※今回、結構長い記事になっておりますので、お時間のある時にどうぞ~。

 

前回、グランドキャニオンの展望台をいくつかご紹介しました。 

 

その展望台のあちこちで、神様がいるかどうか呼びかけをしてみました。 

 

絶対にここには神様がいるはず、と私は思っていたのですが、予想に反して、まったく返事がありません。 

 

一生懸命に呼んでも、誰も何も答えないのです。 

 

あれこれやってみた結果わかったのですが、どうやら観光客がいるこちら側の場所に神様はいないようでした。 

 

そこで今度は、谷底に降りていくトレイルを歩いてみることにしました。 

 

「ブライト・エンジェル・トレイル」と「サウス・カイバブ・トレイル」という2つのトレイルがあるのですが、まずブライト・エンジェル・トレイルを歩きました。 

 

谷底までの〝片道〟所要時間が約8~10時間、標高差は1311メートルというトレイルです。 

 

谷底まで行くのは到底無理なので、1時間程度降りて、1時間半くらいかけて登ることにしました。 

 

後日、歩いたもう一方のほう、サウス・カイバブ・トレイルは、谷底までの〝片道〟所要時間がなんと! 約12~16時間、標高差1433メートルとなっています。 

 

どちらのトレイルも過酷で、年間250人以上の人がレスキューのお世話になっているという情報があります。 

 

これは! 甘くみてはいけない! と、往復で2時間余りという無理のない、安全に歩ける範囲でチャレンジすることにしました。 

 

行きはサクサク降りて行くだけですから楽でしたが、戻る時はものすごい坂道を登ることになります。 

 

もちろんトレイルに柵はなく、道の端は崖のままで……落ちたら大ケガかそれ以上です。 

 

そのような道を歩きながら、また呼びかけをしてみましたが、やっぱり声は聞こえてきません。 

 

まさか、グランドキャニオンには神様がいないとか? 

 

えっ? まさかまさか……本当に空っぽの空間? 

 

と、考えた時に、あ、そうか、〝神様〟と呼びかけたら神様じゃない存在は答えないんだった、と気づき、 「どなたでも結構ですから、答えて下さい」と声をかけてみました。 

 

すると、小人の仙人みたいなおじいさんが出てきました。 

 

お前が思っているような「神様」は、ここにはいない、と言い、「ここにいるのは精霊である」と教えてくれました。 

 

精霊、と言われても、よくわからなかったので、 「セドナでよく見かけた、あの笛を吹いているイラストの……あのようなお方が精霊なのでしょうか?」と聞くと、 

 

「その笛吹きもいる」と言います。

 

 

 

 

※画像はGoogleからお借りしています。

 

 

へぇ〜! そうなんだ! あのイラストはネイティブアメリカンの人が精霊を見て、それをそのまま描いていたんだ、と知りました。 

 

小人の仙人は、「今から笛を吹かせよう」とありがたいことを言ってくれます。 

 

その時、すぅ〜っと姿を現した笛吹きが、上のほうの場所に行って(この時、私はかなり下まで降りていました)笛を吹き始めました。 

 

意外なことに、笛の音は聞こえません。 

 

笛が始まると、それまでゼーゼーハーハー言って息も絶え絶え、足もだるくて重たかった私ですが、急に体がフッと軽くなって、息も一瞬ですっきり整いました。 

 

平常よりも軽い元気な体になったのです。 

 

「すっっっごーーーい!」と思わず叫んでしまいました。 

 

癒しの笛の音だったのです。 

 

下から見上げた時は、岩の上で笛を吹いているようにしか見えなかったのですが、上まで戻って何気なく見たら、笛吹きの精霊が乗っていた石は、なんと! ハートの形をしていました。 

 

もう二重にビックリ! です。 

 

うわぁー! なんだかすごいんですけどー! と大興奮しました。 

 

精霊はハートの石の上で笛を吹くのです。 

 

音はメロディとして聞こえませんでしたが、とっても癒され、体の隅々まで回復しました。 

 

笛を吹いてもらってからは、しんどさから解放されて楽勝で登ることができました。 

 

この笛の音は、もしかして……病気も治すのでは? と思いました。 

 

それくらい肉体に好影響があります。 

 

他の精霊はどんな感じなのだろう? と思ったら、10人くらいの、ものすごく小さな天使姿の精霊が出てきました。(15センチくらいです) 

 

10人で、坂を登る私の背中を押してくれます。 

 

よいしょ、よいしょ、という感じです。 

 

すると、不思議なことに、全身がふわぁ〜っとあたたかくなりました。 

 

ストーブにあたっているみたいに、実際に温度が上がってポカポカになったのです。 

 

グランドキャニオンはものすごく高い位置にありますから、下から風がびゅうびゅう吹き上げてきます。 

 

11月だったので、結構風が冷たくて「さっむー!」という感じでした。 

 

それが急に、本当にほっかほっかにあたたかくなったのです。 

 

物理的にこれって……あってもいいの? と思うくらい、あたためてもらいました。 

 

グランドキャニオンには精霊がたくさんいます。 

 

小人も多いです。 

 

セドナの小人は某タイヤのキャラみたいでしたが、ここは小さな人間の小人です。 

 

ロバの精霊もいますし、空にはワシのような鳥の精霊も飛んでいました。 

 

この精霊たちは都会では生きられないそうです。 

 

昔はあちこちに散らばって存在していたそうですが、今は自然がある場所に集まっているということです。 

 

グランドキャニオンは特に多くの精霊が集中している、という話でした。 

 

この日はここで終わり、翌日はアンテロープキャニオンに行き、次の日に今度はサウス・カイバブ・トレイルを歩いてみました。 

 

私はこちらのトレイルのほうが勾配がきついように感じました。 

 

1時間ほど下って、Uターンをして登る時に、「また後ろから押して下さ〜い」と、天使姿の精霊にお願いをしてみました。

 

すると、前回と同じく10人が現れて、よいしょよいしょと押してくれます。 

 

よーく見たら、天使の精霊は背中に小さな羽根がありました。 

 

ティンカーベルみたいな感じです。 

 

押してもらった瞬間にやっぱり、体があたたかくなります。 

 

そして全然しんどくなく登れるのです。

 

これはものすごーく、ありがたかったです。 

 

ただ……ですね、10人みんなが、口々に「重たい……」と言ったりするので、非常に申し訳ない気持ちになります……。(^_^;) 

 

小人の仙人も呼ぶとすぐに出てきてくれます。 

 

グランドキャニオン内だったら、どこで呼んでも来てくれるそうです。 

 

今まで、精霊たちは人知れず、谷を登っている人の背中を押してあげたり、気分が悪くならないよう癒してあげたり、助けてあげたりしてきたそうです。 

 

でも、誰も気づいてくれない、と言っていました。 

 

願掛けとか、そういうことはどうなのかと聞くと、できることとできないことがあると言っていました。 

 

縁結びや子宝を授ける、などはできないそうです。 

 

「金運は?」と小さな天使に聞いてみました。 

 

「お金?」 

 

「そう。お金をいっぱい持ちたい人もいると思うよ」 

 

「お金はいっぱい持つと重たいのに〜」(お金についている念だけでなく、お金を持つことでケチになるとか、傲慢になるとか、そういうことも言っていると思われます) 

 

「でも、それでも持ちたい人はいると思う」 

 

「ん〜」と天使はしばし考えて、網を張る、と言います。 

 

お金は流れているものなので、その網に引っかかるようにするのだそうです。 

 

本人に網をつける、と言っていました。 

 

そのような話をしていると、トレイルヘッド(出発点)に戻っていました。 

 

すると、「こっちこっち」と天使が道を外れた崖のほうへ誘います。 

 

言われるままについていくと……ものすごいパワースポットがありました。 

 

グランドキャニオン自体がパワスポと言えばそうなのですが、その中でも飛び抜けて強力なパワーを持ったスポットです。 

 

トレイルから外れるので、「本当に大丈夫?」とこわごわ歩いていると、

 

「大丈夫、私たちが支えてるから〜」と言っていました。 

 

この最強のパワスポは、目の前の雄大な景色が私1人のもの! という場所で、誰も来ません。 

 

座禅を組んでみると、そのまま空に向かって上昇していきそうなくらい、体にエネルギーが蓄えられるのを感じました。 

 

精霊たちは、笛吹きも小人も天使も動物系精霊も目の前にたくさんいて、会話をしたり笑ったり、とても楽しかったです。 

 

癒し効果も抜群で、こんなに素晴らしい幸せがもらえることを、現地のアメリカの人が知らないのは……もったいないなぁ、としみじみ思いました。 

 

「アメリカの人に何か言うことある?」と先ほどの天使に聞いてみると、 

 

「存在に気づいてほしい」と言っていました。 

 

話をしていると、どの精霊もニコニコしていて、みんな気づいてもらえたことが嬉しそうでした。 

 

背中を押してくれたり、笛を吹いてくれたり、私に大サービスをしてくれたということは、本当に嬉しかったのではないかと思います。 

 

見えなくても、精霊に話しかけてあげれば、精霊たちは喜んでくれます。 

 

存在を知ってるよ、ということになるからです。 

 

気づいてもらえないことは……私が考える以上に寂しいのだろうな、と思いました。 

 

神様は、はるか向こうの〝山に見える〟ところに、3名ほどいらっしゃるそうです。 

 

でも、今はお隠れになっているそうで、そのへんの事情はよくわからないようでした。

 

 

 

 

 

「ブライト・エンジェル・トレイル」のトレイルヘッドです。

左側に降りて行きます。

 

 

 

 

 

このような感じで、端っこに柵はありません。

下に見えている道でおわかりになるかと思いますが、高低差が激しいです。

 

 

 

 

 

石のトンネルをくぐったりもします。

 

 

 

 

 

谷底はこんな感じです。

 

 

 

 

 

笛吹きの精霊がいたハート形の石です。

 

 

 

 

 

精霊たちは純朴で、とてもピュアな存在でした。

 

 

 

 

 

ここからは、「サウス・カイバブ・トレイル」の写真です。

この看板はどちらのトレイルにもありましたが、「ひー! こんな状態になるのっ!?」とビビりました。

無理はするまい、と心に誓ったので、効果抜群だと思います。

 

 

 

 

 

このような道を歩きます。

 

 

 

 

 

上から見る景色と違って、向かい側がちょっと近くに感じられます。

 

 

 

 

 

崖の下の小道を行きます。

 

 

 

 

 

見にくいかもしれませんが、ミュールツアーのラバが登っています。

 

 

 

 

 

人を乗せたり、荷物を運んだり、馬ってすごいですね。

 

 

 

 

 

最強パワスポです。

サウス・カイバブ・トレイルヘッドの左側のほうから降りて行きます。

 

 

 

 

 

このあたりから、すでにパワーが半端なかったです。

 

 

 

 

 

この場所で座禅を組みました。

 

 

 

 

 

先端部分はこのように、石が割れて落ちそうだったので、怖くて近寄れませんでした。

 

 

 

 

 

ここでもずっと、小鳥がまとわりついてくれていました。

精霊たちがたくさん集まる場所で、楽しくて心地よくて、もう1回あの幸せを味わいたいなぁ、と今でも思います。

 

 

 

 

 

谷底へ降りる道を撮影しています。

柵がない怖さ……を、お伝えできているように思います。

 

 

 

 

 

ハートの石があるのは、このような高い崖の上になっています。

 

 

 

 

 

ラバが登って行く様子と、スイッチバック方式のトレイルの形状がわかる動画です。

あ、でも、ブログ内で見ると小さいので、わかりづらいかもしれません~。

 

 

 

 

 

明日発売です。

空海さんがいっぱい詰まった1冊となっています。

クリックするとアマゾンのページになります。

聖地・高野山で教えてもらった もっと! 神仏のご縁をもらうコツ

 

 

こちらは楽天にリンクしています。

 

 

 

AD

リブログ(3)

  • ”グランドキャニオンにいる精霊”

    とても楽しく拝見致しました♪ヽ(´▽`)/ コウイウノ ダイスキデス💕動画で見ると迫力がありますね。高さにヒヤヒヤしながら同時にワクワクしてきました(笑)。精霊さんの頑張りを伝えたいのでリブログさせて頂きます。重いって(笑)( ̄▽ ̄;)リアル…楽しい記事をありがとうございました(笑)💙

    PONTA

    2017-04-08 19:03:00

リブログ一覧を見る