毎年、我ながらラマダンは楽勝!と思っていた私。

食べられない、飲めない、が何なの??時間になったら食べられるんだし、

「俺たちは辛いことを乗り越えられるんだぜ!!」的なイスラムは特別!な発想がイヤだ、

こんなの普通に我慢強い人は誰でもできるわよ!と、思っている。(今でも、かなり)


でも、今年の夏は暑い。


瞬間的に辛い!!のは、今までも結構あったけど、

断続的に今年は辛い。


夏だからヨーロッパの夜は短いのもあり、食事をできる時間は短い。

で、食欲もあまりない。


日本にいた頃の私の夏の食事は、冷や奴、スイカ、アイスだったけど、

今年のラマダン中は、サラダ、フルーツ、水って感じかな。

昨日は、冷凍庫の中に納豆があって、夏バテ防止!と食してみたけど、あまり変わらず。

梅干しは切らしてるし…、後はウナギ?(不可能、どこで食べるんだよ・苦笑)


温かい食事をとっていないのが悪いのか、はたまた、これは信仰心の低さからくる天罰か…。

(あ、言っちゃった…)






AD

息子の割礼

テーマ:

このラマダンのさなかに、えらい目に合っている息子について・笑

ま、ラマダンでフラフラなのに、暴れる息子の患部ケアをさせられる親も大変です。


男子を授かった時から、当事者でない私も、いつかはやるんだろうなと覚悟を決めてたのですが、

経験者の旦那がこういうことは動くことなのだろうと、放置してました(ヒドイ母親、またはヒドイ嫁)


お友達の息子さんは生後けっこうすぐに処置されていたのですが、

旦那側の家族は小さい時の方が、あまり記憶に残らなくていいだろうというくらいの見解で

小さいうちには(幼稚園くらいまで??)割礼をするという感じでした。


かくいう旦那は、その昔「あ、ほらあそこ見てみろ、鳥が飛んでいる」と言われて、

上を向いている間にパチンとやられたと言っています。

このエピソード、昭和臭がしますね…。(モロッコやっちゅうの)


でも、私もパチンとやる程度なのかと思いきや、

執刀医(!)、麻酔医との面談を経て、全身麻酔と聞いて驚きました。


こんな小さい子に全身麻酔なんて大丈夫なの??と詰め寄る嫁に、

旦那も心配になってきた様子。

でも、自分の国や時代も違うので、今はこんなもんだと言われると、

じたばたするのは見苦しいという男のメンツが勝ち、(または、権力者に弱いとも言う)

腹を据えました。


前日の夜中から、手術(!)までは食べるのも飲むのもダメと言われて、

いつもは起きたらすぐに「ギュニュ(牛乳)!」の息子がもつのかな…と、これも心配でしたが、

何とかごまかしごまかしで乗り切りました。


そんな訳で、赤ちゃんだと思っていた息子も「男」になってしまいました。

新学期に、保育所の先生にびっくりされないかしら…。


AD

ちょっと思い出したような更新ですみません。

生きてました・汗(←表現が古い)


今年の日本は猛暑のようで苦しいラマダンではないでしょうか。

熱中症対策が連日ニュースで取り上げられている中、逆行するようなラマダンですが、

食べられる時間帯に充分な水分を取り、体の弱い方などは無理をしないように。


皆様のラマダンがよいものでありますように。


AD

出遅れておりますが、犠牲祭おめでとうございます。


お祝いの今晩も、怒りながら内臓を切り刻んで、ひよこ豆と煮込んでいただきました。

ハンドゥッラ。



愚息を出産してから、ぶっちゃけ信仰心が低下しているのですが

(今明かされる真実!苦笑)

少し本を読む時間があって、やっと野町和嘉の「メッカ」「祈りの回廊」の二冊を読み終えた。


 野町和嘉 「カアバ神殿」


風呂からあがってきたばかりのような格好をした人たちを、空港で見かけた…とかのくだりには

やっぱり笑ってしまった。ははは(失礼!)


しかし、写真は素晴らしい!

生で見てみたい!とも思うし、サッカー観戦のようにTVで見る方がよく見えるとも思ってしまう。

だって、人の渦の中にいたら、上の写真と同じものを見ることは不可能!!

もちろん比べるのが間違いだとは重々分かっております。


観光でないので見ることが目的でなく、お祈りに行く巡礼なのですよね。

一時ブームになった四国のお遍路さんのように、スタンプラリーじゃないんですよって??爆


今年も旦那は行けずじまいでしたが、近いうちに行くのでしょうかね…。

本を読むと臨場感たっぷりで、私は読んだだけで疲れました。(本は面白いので誤解無きよう)

だって、あの人出で、暑いんだよ・涙


追伸)

本を読み始めると止まらなく、今はJ.P.サルトルの「ユダヤ人」を読んでいます。

終章『ユダヤ人問題はわれわれの問題だ』に期待。

『ねぎを刻む』江国香織

テーマ:

こういう夜は、ねぎを刻むことにしている。

こまかく、こまかく、ほんとうにこまかく。

そうすれば、いくら泣いても自分を見失わずにすむのだ。


ねぎの色、ねぎの形、ねぎの匂い。

指先にしんなりするねぎの肌の感触。

ねぎを刻みながら、また涙がおしよせてくる。

目の前が浅い緑色ににじむ。


私は泣きながらねぎを刻む。

ご飯のスイッチをいれてねぎを刻み、おみそしるを作ってねぎを刻み、おとうふを切ってまたねぎを刻む。


一心不乱に、まるでお祈りか何かのように。


誰かに叱られたら改心できるのだろうか。

私は改心したいのだろうか。


なにを、どんなふうに。


『ねぎを刻む』江国香織 より抜粋(青字)




職場復帰して、いつも通り怒りながら生活していたのですが、

ちょっと怒りすぎだったなーと反省している週末。

明日からは、もう少し気持ちよく、周りにもやさしく過ごそう・苦笑


「愛し恋し」のぼやかずに、おられるか!-えび恋し  えび恋し・笑

母が送ってくれた救援物資の中に入っていた煎餅、開けるのが楽しみ。