史上最年少でプロの囲碁棋士となった小学6年生、藤沢里菜初段(11)が24日、東京・市ヶ谷の日本棋院でプロ初対局に臨んだ。

テレビ早碁棋戦で、相手は堀本満成二段(20)。積極的な打ち回しを見せたが、140手まで先番中押しで敗れ、ほろ苦いデビュー戦となった。

藤沢初段はチェック模様のブラウスにスニーカー姿。対局後、「いつもと同じ気持ちで対局しようと思っていた。序盤は良かった、その後が悪かった。少し悔しい」と話していた。

日本棋院の対局日は月曜と木曜が基本となっており、この日は学校を休んで対局。これからも対局日は休むことになる。

修正、現行アセス範囲内で=米側が要求―普天間移設(時事通信)
仕分けは経営介入か? 尾立氏「社内対立に入っちゃった」と困惑(産経新聞)
<将棋>文部科学相と総務相にアマ五段免状(毎日新聞)
花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発-産総研など
e-とちぎ、子供のケータイ利用に関する相談会を開催
AD