自民党は11日の党紀委員会で、夏の参院選に民主党から立候補する元秘書を支援するため離党届を提出した松田岩夫参院議員について、除名処分とすることを全会一致で決めた。同委の中曽根弘文委員長は記者団に「過去に離党しており、(復党の際に)県連に反党的行為をしないという誓約書を提出していた」と理由を説明した。

 これに伴い、参院会派の自民党・改革クラブは11日、松田氏の退会届を提出した。松田氏は無所属で活動する。参院の新たな勢力分野は次の通り。

 民主党・新緑風会・国民新・日本122▽自民党・改革クラブ81▽公明党21▽共産党7▽社民党・護憲連合5▽無所属6【木下訓明】

【関連ニュース】
自民:離党止まらず イメージダウンを懸念
松田参院議員:自民に離党届、元秘書が民主で出馬
民主党:石川議員の離党承認
石川衆院議員:離党「大変無念」落胆隠せず…帯広で会見
石川衆院議員離党:野党、追及姿勢崩さず

【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(1)「薬があるのに使えない」(産経新聞)
温暖化基本法案で詰めの協議=閣僚委を開催(時事通信)
日弁連会長に宇都宮氏、路線転換訴え主流派破る(読売新聞)
直接支払制度の影響で約5千人の「出産難民」も―産科中小施設研究会(医療介護CBニュース)
<JR不採用問題>「一日も早くけじめを」…最年長79歳(毎日新聞)
AD