秩父宮記念スポーツ博物館(東京都新宿区)は15日、展示していた1896年のアテネ五輪の優勝メダルが盗まれた可能性があるとして、警視庁四谷署に盗難届を出した。

 同博物館によると、メダルはドイツのヘルマン・ヴィンゲルトナー選手が体操競技の鉄棒種目で優勝し、獲得したもので、日本人で初めて「体操・個人総合」で優勝した遠藤幸雄選手を通じて寄贈された。

 優勝メダルは館内のガラスケースの中に他のメダルなどと一緒に展示されていたが、14日午前11時半ごろに見回り点検したところ、優勝メダルだけがなくなっていたという。この日は午前9時半に開館していた。

 ガラスケースは施錠していたが、吸盤などを使えば上部のガラスが持ち上がる構造だった。防犯カメラは設置していなかった。

【関連記事】
捜査車両にバックで突撃 4人乗り盗難車で逃走の中3逮捕 
車内から現金310万円など盗難 名古屋のコインパーキング
両替用の400万円盗難 愛知・刈谷のパチンコ店
5日間で3度目…連続キャベツ盗難 茨城・境
鳥取で橋の銘板の盗難相次ぐ 転売目的か

<日米密約>再持ち込み容認「会談録案」 69年外務省作成(毎日新聞)
高校無償化法案が衆院通過=子ども手当法案も(時事通信)
海外からの投資をめぐる北朝鮮の錯覚
<チリ大地震>津波注意報で避難10%…海岸から1キロ内(毎日新聞)
鳩山邦夫氏、GW前の新党結成を表明(産経新聞)
AD