『命の授業』

 体育教師がスキーでの事故をきっかけに、人生も人生観も大きく変わりました。今を自分らしく幸せに生きるためのヒントを普段の生活の中から紹介していきます。

「命の授業」 の 腰塚 勇人です。


「命の授業」への想い

人は人によって支えられ生かされている。
誰もが一人じゃない。
「助けて」って言っていい。
命があるのは当たり前じゃない。
当たり前の中に幸せはある。
私はケガから復帰する中でそれを心から実感しました。

「命の授業」の講演を通じて「命の大切さ」や「命の尊さ」を伝えたい。
一人ひとりに「今ある幸せ」と「命の可能性」に気づいてほしい。
いじめや自殺を減らしたい。
そして、一人でも多くの人に「命の使い方」や「命が喜ぶ生き方」を考え、行動し、生きてほしい。

私の夢は「命の授業」を日本全国1億2千万人に届けていくことです。
この想いを胸に私は一期一会の気持ちでこの志事に本気で取り組んでいます。


このブログで、
「命の授業」講演の話や身近にある幸せや命の尊さ、
生きている事のすばらしさを
お伝えできればと思っています。


ご縁を互笑むに。 ニコニコ

皆様からの読者登録をお待ちしています。

↓ ↓ ↓

『命の授業』-バナー_読者になる


おかげさまで、2010年の開始から1000回、
47都道府県すべてで「命の授業」の講演をさせていただきました!
ありがとうございます。


【「命の授業」講演会情報 】

講演予定・スケジュールは、こちらでご覧いただけます。
  ↓ ↓ ↓
「命の授業」オフィシャルサイト・講演会スケジュール
http://inochi-jyugyo.com/k-calendar/

※一般参加可能な講演会でご紹介できるものについては、
 下記で随時ご案内させていただきます。

【福岡県 福岡市】 NPO法人 ライフステーション100講演会「命の授業」
【日時】 2016年8月22日(月)18:00~20:00
【会場】 都久志会館
      福岡県福岡市中央区天神4-8-10 
【会費】 一般・会員共2,000円(当日券3,000円、小・中学生は無料)
【主催】 NPO法人 ライフステーション100
     (お申込先)
      TEL 092-471-1825
      FAX 092-451-0775
      HP:http://www.npo-lifestation100.com

NEW !
テーマ:

見えない力に守られて



昨日は朝6時から福岡市倫理法人会様の

モーニングセミナーでご縁をいただき

その後の予定は

福岡空港→千歳空港→札幌から

友人が待つ旭川でした


福岡は真夏の天気でしたが

これから向かう旭川までの経路は先に台風様が・・・


飛行機が飛ばなかったらアウト

しかし、飛行機は平常通り

旭川も午後から回復の予報

千歳から札幌までもOK

しかし、札幌→旭川間の特急は運休

その場合、高速バス?!と思って

13:00すぎに千歳空港に到着

すると私が乗る特急から運転開始の予定と


スケジュールが変更になってしまった方々に

申し訳なさを感じながらも

全てがうまく行き友人たちに会えました


旭川の友人からも

「お前は強運、何か持っているよね

 だってそうでなければ1115回

 一度も講演に穴をあけたことがないなんてありえないし

 俺は来ると思っていたけど

 仕事でもないのに福岡からわざわざ

 旭川まで来てしまうお前が一番ありえない」と


特急列車からみた石狩川、すごいことになっていました

自然の力の脅威を改めて感じると同時に

これからも先先を見て、イレギュラーに対し

最善は尽くすことを心に決めました

そして守ってもらっている見えない力に

感謝も忘れません


友人たちと熱く語り合えた楽しい夜でした

来て、来れてよかったです

今日も大切な会いたい人に会いに行きます


素敵な一日になります

感謝をこめて

{21337A1B-BB0C-4910-B75A-9294F67A8DE0}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ライフステーション



昨日は福岡市で18:00から

NPO法人ライフステーション100様

主催の講演会でした 


ライフステーション

私にとってとても気持ちのイイ響きでした

そしてどんな活動をしているのだろう???


100歳まで

生き生きと、楽しみながら、ときめきながら生きる

仲間と環境づくりを活動の目的とされていました


私にとってのライフステーションは?

そう考えた時、家族や命の授業をしているとき

とも思いましたが

それらと同じくらい全国の大切な仲間やメンターと

一緒に夢を語り学び合え今を生きている喜びを感じ

エネルギーを充電できる時間でした


全国校長会「共志道」もそうでした

そして昨日も講演前に山口県で

親父さん、兄貴と慕う方に時間を作ってもらえ

たくさんの気づきと元気をもらい

福岡に入ることができました


元気でな、また来いな

本当に嬉しくありがたい言葉であり

その時に思うんです

次、お会いする日までしっかり生きてきますって


私にとってこれからも一緒にいさせてほしい

ライフステーションの方だから

裏切る生き方はできないんです


そしてこの方々とお会いする前に

山口に行ったら必ず伺う宇部にある

中津瀬神社と宮司さん

お参りをし、宮司さんとお話をすると

心が静まり和み、体が軽くなるんです

やっぱり私のライフステーションです


そして昨日も福岡の友人たちと会え

一緒に富士山に登った仲間たちも

講演を聴きに来てくれました

最幸のライフステーションの時間でしたし

私にはライフステーションがたくさんあることに

気づけた幸せな一日でした


今日は朝6時から、福岡市倫理法人会様の

モーニングセミナーがあり、今終わりました

これから福岡空港から北海道千歳

そこから旭川に移動しまた仲間たちと会えます

今日もライフステーションがあるからこそ

自分のステージで命を喜ばせ、輝かせます


皆さんのライフステーションは

どこですか? 誰ですか?

感謝をこめて

{1630EE3F-36BE-4E5C-AB05-3743F658889D}

{534732BD-ECE0-4AAF-9878-9F1980507AA5}

{C049C598-24EF-4253-B3E9-436E34945913}

{EACC0978-0890-46A7-AE7F-73E2E730243F}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

行くと知るは大違い ~深めれば広がる~



全国校長会「共志道」を終え

昨日は姫路城の天守閣まで

校長先生とガイドの方と一緒に登りました


姫路城は黒田官兵衛人気の時

平成の大修理中に初めて友人ときて

その後、真っ白に蘇ったお城に家族で

でも、その時は天守閣まで2時間半待ち

そして昨日で3回目

初めて天守閣まで行けました


この頃、7月末のある出来事から

良く言われることがあります

一緒に行った校長先生からも

天守閣までの階段、とっても急ですよ大丈夫ですか?


「あっ富士山、登ったから大丈夫ですね」

大丈夫なんですけど、良いのか悪いのか

こんな形で富士山の効果が・・・


大手門からガイドツアーがはじまり

最初の大手門の説明からびっくりでした

お城の門すべてに使われている石の中に

必ずその門から先、邪気を入れない魔よけのために

大きな石棺やお墓の石が組み込まれているそうで

そして門をくぐると必ず道が鍵型になり

真っ直ぐには進めないようになっていると


3代の城主によって増築、建て替えの際

一番の特徴の違いは城壁の石の積み方だそうで

よく見ると確かに・・・ガイドさんから

姫路城は城壁にたくさんのメッセージがあるんですと


東西二本の御柱が地上から天守閣まで伸びていますが

外から見ると各階の外壁や屋根が一直線ではなく

耐震のために交互にずれいました

また、お城から南、姫路駅に向かう広い一本の道路も

昔は50m道路と言われ

この御柱を運ぶために作られたと


窓の下から雨水を逃がすホースのようなものが

いくつも出ていて実は敵からは

鉄砲に見せるものだったと


そして

「ここは400年以上前、築城当時の木ですよ」

それだけでワクワクしてしまいました


2時間半のツアーでしたが

これで半分です・・・と


行けた、見れた喜びもありです

でも行くと知るのでは

楽しみ、喜び、感動の違いを痛感しましたし


感動するから人は誰かに伝えたくなる、教えたくなる

今度は私がにわか、知ったかぶりガイドを!!

そんな気持ちになってしまいます


まさしく深めれば広がるの感動の時間でした


校長会といい、姫路城のツアーといい

気もちにたくさんのビタミンをもらえた

素敵な2日間でした


今日は夜、福岡天神近くで

一般講演があります

素敵な出会いと、うれしい再会が待っています


今日も命の喜ばせます

感謝をこめて

{48F56D35-84FC-4143-92BE-DA7CCB54AFA0}

{98F95FCA-E8B6-40E6-B1A5-A0B3C5A9477B}

{F6FB6D0C-93B9-4884-825A-7A19D8405F67}

{7E7842E2-74CB-4F92-8B5F-24FB37A8AE06}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)