• 12 Oct
    • ハセツネとは無関係

      皆様方がハセツネで水が切れたり、小海でグルグル5周していたり、くびきの辺りで100キロ走っている間我が家は全く関係のない飯能エリアで活動をしていました。嫁はFT50の試走で飯能駅からスタートで関八州見晴台まで単独で試走この区間はFT50の中でも最難関の八徳〜関八州がある。私は子供達を連れて、吾野〜八徳〜高山不動〜関八州へ、12時に待ち合わせでどっちが先に到着するかと言っても嫁のスタートは朝7時間私は9時スタート私は12時15分ほど前に到着嫁は12時ジャストに到着した。CT:545分を5時間ジャストで到着したので、55%以下で走ってるのか!?俺足し算間違えたかな…しかも割と嫁は軽々とたどり着いていたのが驚きだった。もう少し苦戦してくると思ったんだけどね。そのあと飯盛峠までグリーンラインとトレイルのクロスで追走これで今まで走ったことのなかった区間を全部埋めたのでFT50全区間の試走が完了多分頭の中で全体がイメージできたんじゃないだろうか。ちなみに今回FT50ではスタート直後のどこかで子供達とリスの格好をして交通誘導のボラをやっています。その後何処かで私設エイドをやってる予定です。

      55
      テーマ:
  • 30 Sep
    • mtsnランキング

      今年唯一完走したロングレースの山田の結果がmtsnに掲載されていたので登録mtsnランキング198位までジャンプアップ!去年のFTRのポイントが大きかったなぁおんたけ完走出来なかったから今年はこれで打ち止めやっぱり100kmレースが1番水を得た距離な気がする。正確には皆んなが眠気でへばって来る30時間位のレースならまだ攻め込める気がする。来年は何に出ようかな

      24
      2
      テーマ:
  • 29 Sep
    • 月例赤羽入賞!!

      入賞!!!人生初の入賞かも知れない!!総合4位/25人中カテゴリー3位/6人中(^_^;)娘は14位/31人中親子共々まだまだ半分くらいの位置です(^_^;)

      16
      テーマ:
  • 26 Sep
    • 2kmレース

      月例赤羽に出てきました。1番苦手なショートレースロード2km俺は6分51秒PB 総合4位(年代別なら2位か3位)娘はワラーチで9分25秒PBキツイ!!正直体へのダメージは100km走ったのと変わらないくらいダメージがある。2kmで7分ギリは初めてだったので体のあちこちに負担が大きい。そして完全にペースがおかしいスタート直後に2分50秒/km、完全にトップに巻き込まれてている。ゴール後ふらふらするし色々な普段踏ん張らない筋力を使ったのであちこちが痛い、肩、アゴ、頭…娘もついに9分30秒の壁をあっさりと破っている。まだまだ伸び代がある

      28
      テーマ:
  • 15 Sep
    • 上州武尊山スカイビュー・ウルトラトレイル

      上州武尊山スカイビュー・ウルトラトレイル山田昇メモリアルカップ正式名が長すぎる大会の感想超長いです。小説読むくらいの覚悟で読んでください。距離129km 累積標高9200m 制限時間34時間累積標高だけで言えば、日本で1番厳しい大会(TJAR除く)大小合わせて11のピークハントをするというコース設定で一つのピークだけでショートレースなら構成可能なんじゃ無いかという感度以下行程図を見ながら読んでいただければと思う。1ピーク目:剣ヶ峰(高低差1400m)正直最初の剣ヶ峰は全体から考えたら1番キツイのだろうが、基本通常使われている登山道なので土も踏み固められていて、1ピーク目だから足もオールクリアで、苦戦した人も少ないのでは無いだろうか。2Aまでに制限時間のバッファをかなり作ったので、この時点で完走自体は厳しく無いと認識した。この区間でTJAR4連覇の望月選手とすれ違う。俺が20km行く間に30km走っているとか超人すぎる。2ピーク目:宝台樹スキー場(高低差400m)2Aを出てすぐに宝台樹スキー場のゲレンデを登ることに、スキーヤーだった20代の頃毎週通っていたゲレンデを滑るのではなく登ることになるとは思わなかった。スキー場の登りは面白みが無い。ただここは初心者向けのメインストリートとも言うべきコースなので、いうほどの厳しさは無いが単調なので我慢が必要。ループして武尊山に戻るので、ここから武尊山に向かうコースで沢山の知り合いとすれ違うことができた。トレランのコースとしてはすれ違いは珍しい。3ピーク目:武尊山(高低差1100m)ここからが地獄の入口だった。基本トレランの大会は一般登山道とロードを繋ぎ合わせて作られていることが多い。山田昇の恐ろしいところは、新しい登山道を開拓するところ…(国定じゃないから出来るんだろうな)道が出来てるんだろ?って思うだろうが、切り開かれたばかりの道は足場も悪いし笹やぶを切っただけなので、足元も竹槍の様に尖っているので座ることも出来ないし角度が悪ければトレランシューズ程度では貫通してしまうだろう。実際に新品の靴がボロボロになった。(ドロップバックに別の靴を入れておいて正解)もうこの時点で足は完全に売り切れ1100mの登り返しの間に何度立ち止まり竹槍の刺さらない木の上で座り込んだか分からない…やっと山頂に着いたが山頂で座り込んで動けなかった。ここからの山道は景色も良くて最高の気分になれるエリアだった。地獄の後のご褒美といった感じだった。ただ武尊山の下りはトレランの人は苦戦したと思う。トレランはちょっとした段差はジャンプで降りるのだが、ここはジャンプしたら滑落する。三点支持をしながら降りていくのだが、出来ない人はもたもたするので渋滞が起こっていた。こればっかりは練習しないと出来ない。4、5ピーク目:西山(尾瀬岩鞍)(高低差400m、250m)西山は尾瀬岩鞍のスキー場にあるゲレンデの一部、尾瀬岩鞍の中でも1番奥地にある場所でスキー競技でもよく使われる場所、いわゆる上級者コース30度〜40度の壁の様なゲレンデを登らなければならない。登ったら今度は降らなければならない。正直ここで嫌になって4Aで64人がリタイアしていた。簡単に言えば1割がリタイア(多分これは2Aかもしれない)6ピーク目:片品村の里山(高低差400m)片品村は群馬の中でも1番奥深いところにある集落なので、最寄りのインターからでも50kmくらいあった気がする。そんな集落の間を抜けて里山を登ったのだが記憶に薄い…疲弊していてただただ前に進んだだけのエリアこの区間でのリタイア46人7ピーク目:オグナ武尊スキー場(高低差650m)急登な整備の甘い里山を登らされるエリアで、ただ地獄だった。長く苦しい区間で、完全に日も暮れて真っ暗な中をスキー場のゲレンデを下ってきた事だけは覚えている。5Aで長めに15分休憩を取ってドロップバックから装備品を取り出して半袖から長袖着替えて、夜に備える事にした。ここからはポールが使用可能な区間になるのでドロップバックに入れておいたポールを出す。食料を食べようとするが、この時点で完全に胃腸が終わっていて、オニギリを食べたのだが嘔吐する…固形物が一切受け付けないのでドロップバックに固形物はすべて置いていった。この先はジェルとドリンクだけでエネルギー補給を行う事になる。この区間での区間のリタイア49人里山に出るとどうしても心が折れてリタイアしたのが容易に想像出来る。8ピーク目:特に名前の無い里山(高低差200m)5Aでかなり立て直して、足もかなり回復したのでスイスイといけたエリア、60kmの選手ともすれ違うがスイーパーに追走される人が多かった。ここですれ違った女性が60kmのラストランナーだったようだ。距離も短く、足がフレッシュなら全行程走れるピークという感想あまり人とも会わない時間も増えてきて寂しいので歌を歌いながらルンルン気分で走っていた。曲はBzの『alone』9、10ピーク目:(高低差600m、400m)てるてる坊主を大量に作ってくれた子供達には言えなかったが、この辺りで霧雨が降ってきていた。1200m程度とはいえ雨の中で山に入るのは怖かったので雨具を出す。雨の流れ落ちてくる川を登る様なコースだった。足はすでに終わっていて歩くのが精一杯だった。W3でチェックポイントがあって、その時点の順位が77位だと知る。割と前の方にいるんだという事が判った。そして時間も夜中に差し掛かっていたので眠気でダウンする人も増えてきた。正直ここからが普段ナイトトレイルを得意としている俺の本領発揮という感じだったが足はかなり終わり胃痛も酷かったがW3でライトの電池を入れ替えて光量を上げて先に進んだのだがこれがかなり効果的だった。頭の中では1人抜くたびにカウントダウンをして順位を数えていった。団子状態の集団について行って、リズムを貰って、まとめて5人を抜いて先に進んで行った。11ピーク目:田代山外輪(高低差800m)最後の敵は林道800mアップで距離も10kmもあり濃霧で数m先も見えない。マーキングを探しながらの探索コースとなった。ここも一歩も走ることなく、前にいる人をひたすらパワーウォークでパスしていく。ヘロヘロの人の2倍速位のペースでポールで体を持ち上げて進んだ感じだった。正直ダラダラ駆け足をしている人は無駄な体力を使っている様に見えた。W4は無人で水だけが置かれていた。ここでペットボトルを丸ごとチェンジするだけで先を急いだ。ゴールまで…最後は下り基調とはいえ10〜20m位のアップダウンはかなりの回数が続いた。前との距離を離されないように振り絞ってついて行った。マグネシウムを多めに摂取して足攣りだけは気をつけて、胃痛で吐きそうになりながらもジェルやコーラで、高速で体のエネルギーを補給をしながらラスト10km地点までにある程度体にエネルギーを行き渡らせた。ラスト9kmの看板を見た瞬間から、頭のスイッチを切ってラストスパートを掛け始める。前方にライトを見つけたらそこまで猛追して、抜いた後追走されないように完全に相手の鈴の音が聞こえなくなるまで走り抜ける。すると前にまたライトが見えるのでそこまでの猛追、ひたすらこれを繰り返す。皆すでに限界なのは同じだった。結果7Aからゴールまでで23人抜きする。最後は劇下りで足も終わり滑る泥の坂道をポールで体を抑えてブレーキをかけながら駆け下りていった。ここで手の皮がズル剥け…降っている途中でペースからのゴール予測は6時半程度だったのを覚えている。そこでなんのスイッチが入ったのかさらにペースを上げて走っていた。後で時計を見たら3分50秒がトップスピードになっていたのは完全に頭が壊れていた。6時を切れると思い突っ込んでいったのだが、最後の最後でおまけの小トレイル…ボキッと心が折れたね…そこまで追い込んだ走りをしてたので体が一気に悲鳴をあげて、メキメキいいながらゴールまで走り抜けた。ゴール後は、風呂に入りファミレスでご飯を食べて表彰式を見て知り合いのゴールを待ち構えながら昼寝家に帰ってきたらもう気絶するように寝てしまった。胃痛で目が覚めてこれを書き始める。実に恐ろしいレースだったのだが、終わってみれば楽しかったって思えるのが馬鹿だよね。今年のリベンジをしたい人、これを読んでチャレンジしたいと思った人、今年60kmにでて来年出ようと思う人は参考にしてもらえればと思います。

      54
      2
      テーマ:
  • 05 Sep
    • ワラーチ

      話題のワラーチ(今更)VFFは5年前頃から使っているのだがワラーチには興味があったが使っていなかった。今日知人から失敗した素材を分けてもらったので子供用にワラーチを作ってみた。(俺のでは無い)娘は元々フォアフットで走っているので、ワラーチを履かせても違和感なく走っているし、1km位走らせてみたが、『軽いから走り心地がいい!』という使用結果を得られた。今朝も2000m走らせたが、普通の靴よりも軽く走りやすいようで靴でのタイムと変わらなかった。最近の子供は裸足で走るようなことも無いので丁度いい機会なのかもしれない。俺の子供の頃は上履き無くても別に裸足でいいやって過ごしていた気がするが、最近は外も中も必ず靴なのよね。小学校の持久走大会にワラーチで出場は怒られそうなので、月例赤羽かトレランでも使わせてみようかな。

      33
      テーマ:
  • 31 Aug
    • 飯能グルリ

      今週こそちゃんと練習するぞ!※最後に来週開催のトレニックワールドのコース状態を追記しました。意気込んで、21時半飯能駅スタートで暑い真夜中の飯能アルプスに飛び込んできた。序盤昼間の暑さの影響で軽くペースを上げるだけで、汗が一気に吹き出る。背中に積んである水の量は1500mlとペットボトル2本予定としては子の権化まで予定タイムが4時間これで持たせればいいのだが、無いと思うと喉が乾く…洋服が絞れるほどの汗に焦りを隠せない…子の権現に到着したときには1.5リットル消費していた。若干脱水症状の影響で頭が痛い。自動販売機で500mlを買い一気に流し込む。+500mlx3本を背中に背負って出発次の給水所は20km先で5時間後伊豆ヶ岳手前あたりから霧が出てきて涼しくなり走りやすくなるが、その後は豪雨…水たまりを避けることも諦めて直進!ちょっとくらい雨が降ったらいいなって思った思いが強すぎる大雨標高が高めの奥地に比べると風も少なくなったが豪雨の中ずっと突き進む2週連続豪雨の中で山にいる羽目になるとは…日和田山手前で今回初めての人に出逢うトレイルランナーだった。人のこと言えないが雨の中よく来るな…って思ったら知り合いだった。55km12時間ちょっとで足を残して完走累積標高5000m今回のルート飯能駅→伊豆ヶ岳→かば坂→関八州→八徳→ユカデ→北向き地蔵→日和田山→高麗駅来週開催のトレニックワールドの100km&100mileのコースとFTR100逆走のミックスといった感じだろうか。先週あった台風の影響で倒木や枝や落石などがかなり散乱していたりワイヤーなどで危なく怪我をしそうになった。来週までにどの程度整備できるかわからないが、来週レースに参加される方はかなり注意深く進まないとコースロストや怪我などするかもしれない。夜とはいえ今までかなり通い慣れたコースだったが道間違えをしたのでお気をつけください。後トレニックワールドのマーキングがかなりあったのだが方向がイマイチ不明確でルートトレースしてみたのだが気がつくとマーキングロストしたりした。誘導の数も少ないと思うので出場者は地図必携で迷ったら確認したほうがいいです。

      35
      テーマ:
  • 19 Jul
    • 来年こそ100マイラー

      無事に帰ってきました。朝方リタイアしてから、荷物を知人の車の中に入れてしまったので知人が戻ってくる17時半まで風呂にも入れず着替えもできずボッーっとしながらみんなのゴールを待っていました。みんなが苦しくても最高の笑顔でゴールをしているのを見て「おめでとう!」と言いながら、自分が負けた事による悔しさがどんどん強くなりおめでとうと言いながら涙が本当に出てきた。俺は何故あんな所でリタイアしたのか…悔しさばかりがこみ上げて来る。嫁に連絡して「来年もう一度チャレンジさせてくれ」と頼んだ。行く前は、来年はもっと楽しいゆるいスイーツマラソンとか出るんだ。とか言ってたが、来年への課題ができてしまった。こんなに死ぬほど悔しい思いは2度としたくない。ゴールしたみんなの素晴らしい笑顔で来年は俺もこんな笑顔でゴールしたいとい気持ちが強くなった。関門1秒前でも泥臭くても死ぬまで諦めない心の強さが欲しい…

      46
      テーマ:
  • 17 Jul
  • 14 Jul
    • グレートトラバース

      田中陽希のグレートトラバースに以前エピソードを送って掲載されたという話は書いたと思うがその時の商品としてポストカードが以前届いていたのだが再び手書きのポストカードとグレートトラバース2の本が届いた。本の中にもサインが書かれていた…DVD発売記念にまたポストカード1000枚にサインをしているらしいのだけど、凄い精神力…後でありがたく読ませてもらいます。

      38
      テーマ:
  • 12 Jul
    • 今週末はおんたけ100マイル

      いよいよ今週末は、おんたけ100km&100マイルですね。かなり参加される方も多いと思います。嫁の応援ばかりで自身のレースは滅多に出ないのですが、今回は珍しく出ます。(レース数だけだったら嫁の方が多い…)もう数ヶ月前からこのレースをクリックしたことを100回くらい後悔して、胃がキリキリしている毎日を過ごしております。練習内容もかなり迷走に迷走を繰り返しておりますがやれることはやりつくした感じでしょうか…数年前14時間切って走るのがギリギリだったがあれからかなり練習内容も濃厚になり少しはパワーアップしていると思っています。ここ2週間は残課題のポールワークをひたすらしてました。(もう少し前から始めればよかった…)100マイルに出場予定でゼッケン番号  89(吐く)胃痛で、まさに道端で吐いていたらゲキを飛ばしていただければと思います。全く余裕が無いのでリスの仮装しておりませんし家族の応援もないので見つけにくいとは思いますがスタート前にも皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

      29
      2
      テーマ:
  • 03 Jul
    • 怪我

      TRTが終わってから家に帰ってきて違和感のある足を見てもらうために行きつけの病院へ捻挫じゃねーな!と足をグリグリやられてかなり奥まで針を数本刺されてさらにグリグリ全身から汗が吹き出てきた。10痛いが1痛い位にまで収まっている。痛いよりも痛かった違和感が残っている感じちょっと安静にしていよう…俺が病院へ行っている間に嫁と娘がジョギングに⒏5km走ってきたらしい…暑いのによく走るな…帰ってきてから公園行ってのんびり過ごす。気がついたら敷物に寝転がって寝ていたら家族が全員居ない…おいて帰られた…と思ったらその辺に買い物に行ってたらしい。のんびりした1日でした。

      31
      テーマ:
  • 02 Jul
    • TRT終了

      高尾山ラウンドトレイル終了35km累積標高2200m今回から1号路の激坂登りから稲荷に降りる逆走パターンを取り入れてみた。足へのダメージ3割り増し!山頂までのダッシュ練かなりキツイです。今日も眠らない山には常に人がいました。蛾を採取する人たちの数がパネェっすよ(^_^;)全部で10人くらいはいたんじゃ無いかな謎のイラン人が集団でいたり山頂では若者たちがワイワイやっていたりやんちゃな子たちがライトも持たないで登っていたりと多種多様でした。

      18
      テーマ:
  • 01 Jul
    • 月刊走距離

      今月は何かと山に入るタイミングが少なかったので総距離:160km累積標高:6600mかなり低めの数字になってしまった。今月はついに、今まで死ぬ思いで向き合ってきたおんたけ100マイル自分にどれだけ直向きに向き合えたかが試されるレース練習距離を誤魔化したって、サボったってこのレースの結果で全てが出る。怖い…残り半月この恐怖に向き合うことができるだろうか?

      25
      テーマ:
  • 30 Jun
    • TJAR出場者決定

      TJAR2016 選手選考会の結果が発表されました。出場者を確認してみると知り合いが2名出場することになっている!しかも1人は女性確かにUTMF30時間で走りきる猛者だけあってこういった世界にヒョイっととびこめるのがすごくうらやましい。遥か彼方の別世界の話に思えていたのに…今年んTJARは目が離せません!!6月24日~25日に開催された選手選考会の結果、20名の選手が選考会を通過しました。しかし、20名の選手から1名出場辞退者が出たため、選考会のスタッフを勤めた前回完走者11名と合わせると、出場者がちょうど定員の30名となったため、7月2日に予定されていた「TJAR2016 本戦出場選手決定抽選会」は中止となりました。http://www.tjar.jp/2016/info/2016/06/28213122.html

      25
      テーマ:
  • 29 Jun
    • 週末はTRT

      もうロードを走るとお前は怪我する!ってロード神様に言われた気がするので、今週末は大人しくTRTでもやってます。誰かのペースに合わせるんじゃなくて黙々淡々やってます。仕事上がってから始発までかな

      30
      テーマ:
  • 28 Jun
    • 負傷か!?

      昨日数ヶ月ぶりにちゃんとロードを走りました。ジョグレベルでは走っていてもちゃんと走るって久しぶり気がついたことは、走り方を忘れている(^_^;)手と足が連動しないのねビックリしたわ。15km 71分うーん、汗だく…そして足裏が激痛…なんかやっちゃってる感じ…ロード硬いんだよ…やばいやばいぞ!!

      25
      テーマ:
  • 27 Jun
    • DNF

      金曜日に行った100kmランニングat彩湖なのだが52kmでダウンしてしまった。何だか気持ちが前を向かず動けなくなってしまった。おんたけ100マイルが待ち構えているのにココでストップするわけにはいかない…なんとかしなければならないのだが…何をすればいいのだろうか…

      31
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 月例赤羽

      娘と月例赤羽に出てきました。あ、俺は出てないから娘が出てきましたが正しい(^_^;)スタートで後ろの子供に押されて転倒して出遅れて最後尾から泣きながらのスタートそれでもかなり巻き返して走っていたがそれでも11分くらいだったんじゃ無いかな最後怪我の具合が気になってストップウォッチ止めるの忘れてたわ…広範囲での擦り傷で痛々しいです嫁は土手ダッシュ

      27
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 今夜は100km

      今夜は彩湖ぐるぐるスタートは21時~制限時間は12時間目標は22周100km反時計回りで回ってます。ペースは1km6分~6分半位(1km7分ちょっとで走れば12時間100km)集合場所は彩湖の橋の所画像のビックリマークの場所ね天気が悪くなければテントを持ってファミリーで行きます。「現時点での参加者」小林水角さん江西さん(仮)加藤さん(差し入れのみ)美濃島さん(21時~24時)小峰さん(何周かだけ)松澤さん(朝方チャリンコ)北島良子さん(朝方)

      30
      テーマ:

プロフィール

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。