平成27年度コーポレートフェローシップ事業成果報告会でした。


NECソリューションイノベーター (株)石崎浩太郎さんには、フェローとしてふるさと広島を遠く離れて、雪の鯖江で3ヶ月にわたってお勤めていただいたこと、本当にありがとうございました。


行政はどうしても縦割りで、現場優先の視点が希薄になりがちです。


また、職員もルーチンワークに追われ、どうしても自分の目先の仕事に追われてしまっています




石崎さんは、その点を鋭く見抜かれて、子育て支援センター、児童福祉課、健康課など(保育所、幼稚園、情報統計課)、自ら足を運んでいただいて職員との意見交換をされたり、100人ものお母さん方のアンケートをとっていただくなど、内部の職員ができないことを迅速にやっていただきました。


行動力と大企業の最前線で活躍されている仕事ぶり感心と感動でした。

短期間に、課題の発見、ニーズの調査、そして、内部で持続できる情報発信の取り組み構築など、方向性を定め継続性にも視点をおいて情報サイト、アプリをまとめていただきました。


市では、まち・ひと・しごと創生総合戦略で基本目標に「若くて元気なまちの創造」、基本施策「安心して、結婚、出産、子育てができるまち」を掲げています。


そして、新年度からはアイアイさばえに「子育て世代包括支援センター」を設置するとともに、西山にある「子育て支援センター」の事業も充実させ、各地区の子育て支援ネットワーク委員会の皆さん、健康づくり推進員さん、丹南病院をはじめとする産科医院などと連携し、オール鯖江で、妊娠、出産から子育てまでを全力でサポートしていきたいと考えています。


今回の提案取り組みは、大変大きな重要な第一歩となりました

石崎さんには、この3ヶ月、ホテル住まいで、途中は、福岡、東京、広島とゆっくり、体を休める時間も無かったかと思います。お疲れ様です。ありがとうございました。



そして、NECソリューションイノベータ株式会社 代表取締役執行役員社長 毛利隆重さま

Code For Japan代表理事 関治之さま、合同会社フィラメント代表 角 勝さま、Code For Sabae代表、jig.jp社長 福野泰介さまにもご出席いただきました。


それぞれの皆様から、ご意見、お提言をいただき感謝申し上げます。


地域ぐるみでの子育て環境整備は、どこの自治体も大きな課題横展開でき自治体モデルが目標です。


「オール鯖江」地域ぐるみでの、妊娠、出産から子育てまでをサポートできるアプリの開発も夢ではないように思います。


皆様本当にありがとうございました



にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。


皆様の応援が励み”1日1回、応援クリック”何卒よろしくお願いします。

ラブラブ ダウン ダウン

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ



AD