鳥取県内で起きた連続不審死で、鳥取地検は18日、鳥取市の自営業、円山秀樹さん(当時57歳)から購入した商品の代金の支払いを免れるため円山さんを殺害したとして、同市の元ホステス、上田美由紀容疑者(36)を強盗殺人罪で起訴した。県警捜査本部は、同県若桜町のトラック運転手、矢部和実さん(同47歳)に対する強盗殺人容疑でも捜査している。

 起訴状によると、上田被告は、電化製品12点の代金計約123万円の支払いを免れるため、昨年10月6日午前8時半~同9時半の間に鳥取市内で円山さんに睡眠薬等を服用させて意識もうろう状態にし、同10時20~50分の間に同市内の川でおぼれさせて窒息死させたとしている。地検は認否を明らかにしていないが、否認しているとみられる。

 地検の北佳子次席は「証拠をさまざまな角度から検証した結果、第三者との共謀はない」と話した。

【関連ニュース】
鳥取連続不審死:運転手遺体発見現場の海岸捜索
鳥取連続不審死:被害者の車に容疑者の指紋 殺害前付着か
鳥取不審死:矢部さんの事件も強盗殺人容疑での立件へ
鳥取不審死:殺害前日に誓約書 円山さんの事務所に残る
鳥取不審死:円山さん 殺害前日に上田容疑者に3度電話

<自殺>交通事故との因果関係認定…福岡地裁が賠償命令(毎日新聞)
【日本人とこころ】岩崎弥太郎と志(下)事業は国家社会への貢献(産経新聞)
五輪フィギュア 高橋選手の母校で後輩ら応援 岡山(毎日新聞)
仕分け第2弾へ意見募集(時事通信)
治療日数を約3倍に水増し 詐欺容疑で柔道整復師ら再逮捕 (産経新聞)
AD