■吉山勇樹・著書一覧

書籍一覧はコチラをクリック!


◆コミックでわかる 残業ゼロのダンドリ仕事術(KADOKAWA)

◆紙一枚とマトリクスでできる思考の片づけ(KADOKAWA/中経出版)

◆「バタバタしない」技術(PHP文庫)

◆1日5分でOK!ダンドリ整理術(成美文庫)

◆シゴトダイエットのススメ(明日香出版社)

◆今を変えるための 気づきの手帳(あさ出版)

◆入社3年目から伸びる人の習慣(PHP研究所)

◆20代のノート~失敗して、恥をかいて、苦しみながら、つかみ取った31の「成長法則」~(WAVE出版)

◆毎月目標達成!3倍稼ぐ 営業ダンドリ術(明日香出版社)

◆ダメなパターンから抜け出すためのちいさな工夫(サンクチュアリ出版)

◆残業ゼロ!チームの成果を3倍UPする 課長のダンドリ・リーダー術
(明日香出版社)


◆25歳からの仕事のルール(明日香出版社)

◆仕事のダンドリの基本とコツ(学習研究社)

◆あたりまえだけどなかなかできない25歳からのルール(明日香出版社)


◆残業ゼロ時代のサバイバル仕事術(講談社)

◆先手必勝!仕事を3倍速くするサキヨミ仕事術(明日香出版社)

◆残業ゼロ! 仕事が3倍速くなるダンドリ仕事術(明日香出版社)

◆アウトプットが10倍増える! スピード段取り術(東洋経済新報社)

◆段取り力がたった10日間で自然に身につく!ダンドリル(小学館)

◆絶妙な「段取り」の技術(明日香出版社)

◆なぜ、ダンドリ上手は仕事も恋も成功させるか(PHP研究所)

◆残業ゼロ!仕事が3倍速くなるダンドリ仕事術
(中国語翻訳版)(三悦文化)

◆先手必勝!仕事を3倍速くするサキヨミ仕事術
(中国語翻訳版)(東販出版)


◆絶妙な「段取り」の技術(中国語翻訳版)(台湾・商周出版)

◆あたりまえだけどなかなかできない25歳からのルール(韓国語翻訳版)(YEMUN)

◆脱・時間に追われる自分!ゆとりが生まれる時間術
(日本能率協会マネジメントセンター)


◆自分が変わる ! 30のダンドリ術(日本能率協会マネジメントセンター)




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年07月11日

PHP The21に登場

テーマ:メディア・記事掲載

働き方改革の推進に向けた、本質的議論、本質的施策の実行が弊社にもたくさんご相談として寄せられています。

 

これだけは言えることですが、
現場を無視した単なる旗振りでは必ず失敗します。

 

生産性向上、効率化、残業削減、ワークライフバランスと、働き方改革という概念にスポットが当たる前から業界や職種を超えて企業のサポートをさせて頂いて蓄積してきたデータベースやノウハウが今さらに活用できていると実感しています。

 

そんな中、時短術の特集を組まれているPHP THE21最新号に登場しています。

 

 

時短のためのスケジュール術として「業務分解の手法」や「あらたな優先順位設定術」などを語らせて頂きました。

 

関連して、8月30日にはSMBCコンサルティングさんの企画で、

働き方改革 ~実践事例と失敗しないためのコツ~
という無料セミナーを開催します。ぜひご参加ください♪

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年06月10日

日経ウーマン別冊付録「仕事が速い女性の時間のルール」に登場

テーマ:日々のできごと

 

 

日経ウーマン別冊付録「仕事が速い女性の時間のルール」に登場しています。

オンライン版ではこちらの書籍をフィーチャー頂いた連載が計5回続いており、常にTOPPVを叩きだしていたようで、あらためてマンガのチカラを痛感しましたが、今回の付録もマンガで時間の重要性を伝えるという特集となっています。

 


今回は時短のための省力化について語っています。


ここ最近、働き方改革関連の講演やコンサルティング案件が増えておりますが、実に、「働かせ方改革」にならないためのポイントについて、まとめています。形骸化してしまったプレミアム●ライデーのようにならないように、改革を推進するためのポイントは一挙に公開して参りたいと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年05月15日

日経ビジネスアソシエ最新号・特別付録を監修!

テーマ:メディア・記事掲載

日経ビジネスアソシエ最新号、今回は特別付録『サキヨミ力の強化書』を企画監修させて頂きました🙌

巻頭特集の段取りに通じる先読みのチカラ。

過去の拙著から
✔︎基本テクニック
✔︎リスクマネジメント
✔︎思考・アイデア
✔︎サキヨミワークシート
の4項目に分けまとめさせて頂きました。

付録とはいえ数十ページのボリューム。
全国のコンビニや書店でぜひご笑覧ください

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年05月11日

新連載開始:日経ウーマンオンライン【マンガ】「時間がない」がなくなる仕事の進め方

テーマ:はじめての方へ

昨日より日経ウーマンオンラインにて【マンガ】「時間がない」がなくなる仕事の進め方 という連載を開始しました。早速1位を獲得して驚いています。(マンガのコンテンツ力!)

 

今や当たり前になっていますが、自分自身、三足・四足のわらじを履きながらここまで15年ほどやってきています。並行して案件を進め、仕事と私生活を両立させたりシナジーを創出するためには当然ながら時間管理=行動管理が求められます。働き方改革が叫ばれるご時世、企業の副業規定の改定をはじめ、組織に属しながらも、インディペンデントコントラクター(個人事業主)として副業と両立させる人がさらに増えてくるでしょう。その他、介護問題、子育てなど、QOLの実現に向けて個人も組織もこの問題には生き残りをかけて向き合わないと行けないフェーズはもうとっくに来ているということです。本連載自体は読みやすいマンガ仕立てですが、これからも自身の生き方と並行したライフワークとして取り組んで行きたいテーマです。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年03月06日

時間管理についての記事掲載

テーマ:メディア・記事掲載

日研トータルソーシング株式会社発行の月刊社内報、Link ageにて、
時間管理についてのインタビュー掲載を頂きました。


各企業にお邪魔していて気づかされるのが、それぞれの仕事術を共有する機会がないことです。本誌面では、社内における優良事例のご紹介を通じ、昨今の時間管理や効率化、残業削減へ向けたアクションが分かりやすく共有されていました。

組織が大きくなるにつれて、錯綜する情報ですが、あらためて社内報というツールを通じた共有の図り方、なかでも社員自らが主役となっている誌面作りについては、共感を覚えました。

 



いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年02月01日

新刊コミック版ダンドリ仕事術、特集ページを開設。

テーマ:日々のできごと


各社の残業問題が社会問題化する中で、働き方改革や生産性向上、残業削減へむけた効率化の波が大きく各組織に押し寄せています。
 
弊社でも例年に増してご相談の機会が一気に増えている昨今です。
 
先日リリースしました新刊の特集ページが開設されました!

なぜコミック版を書くことになったのか?
なぜダンドリ力が必要なのか?
あらためて、インタビュー形式でまとめてもらいましたので、ご笑覧ください。

特集ページはコチラ
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年01月30日

【新刊】初のビジネスコミックをリリース!

テーマ:日々のできごと


これまで単独著作19冊、その内海外翻訳化されたのが6冊。
そして共著が8冊。累計部数がまもなく3桁万冊に達しようという中、
累計20冊目となる単独著作を先週金曜日にリリースしました。

実は初の試みとしての漫画化、ビジネスコミックという形でのリリース。
マンガ製作は右も左も分からない中、原作者として本作には関わらせて頂きました。

主人公は地方の信用金庫に務める26歳の女性。
彼女が奮起しながらいかに効率よく仕事を進めるかという話の中で、仕事のダンドリの基本のキから少しの応用を解説。
いるのかいらないのか分かりませんが淡い恋物語も一部(笑)

ダンドリだけでは通用しない世の中。アドリブ力を養って行き当たりバッチリ(笑)という人もいますが、ビジネスパーソンには必須となるプラットフォームスキル。

難しく考えずに漫画を通じて気軽に新人若手の皆さんや
それを教える立場にたった上司や先輩が後輩を指南する際に活用する1冊として
ご活用頂けると幸いです。
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年01月08日

とある駐車場で

テーマ:日々のできごと

毎週何度か利用する地下駐車場があります。
そこでは出庫時に守衛室から係の方(60代のマダム)が駐車券を自動精算機にわざわざ入れてくれるというホスピタリティを感じるサービスを提供してくれています。


真夏も極寒の冬も変わらず、丁寧にドライバーの代わりに精算機を操作して下さることで円滑な出庫が実現できています。
なので日頃から「ありがとうございます♪」と感謝の気持ちをお伝えすることはあれど、年末、あるタイミングがあったので、「来年もどうぞ宜しくお願い致します。良いお年をお迎えください。」このようにお声がけをしてみました。
 

するとそのマダムからは、目を丸くされて
「私なんかにお声がけ頂いて恐縮です。」と返ってきました。
 

マダムの中に、お客とサービス提供者という壁があったことは間違いないのですが、誰もが享受すべき「Happy new year」という言葉・キモチ。僕は100%1人の人としてその方にお声がけをしていたことは言うまでもありません。


年末の忙しい時期に貴重な労働力を提供してくださっている方がいるからこそ、快適な休日が過ごせるわけですし、ちょっとしたホスピタリティが、円滑なサービス提供につながり、我々顧客満足につながっているわけです。

一方でその方々にも大切な人や大切な時間が存在しており、何かを犠牲にしつつもサービス提供して頂いているということを消費者としてリマインドさせられた出来事でした。

お客としてサービスを提供される方に接する前に、改めて、人と人という立場で対峙していきたいと思わされたと同時にWe are ladies and gentlemen, serving ladies and gentlemen.というフレーズが頭の中を何度も回想しました。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年12月17日

息子へのお弁当作り

テーマ:日々のできごと

アーカイブ整理をしているとこの数か月で愛息のために早起きして作ってきたお弁当の数に我ながら驚き。


そんな彼もそろそろ冬休み突入です。

お弁当作りだけではなく、学校の送迎に塾、習い事の送迎、さらには毎朝の反復でのプリント演習からテストのフィードバックを受けた対策、そして無論、外遊びやお買い物に観光まで・・・。

今年5月に初めて男2人で1週間の海外旅行をして以降、
着実に息子と2人での時間が増えていることは間違いありません。

先日発表した海外のビッグプロジェクトほか、複数プロジェクトの中で東西海外反復横跳びしながらどうにか継続できました。効率化やダンドリを語る自分自身に対してもこれは今年1番評価してあげても良いなーと思っています(笑)

 

世間のパパさんにもできるって自信を持ってもらいたい、そう思います。
タダでは済ませたくないので本でも出しますか(笑)
 



 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年11月27日

シャンパーニュ騎士団・オフィシエへ昇格叙任

テーマ:日々のできごと



シャンパーニュ騎士団とは1656年、ルイ14世の宮廷グルメとして知られる貴族たちによって設立されたシャンパンの愛好団体。
350年以上の歴史を持ち、フランスのなかで最も由緒ある騎士団のひとつとされています。

「ハレの日だからシャンパーニュを飲むのではなく、シャンパーニュを飲むからハレの日になる・・・」
そう思って23歳の頃から毎日シャンパーニュに接することができるように精進してきました。
最初は経済的にも毎日飲めるわけもなくスパークリングワインでごまかしながら、仕事の頑張りと共に徐々にその頻度を上げていくことができました。

2012年に仏・シャンパーニュ委員会(C.I.V.C)から唯一の推薦を頂き、当時最年少でシュヴァリエ(騎士)の称号を叙任しました。
その後も生きていく上でのモチベーションリソースであり、QOL(生活の質)を高めるための最高のコミュニケーションツールとして国内のインポーター様や本国の作り手の皆さんと数々のイベントやパーティをプロデュースさせて頂き、シャンパーニュの良さを少しでも啓蒙したいという思いの元、ここまでやってきました。

結果として、2016年11月24日京都で開催された叙任式にて、オフィシエ(将校)へと昇格叙任を頂きました。また光栄なことにナポレオン皇帝が寵愛し、KRUG創業者のヨーゼフ・クリュッグが修行したメゾンとしても語り継がれるJAQUESSON(ジャクソン)からの推薦叙任となりました。ミュズレ(王冠)やキャップシール、苗木の仕立て方や糖分測定法の確立など今日のシャンパーニュの礎を築いたシャンパーニュハウスとしても有名です。このような由緒あるメゾンからの叙任は身に余る光栄であり、さらなるシャンパーニュ愛への活力となったことは言うまでもありません。

 

先日新たな年齢を迎え、早々にこのようなスタートが切れていることに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。