男を年収で呼ぶ女。

テーマ:

X「先週さぁ、円山においしいお店見つけたよ。今度行こうよ。」

マリア「誰と行ったの?」

X「Sさん。」

マリア「誰それ?」

X「あぁ、1000万。」

マリア「あぁ、ハイ。」


いつものワタシ達の会話。

(ちなみにあと、800万と2000万と500万以下と呼ばれる人達がいる。)

もし、盗聴されていたら、なんという女どもだ!と思われるだろう。

この会話から、多くの人が友人Xをどのような女性と想像するかは想像がつく。


高飛車(死語?)

生意気

お金だけ

派手そう

遊んでそう

美人なだけ

...こんなところだろうか?


よくある、「あなたはどんな男性が好きですか?」の問いに

「やさしくて、頼りがいがある人でぇ...顔は関係ありません。性格重視です。」

これが模範回答だろうか?


なぜ?

なぜ、「性格重視」は正当で「外見重視」や「年収重視」はいけないのか?

全て、その人の一部なのに。


性格が良いなんて、今どき希少。

外見が良いなんて、一緒にいると良い環境

年収がいいなんて、きっと仕事ができるのね、頼もしい。


1つでも持っている人は素敵だと思う。

どこに魅力を感じても不思議はない。

しかし、外見・年収に魅力を感じる子は

世間から「悪い女」呼ばわり。

そもそも世間とか風潮って何?誰?


...おっと話を戻して。


友人Xは、とても頭のいい女性。

ズルイという意味ではなく。

ちょっと悪ぶってるところはあるけれど、それは遊びだ。

なぜ悪ぶるのか...女も30歳を超えるといろいろいろあってそうなる。

ワタシもよくやるから、ワカルワカルワカル...


彼女は、「年収」で男性を呼んでいるけれど、

実はそう言いながら、「内容」を見ている。


それを自分では認めないのだけれど(カワイイじゃないか!)、

「彼がこんなことを言った。嬉しかった。」

「彼の友人はみんな良い人で驚いた。今日は楽しかった。」って、ちゃんと相手を見ている。


もちろん年収にもしっかり魅力を感じていることは否定しない。

でも、年収が良いのって誰もが望んでいることじゃない?

日本ではお金の事を口にするがタブー

な、だけじゃない?


彼女はちょっと悪ぶってるだけ。

周りに悪ぶって男性を年収で呼んでる女性がいたら

「この子、悪ぶってるけれど、そうじゃないんだろうな。」

というでどうぞ話してみて欲しい。

きっと、さほど悪い子ではないはず。



...ちなみにワタシは、かなりの面食い。

...芸能人で言うと八嶋智人。

そう、ヤッシーです。

ヤッシー最高!


「では、確認のVTRです!」(←ヤッシーが首をかしげた。)





め、面食いでしょう?











AD

ラジオにゲスト出演いたします。

テーマ:

6月14日(火)FMアップル 76.5MHz


「OL女子更衣室」 PM22:00~にゲスト出演することになりました。


お時間あったら、聞いて下さい。

インターネット配信もしています。http://www.765fm.com/

6月ということで、「ジューンブライド」がテーマだそうです。

当クラブのことや、現代の恋愛事情などを、

DJのお2人あやのさん・まりちゃんとお話しする予定です。



+   +   +    +

尚、次回のブログタイトルは「男を年収で呼ぶ女。」

今週中には更新します。

AD

40代のキレイな女性が増えている。

そして若い。

<若作り>ではなく、若い、言い切る。


彼女達のライフスタイルを特集している雑誌は買い。

コスモポリタンは毎号を引いて読んでいる。


女は顔だ。

形成ではなく、表情が女の品格を作るのだ、とワタシは常日頃から思っている。

その点、ワタシは表情ブスだ。

黙っていると「怒ってるの?」と聞かれてしまう。ゴキゲンなのにだ。

ショッピングをしていて、不意に鏡に映った自分の表情に驚くことしばしば。


なので、ワタシは表情美人に憧れる。

周りの友人の自然な笑顔。

映画での女優のキメ顔

ワタシは真似る。

自分にないものは真似るのだ。


意識して、笑顔を作らなければいけないワタシ。

他に意識している事は...

メールやネット上での言葉使いかな。


出来ない事は、放置せず対策を!

意識して、実行する。これはこの話題に限らず。


そしてこれがポイント。

もちろん周りには、そんな努力は見せずに涼しい顔をする。


40代のキレイな女性が増えている。

ステキです。









AD