ホメシカ先生のひとりごと

ホメシカ理論の創始者「ほめる」「叱る」のスペシャリスト『ホメシカ先生』がつぶやきます!

ホメシカ先生のセミナーは、コチラ ⇩


【5/23 福岡開催】 管理職・リーダー対象 『みるみる動く!今どき部下の育て方』


     http://ae-kenshu.com/seminar/2017/05/523-1.html


【5/16 東京開催】 医療者・介護職対象 新人職員の指導に役立つセミナー『新人指導者研修』


     http://www.eventbook.jp/join/2543



【6/22 福岡開催】 医療者・介護職対象 新人職員の指導に役立つセミナー『新人指導者研修』 


     http://ae-kenshu.com/seminar/2017/06/622.html



真のコーチになる講座     【ICCコーチ養成スクール】 福岡72期 

 

     http://animate-e.com/iamcoach/icc/  


テーマ:

今年は桜の開花が遅く、ようやく見頃となってきた福岡。ただ週末にかけて天気があまり良くないらしく、なんとかもってほしいものです。

 

 

さて先日より福岡・九州の経営者・ビジネスリーダー向け
ビジネス情報サイト「BizFUKUOKA WEB PRESS」にて、『○○な部下をどう育てる!?』と題した連載を執筆中です。

 

第1回では、耳にするようになって久しい「ゆとり世代」にあたる新人社員の特徴を中心に、部下との向き合い方から、指導の中で一番難しいとされる「叱り方」について触れています。

リンクはこちらから↓

http://www.bizfukuoka.com/company/feature_kiji.html?cid=191&fid=233

 

新人社員が入社する季節、部下育成に意気込む方、はたまた不安を抱えている方、それぞれいる思います。

 

特に私たちとは大きく環境の異なるゆとり世代に当たる新社員に対しては、行動一つ一つに驚かされたり、こんなこともできないのかと憤慨したりすることもあるかもしれません。

 

ですが、相手の考え方や行動の基本原理を知れば、今まで「なぜ? 」と感じていたことも腑に落ちるもの。

 

そして相手に教えることは、自分へのフィードバックとなります。

 

 

スムーズなコミュニケーションは、相手を理解することから!

部下の「モデル」を目指して欲シカ!

http://www.bizfukuoka.com/company/feature_kiji.html?cid=191&fid=233

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年度がいよいよスタートですね!

 

新社会人のみなさんは、まだまだ右も左も分からないことだらけで、不安ではないかと思います。

 

今日はそんな新社会人の指針となる本の紹介です。

 

 

出版当初より、話題としてよく取り上げられていた「入社1年目の教科書」。仕事術と呼ばれるジャンルの本は枚挙にいとまがありませんが、時間を経てなお本質的で明解な文章は、輝きを失いません。

 

この本では、社会人が仕事をする上で求められるポイントを3つに絞り、驚くほど簡潔に説明しています。

 

 

実際に仕事の現場に出てみると分かりますが、やはり多くの経験を積むことで、知識やスキルは向上するもの。

まずはなんでも積極的に取り組むことがスタートラインです。

 

とはいえ、「暗黙のルール」のような、一足早く社会人になった上司や先輩が無意識に身につけている仕事上の基本というのもあります。

 

なかなか言葉にされないことから、初めは気づきにくいものですが、これらを早く身につけるだけで職場でのやり取りがスムーズにいくもの。

 

初心に戻るという意味でも、しばしば読み返したい1冊です。

社会人1年目以外の方にもオススメ!

 

スタートダッシュ、気持ちよくいきたカ〜〜!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

週末の寒波襲来、九州はちらちらと雪が降る程度でしたが、
ものすごい積雪となったところが多いと思います。

全国女子駅伝は吹雪のなかの激走でしたね・・・!


さて、先日見つけた面白い記事を一つ。

【"芸人再生工場"と呼ばれるサンミュージックお笑い班の育成方法】
http://www.jprime.jp/articles/-/5584

「ゲッツ!」でお馴染みダンディ坂野や、小島よしお、
昨年バラエティ番組で大活躍だった漫才コンビメイプル超合金など、
ユニークなお笑い芸人を輩出しているサンミュージック・GETプロジェクト。

もともとアイドルがメインで所属していたサンミュージック。
そこに副社長の発案で作られたお笑い部門が、GETプロジェクトでした。


部門立ち上げの際、プロモーションの担当として呼ばれたのが当時フリーのお笑いコンビだった「ブッチャーブラザーズ」。


初めは全く鳴かず飛ばずで、事務所のお荷物扱いだったと言います。


ですが、ブッチャーブラザーズのお二人は、
芸人の持っているネタを面白くないと頭ごなしに否定せず、


「なぜそれをやりたいのか」
「その面白さを伝えるにはどうすればいいか」

というところに焦点をおき、「こうするとどうだろう」という
他から見た視点のアドバイスをしているんだとか。


その結果、サンミュージックは、他事務所から戦力外通告を受けた芸人を大ヒットさせる「芸人再生工場」と呼ばれるまでになりました。


土台にある本人の個性や面白さ、というところから、

その魅力をいかに引き出すかという視点は、

マネジメントでも重要なポイントです!


記事では「伝える」という観点でも面白いインタビューとなっていますので、

ぜひ読んで見て欲シカ!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

比較的暖かい日が続くものの、インフルエンザなども流行ってきていますね。

ホメシカは職業柄、特に乾燥しやすいこの時期は喉のケアに注意しています。

 

先日このような記事を読みました。

【言葉を重視する、落合流コミュニケーション術】

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170110-00010000-baseballc-base

 

中日ドラゴンズの落合GMは選手として入団した当初、

自身のプレースタイルを散々酷評されていました。

 

その悔しさをバネに、勝てるスタイルへと自ら更新していったわけですが、

面白いのは、その体験を指導者としてそのまま選手に押し付けなかったことです。

 

もともと選手が持っているプレースタイルにあえて口出ししないというのは

 

「自分は〇〇をして成功した。だから選手も〜〜すべき」

 

という発想ではなく

 

「自分は〇〇をして成功したが、この選手にとってのベストは何だろうか」

 

という意識に基づいたものと言えるでしょう。

 

 

指導者としては、選手とコミュニケーションを取る上で当たり前の姿勢とも思えますが、

 

意外と、「〜〜すべき」「〜〜しなければならない」「〜〜するはず」

という考え方をしていることが多いもの。

 

これでは柔軟なアイデアをブロックしてしまいますね!

 

普段から「べき・はず」思考に陥っていないか、思い出して見て欲シカ!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日こんなニュースが目にとまりました。

 

【高1が涙、道に散乱した紙拾い集め 鴻巣署が感謝状】

http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/01/06/09.html

 

もし道路に大量の紙が散乱していたら、皆さんはどうしますか?

 

思わず見て見ぬふり?少しだけ拾ってみる?

 

おそらくそれらを全て片付けてしまおうと行動に移せる人は少ないと思います。

 

 

埼玉の女子高生が学校帰りに見つけたのは半径3メートルにも渡って散乱していた古紙。

 

一度は見過ごそうとしたものの、やはり気になって戻ってきた彼女はたった一人でゴミを回収し始めます。

 

ですがこれほどまでに大量のゴミを一人で黙々片付けるのは、大の大人でも骨が折れること。

 

実際に署員が駆けつけた時点ですでにゴミ袋3袋分、10キロにもなっていたとか。

 

 

それでも彼女は、普段から部活動の練習前に美化活動を行なっていることから当たり前のこととして取り組んだそうです。

 

自分が散らかした訳でもないゴミを片付けることは、なかなか行動に移せることではありません。

 

やはり日頃から継続して活動することで、培われていく習慣の力はスゴカ!

 

原点に立ち返って、小さなことを積み重ねていきたカ!

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。