1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-24 15:38:25

虚礼って

テーマ:四方山話

年賀状の時期も過ぎ、あまり「虚礼」という言葉も聞かなくなったかもしれません。

 

ただ、ほとんど連絡を取っていない方に、「どうなさってますか」と便りを送る機会としての年賀状。これは、私も有りかなと思っています。

 

むしろ、私は、仕事の後でいただくお土産をどうしようかと、いつも悩みます。これも「虚礼」の一種だと思うので。可能な限り、お断りはしています。医者だって同じことしてますよね。

 

もちろん、仕事じゃなく、プライベートでも同じ考えです。少なくとも「ありがとう」と言っていただけたら、私は素直に喜びます。だから、相互に虚礼めいたことはやめようと考えます。ところが・・・

 

いるんですね。例えば私が何かをしてもらって、お返しに何ももらわなかった(=感謝してもらえなかった)と感じる方々。そういう方々に私流で接すると、まあ非難ごうごうww もちろん、陰口ですけど。

 

やってあげたのに・・・

親切をあだで・・・

 

で、そういう方々に限って、「別に何が欲しいというわけじゃないのよ」という言い訳が最後にくっつく。見え見えなんですけど・・・ww

 

私は見返りなんて求めません。喜んでくれたらそれでいいじゃないですか。その分、何かしていただいたときには感謝の言葉だけかもしれません。それが、いかんのでしょうね、そういう方々には。

むしろ、すごくお世話になったら、お仕事で返そうとするでしょうね。私の仕事でもいいでしょうし、相手の仕事でもいいでしょうし。その方が感謝をきちんと形で返せると思うので。これって「虚礼」じゃないですもんね。

 

(ただ、先ほどのような方々は、それ(仕事)とこれとは別だそうですがww)

 

先人が考え出した「虚礼」という考え方は素晴らしいとは思います。ただ、その上にあぐらをかいて、見返りがあってしかるべき、みたいな考えってどうなのかなあ、と私は思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-22 16:25:17

クレーマー対策っていろいろ言われてますが・・・

テーマ:四方山話

苦情が出てきた場合、あなたはどうするでしょうか。

 

私の周りって、両極端な気がします。一方は、まったく気にもかけない方々。私には、そんな度胸もないし、腹も座っていません。

 

他方、気にかけすぎて潰れてしまう方々。特に相手の気持ちに入り込みすぎて、かえって自分が、という方が多いような気もします。

 

私の場合、気にはかけない、と言えばうそになります。もちろん、何らかの損害が出ているなら処理はしますよ。ただ、それを今後のための財産とすることを考えます。

 

周りは、苦情が出てきた方をどうにかしようと懸命に動かれるようですが、私はあえてしません。相手の意見を受け入れて同化してしまうのか、それても受け止めはするけれど引きずらないようにするのか。あえて私は後者を選びます。

 

一般に、苦情を言う方の心理状態って、自分自身の裏返しであることがほとんどです。したがって、同化すればするほど相手もさらに・・・。つまり何も解決しません。

 

例えば、「あいつは自分勝手だから・・・」と苦情をいう方のほとんどは、自分が身勝手であることを潜在意識の中で認識しています。脳は、自分が認識している言葉から順に出してくれますから。そこに対して何を言ったところで・・・。

 

あえて、というのも思いやりの1つじゃないのか、と私は考えています。ですから、苦情を言ってくれるだけありがたい。逆に「言わない」を選ぶ方とは距離をおくしか解決方法はないでしょうね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-20 11:12:15

地位は人を育てないww

テーマ:ビジネスのツボ

よく「地位は人を育てる」と言いますよね。若手社員を重責を担ったポジションに抜擢したら急成長したとか。美談めいて語られてはいますが、何も「地位」が育てたわけではないんです。

 

単に裁量枠が広がって自分の力が出しやすくなっただけ。個人の力量の変化はありません。環境を変えることによる効能の話なら100%納得できるんですが。

 

逆の例はいっぱいあります。例えばスポーツの世界。3番、5番などで打ちまくっていた選手を4番にしたとたんに打てなくなるケース、山ほどあります。「4番だから」と過剰に意識することが原因です。

 

私も剣道をしていたころに大将を任されたことがありました。最初、なかなか勝率が上がらなかったんです。そのとき、師匠に言われたことがあります。

 

「自分のやるべきことに心が集中しているか?」

 

そうなんですよね。地位(この場合順番)も何も関係ないんです。今、自分が何をするべきか。そして、それを1つ1つ確実に実行すること。それを続ければ自然と地位が後追いしてくる。そういうことを教えてくれたんですよね。

 

地位や身分で、かえって自分の行動範囲を狭めている人もいます。もったいなく感じます。もっと、自由にはばたいたところ、見てみたいなあ、というのは年寄りのわがままでしょうかww

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。