。)
皆さんが選んだ「お気に入りの1台」の第1位は、トヨタ「レクサスRC」でした!クラッカー


寒い中ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!
(JAFCAのFacebookで、オートカラーアウォード2015開催当日の様子がご覧いただけます。)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オートカラーアウォードでお世話になっているドリルデザインさんと
スイスに在住のアーティスト、アオイ・フーバーさんによる
新しいテーブルウェア「Sabato」の発表会に行ってきました。


 


壁には、デザインが決まるまでのドリルデザインさんとアオイ・フーバーさんとのFAXでのやりとりが。



可愛らしいアオイさんの手書きの文字とイラスト

1



触感にこだわったお皿のリム。
通常なら削ってしまう部分をそのまま残し、指にちょうど良く引っかかるようになっているため持った時の安定感がバツグン。








お皿は、3サイズ、絵柄が【畑】【海】【月】【屋根】と14種類。
波佐見焼き。
どれもこれも欲しくなります。


コンセプト、

土曜日は、
平日の終わりで、
休日の入り口。

ちょっと寝坊をして
遅めの朝食。
時間をかけて
コーヒーを落とす。

のんびりと
気ままに過ごす、
自分だけの時間。

そんな一日をイメージした
テーブルウェアシリーズです。

Sabato」とは、イタリア語で「土曜日」の意味。


9月1日より発売されます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、プリンセストラヤさんの展示会のバッグ編を書きましたので
今回は続きの小物編です。

小さな面積にたくさん工夫が詰め込まれている小物達をご紹介します!



こちらはBLACK BY MOUSSYのお財布


真っ白と、鮮やかなピンク。
表面がぼこぼこして見えるのは

レザーの裏にアルミ箔のようなものが貼ってあるんですって。


昨年からトレンドとなっている
ビビッドカラーの組合せのシリーズも。遠くからでも目立っていました!


カモフラージュ柄も
白っぽい色をまぜることで
どこか優しいムードに仕上がっています。



こちらは
グラデーションが美しいシリーズ。

このグレーのグラデーションがとってもきれい~
内側は冴えた藤色で、コントラストが鮮やかでした。





こちらはギフトにぴったり!

美しい柄のボックスも
小物を入れたり、好きに使えるように・・・と
デザイナーさんの愛が詰まっています。



大人気のDakotaのレディースラインからは
こんなに柔らかなカラーが登場。

特にこのベージュピンク!
女性は好きな方多いのでは?

内側は
甘いコーラルになっていて

ベージュピンク、コーラル、そして金属部分はゴールド。
女心が分かっていますよね。



今秋冬は、
トレンドに敏感な層に

冬でも優しいパステルカラーが流行の予感。
勝手にイチオシです!


Dakotaは良いレザーを使って
職人さんがしっかりと作る本格的なシリーズなので
展示会中もたくさんの人が集まっていました。


その世界観を表すために作ったという
オリジナルの台。チェスト?

引き出しのハンドル部分が全てレザーで
しかもDakotaって押してあるんですよ!



また、女性向けの小物で
今回増えていたのは こんな感じの

少し大きめのお財布 兼 ポーチでした。

お財布なんだけど、
パスポートが入れられたり
スマホも収納できそうなサイズ。


確かに

旅先ではパスポートも入れておきたいときがあるし
普段ランチに行くときは
お財布にスマホが入れられたら便利ですよね!

これはプレゼントにも嬉しいです。

プリンセストラヤさん、色々と見せて頂きありがとうございました。



それにしてもレザーって奥深い・・・と実感します。

先日はレザーフェアの取材に行って
感動のレザーに出会いました。

そちらの様子は後日のブログで♪



★Tamaki Ogiso


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年に引き続き、JAFCA大澤が司会を務めさせていただきました。

今回は、フラワーデザイナーのローラン・ボーニッシュさんと、
本田技術研究所のカラーデザイナー田嶋暢子さんの
お二人に、色彩にたいするこだわりや考え方を伺いました。

honda1

「どのようなことからインスピレーションを受けますか?」
という問いかけには、

「自然の中には、素敵な色、配色が溢れているので、
カラーを考える時は、自然の中にある色からインスピレーションを得ることが多い。」
と、お二人とも同じ考え方をされていました。

honda2

青い空からインスピレーションを受けたという
FIT HYBRIDのブルー。

「今後は、香りをカラーに取り込んでいきたい。
お客様に車のカラーを五感で感じていただけるような
カラーデザインをしたい。」と田嶋さん。

honda3


FITのブルーに併せてアレンジされた花。
車の中から「ふわっ」と、素敵な香りが溢れてきます。

honda4

ローラン・ボーニッシュさんは、
「フラワーデザイナーは、生きている素材を
組み合わせているので、命をデザインしていると思っている。
人生の中で2度と同じ花に出会うことはない。
自然の色は、いつも違うのでユニークで楽しい。」と。

トークショー終了後は、フラワーアレンジメント体験。
参加者の皆さんは、お花を前にすると自然と笑顔に。
「クルマ」と「花」と「笑顔」
いつものショールームとは、何だか少し違ってみえました。
これが、今回のトークショーの本当の目的だったのかな…。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

プリンセストラヤさんの
2014年春向け展示会に行ってきました。

バッグとお財布、2回に分けてご報告したいと思います。


今回も素敵な笑顔でご案内くださった
肥沼さん(左)と片山さん(右)です。


入口でひときわ目立っていたのが
こちらのブルーのバッグ。



海外のインテリアのような
タイルの並びがアクセントになっています。
何気なくランダムに並んでいるのがかわいい!


13SSから注目されてきたコーラルも。
どことなくエキゾチックなイメージが出ていますね。




こちらはレザーの切りっぱなしがポイント。
手前のクラッチの持ち手が太くてかっこよかったです。

ライトブルーとコーラルは優しいムードで、
ホワイト&ブラックと
ブラック一色のものは一気にモード感が出ています。
色って印象を変える力があるなと実感。



アイパッドなどを入れるポーチは
カラフルな柄がキュート。
バイヤーさんの反応も上々だそうです!



ブラジルオリンピックがやってくる・・・ということで
ブラジルをテーマにしたこちらのシリーズは
コーヒーの麻袋をイメージしているのだとか。
持ち手はモノトーンの柄なので
街っぽさもあって使いやすそう~


麻袋っぽい生地は
光沢糸を混ぜて織っていて、
近付いてみると実はとてもとても手が込んでいました。



こちらはトートバッグ&クラッチポーチのセット。
クラッチの白黒の幾何学柄がアクセントになってますね!

白黒の模様のところの白は、ちらちらと光る素材を使っており
さらに黒のラインは起毛しているという素材のコントラストも相まって

パーンと目立って見えました。



光沢といえば
14年春夏は光る素材がトレンドになりそう!

こちらはラメ&グロス光沢のバッグです。



遠くからもかなり目立っていた
メタリック光沢のバッグ!



愛用のクラッチバッグ→★
ご担当されたデザイナーさんにもお会いできました(^^)



ところで
プリンセストラヤさんは
Dakota(ダコタ)というレザーにこだわった
本物志向のブランドを手掛けていらっしゃいます。


見るからに上質感が伝わってきますね!
重厚感があるのですが
持ってみたら意外に軽いのにもびっくり。

今はバッグの重さを気にされる方が増えているので

上質感と軽さを両立させるようにしているそうです。



このバッグ、ツボ!
レザーの質感が活きるフォルム、持ち手もかっこいい。

左奥にちょっと移っているグレーも
とっても素敵でした。
うう、欲しい・・・



前回の
鮮やかなカラーやバイカラー配色など
とてもカラフル!というイメージだった
プリンセストラヤさん2013Autumun Collection→★と比べると、


今回はバッグはブルー、コーラルなど全体的に色数を絞り
そのぶん
一つ一つの色にこだわっている印象を受けました。
店頭に並ぶ春が待ち遠しいですね!


次は
お財布編を書きたいと思います。


★Tamaki Ogiso



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

現在、2013AWシーズン。

この11月末には
2015AWインターカラー会議が開催されます!
ちなみに2015AWとは
2015年~2016年にかけた秋冬のことです。



日本代表色彩団体であるJAFCAでは
現在、日本提案カラーパレットを作成中です。


選定したカラーを
パレットに貼ってくれているのは
前回も制作をお手伝いしてくれたあやちゃん。


切って、貼ってを繰り返す単調な作業ですが


手際よく
すごいスピードで作ってくれています!


もはやプロです。



インターカラー会議は
ドイツ・デュッセルドルフで
11/24-26に開催予定。


どんな色がトレンドカラーとして選定されるのか
楽しみですね♪



インターカラーとは?→リンク



★Tamaki Ogiso






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。