民主党の樽床伸二国対委員長は11日午前の国対正副委員長会議で、最終盤の国会対応について「きちっと『終わり良ければすべてよし』、こういう決意であとわずか、全力でがんばりたい」と述べた。

 会期末を迎えて結束を呼びかけたものだが、会期延長をめぐって民主、国民新党が対立、亀井静香代表が郵政改革関連法案の今国会成立が期すとした連立合意が守られないことを理由に郵政改革・金融相を辞任したばかり。不用意な発言とも受けとめられそうだ。

 樽床氏の決意表明に対し、副幹事長から「よし!」のかけ声も上がっていた。

【関連記事】
樽床国対委員長、会期延長「参院の意見を最大限尊重」
樽床国対委員長「会期延長は総合的に判断する」
亀井氏が閣僚辞任 後任は自見氏起用へ 参院選は7月11日投開票確実
菅首相、亀井氏辞任表明の際「ぐっすり寝ていた」 
どうなる郵政法案 国会会期・参院選日程に翻弄
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

はやぶさ 7年、60億キロ…世界初の旅終え帰還(毎日新聞)
「メンフィス」が4冠=D・ワシントンは主演男優賞―米トニー賞(時事通信)
<トド>白い赤ちゃん誕生 国内初か 北海道・おたる水族館(毎日新聞)
オウム進出阻止に700人=新拠点警戒、住民集会―東京・足立区(時事通信)
67歳独居男性殺害か=首にひも―長野県警(時事通信)
AD