新型インフルエンザワクチン接種が可能になった昨年10月から今月9日までに推定2278万6533人が受けたと、厚生労働省が12日、発表した。医療機関に納入された出荷量から分析した。

 接種後の死者は131人で、うち3人が医療機関から「接種との関連あり」と報告された。発熱などの軽い副作用は2389人、意識を失ったりする「アナフィラキシーショック」など重い副作用は402人でみられた。厚労省は「他のワクチンに比べ副作用の報告数は多いが、医師が注意深く監視している背景があり、詳細に調べたい」としている。

【関連ニュース】
新型インフル:余るワクチン 欧米でWHO非難も
ヒブワクチン:「全員に」未接種で子亡くした両親訴え
新型インフル:成人向けワクチン接種、都が18日から開始
クローズアップ2010:新型インフル、余るワクチン 識者の話
クローズアップ2010:新型インフル、余るワクチン 「ピーク越えた」認定議論

学士院賞に山中教授ら11人(産経新聞)
<雑記帳>刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山(毎日新聞)
<枝野行政刷新担当相>独法保有の国債「全額返させる」(毎日新聞)
<強制わいせつ>容疑の警官逮捕 福岡(毎日新聞)
<芸術選奨>坂本龍一さんらに文部科学大臣賞 09年度受賞(毎日新聞)
AD