<食事>。

ワタシの<異性の判断基準>はこれ。

食事は、生涯し続けるもの。

しかも、毎日。

しかも、3回。(基本的に)


食事のとり方に、

その人の子供頃から現在までの<ライフスタイル>が見ることができる、

とワタシは思う。

次に挙げたのは、<外食>の場合。


-判断ポイント-

1、お店の選択

2、著しい偏食者ではないか

3、お店のスタッフへの態度

4、食べ方

5、デザート


1を誤解しないで欲しいのは、

何も高級なお店だと、高得点!というわけではなく、

あくまで<自分にとってどうか>ということ。


まぁ、たいがい初めての食事であれば

男性なら‘ちょい良さげ’なお店を選ぶだろう。(ガンバレ!)


‘なじみ’のお店に連れて行ってくれるかもしれない。

店に入ったとたん、店主やスタッフと慣れた挨拶をかわす彼の姿も良い。



2は、以前付き合っていた人が偏食者で、

食事の度に「あれがダメ、これもダメ。」と

つまらない思いしたから。

食事のたびに‘つまらない’のだから、たまらない。


別れた。


それが別れる理由の全てではないけれど、

ひょっとすると原点だったのかもしれない。

これも、自分も偏食者であれば楽しいのかもしれない。

一緒に、

「ピーマン苦っがぁ~い♪」って言えたら楽しいハズ。


3の<お店のスタッフへの対応>は最重要項目。

もしも、横柄な態度などとったものなら、


許さん。


その態度はいつか、ワタシに対してとる態度になる。

・・・それもそうだけど、そもそもお店のスタッフに客であることをいい事に

偉そうに振舞うこと自体、おかしい。


4の<食事のとり方>は、もう言うまでもないかな。

これには、‘育ち’とか‘品’が自然に出てしまう。

大げさかもしれないけれど、幼少時や親がどんな人とか

大きな背景まで見えるような・・・そんな気がする。

これは、それぞれ個人の感じ方だから、自分が良ければそれでいい。


5のデザートは、これは上級者。

以前、仕事の関係者とイタリアンを食べに行って

最後に「ドルチェは(食べる)?」と聞かれた。


彼は、<ドルチェ>と言ってもサマになる人でもあるのだけれど、

デザートに気を使えるなんて・・・これはかなり、かなり素敵だ。


どんなお店でもいい。

デザートを勧める気遣いはすばらしい。

しかも一緒に楽しんで食べる。


「甘いものが好き」という男性に女性はなぜか反応する。

以前、「紅茶にケーキが好き」という男性に、女性達が反応したパーティがあった。

他にルックス的に華のある人もいたけれど、

紅茶ケーキ君は、女性達と話が弾んでいた。



食事に見る判断は、異性だけではない。

同姓でも同じ。


ワタシの場合、同姓は女性になるのだけれど

以前、一緒にピッツァを食べた彼女は

ひとかじりして、顔が見えないほどうつむいた。


まずくてガッカリしたのではない。

モグモグするのが恥ずかしいこと、だったのだ。


違う!

ピッツァは、大口開けてモグモグ、アムアムする食べものだ。

イタリアンは陽気に楽しく食べるもの。

これがワタシのイタリアン。


彼女とは、たわいもない話題も、やはりなんとなく合わなかった。



食事以外のワタシが異性を判断する独自のポイントは、


中山美穂が好きかどうか。


彼女のことを好きな人とは続かない。

ワタシは中山美穂が嫌いではない。

あくまでワタシの統計学。


中山美穂が好きか尋ねて

ミポリン大好き♪どうして?」

と嬉しそうに答えたら、


ないな、この人。

終了。








AD

誕生日の過ごし方。

テーマ:

先日の8月6日(土)は、ワタシの34回目の誕生日。


友人達から、たくさんの「オメデトウ!!」をいただきました。

友人達にはワタシの誕生日を忘れられないよう、

「ハム(86)の日」と覚えさせることにしています。

作戦は成功のようです。


「ようこそ、34歳の世界へ。」という魔界への招待状のようなものもあれば、

おめでとう!のメッセージと一緒に上司の愚痴までいただきました。

どんな内容でも、ワタシの誕生日を心にとめてくれたことが嬉しいのです。


しかし、誕生日でもアクシデントは容赦なくやってきます。

そんな時、ワタシは「んも~、誕生日なのにぃ。」とは言いません。思いません。


しかし、他の日よりも重く感じられるのは、いたしかたありません。


頭にタライが落ちてくるようなアクシデントであれば、

オイシイのでいいのですが、今回はそうではなく、

心無い人の行為により、心が震えました。


数日前、このブログを見た新聞記者から取材を受けました。

その記者の取材目的を伺うと、このブログのコンセプトに添う内容だったので

協力することにしました。


が、その期待は裏切られました。

「負け犬」の代表として挙げられたのです。

「負け犬論争と闘う未婚者」という意図のもと書かれてしまいました。


また、ブログの他に詳しく説明した内容があるのですが、

全く違う内容として書かれていました。


実はこれが一番こたえました。

内容はここでは詳しく書きません。

書くと悔しい思いがふくらむので書きません。


ワタシは新聞が嫌いになりました。


全ての記者が同じ人格ではないことは、わかっています。

が、ワタシの心境は「新聞はキライだ!」です。


誕生日の一日に人生」を見たように思います。



また、8月6日は本当は「ハムの日」ではなく、

広島に原爆が投下された日です。

今から60年前の出来事です。


この時期になるとTVでは、よく戦争時のエピソードを特集します。

「ほたるの墓」も放送されていましたね。

ワタシはそれらの特集を見ます。


戦争の背景には、一人一人の人間の背景・環境があり、

そこに焦点をあてると、本当に戦争は愚かな行為だと思えてなりません。


戦争ではなくとも、日常の生活の中でも、

人を人とも思わない人々が時々現れます。

また、最近では、家族が家族を殺しあう事件は、

もう珍しくはありません。


子供が殺されています。

母に父に、変質者に・・・


皮肉なことに、戦時中に家族の結束は固く、

戦後の平和に、人間達は身近な人を殺しているのです。


まったく・・・。



来年の夏にも、誕生日がやってきます。

パッピーな出来事も、

アクシデントもなんでも来いです。

全力で乗り切りますとも。



只今、人間34年目です。










AD

女の価値。

テーマ:

先日、友人Aと長電話。


友人Aはワタシと同じ33歳・独身。

結婚は、そのうち派」である。

ちなみに、他「今すぐ派」「あきらめ派」がある。


今、ワタシは遅ればせながら、当クラブのサイトを制作中。


ワタシ「まさか、自分が‘サイト’を作るようになるなんて思わなかったなぁ。」

友人A「10年前には出来なかった事、知らなかった事が今はできるようになってるよね。」

ワタシ「いろんな経験もしちゃったしね。」

友人A「した。」


一般的に、女性は歳を取るほど「恋愛」の分野で価値が下がる。

「女は27歳まで。」と、張り切って言う殿方は

北海道で言うと【セイコーマート(コンビニ)】くらい出くわす。

(スタバくらい...と言えないのが残念。)


が、どうだろう?

複雑な人間関係の中、仕事をこなし、

失恋をいくつも乗り越え、豊富な知識を身に付けた

30代の女性達の価値は、むしろ上がっているのではないだろうか?


と、友人Aに話すと

「言えてる。それ、言えてる。」


が、やはり世の中「若い女はいいなぁ。」である。

そんな事はわかっている。

それは放っておいて...


30代の女性は自分の価値をしっかりと見定めて欲しい。

世の中の風潮などに流されてはいけない。

乗り越えてきたいくつもの試練、悔しさや経験から身に付けたを持って、

たらんたらんの男性に嫁ぐことはない。


理想は高くて結構!

年齢を聞かれたら、堂々と応えよ!

なんなら、一つ足して言えるくらいの余裕を持て!



死ぬまで「歳だから...」なんて言わないよ。







人気blogランキングへ







AD