土方歳三資料館日記 (Toshizo Hijikata Museum Blog)

土方歳三の生家跡に設けられた資料館にて運営に携わる子孫の綴る日記。

「土方歳三資料館図録」発売中!
図録表紙

「箱館戦争を歩く!」発売中(詳細は表紙をクリック!)
$土方歳三資料館日記-表紙箱館戦争を歩く!

テーマ:

アメブロ事務局よりご連絡を頂きまして、この度

「土方歳三資料館日記」

復活再生を遂げましたキラキラキラキラキラキラ

 

ツイッター、SNS、メールを通じて、

ご心配、アドバイスを頂きました皆様、本当にありがとうございました。

今年立ち上げた資料館公式新サイトを担当して下さいましたS様のご協力も有り、

無事復活致しました〜〜〜ウインク 

お心をよせてくださいました皆様のおかげです。

本当に本当にありがとうございましたキラキラキラキラキラキラ   

 

さて、実は土方家では、節々が傷んでしまっていたお稲荷様があり、その修復のことを記事に遺しておきたいと思っておりました。

下の土台部分が川原石をセメントで固めたものだったので、もしかしたら最近(昭和期)に修復されたものかなと思っておりましたが、今回大工さんに色々お話を伺い、色々と分かることがありましたので、記事に残しておければと思いました。

 

今回担当して下さいました大工さん、さすがです。

木を見ただけで、「ああ、これはケヤキを使ったんだね。雨にさらされる屋外の社だからね。こういう風に暴れるように傷んでしまうんだよ。」と。

そして、現代の業者さんにありがちな「写真でとって確認。それが唯一信じられる現況」を一切せずに、とにかく尺と寸を使って寸法を測り手書きでメモし、損傷した部分を全く同じに手作りして下さいました。

大工さんってすごいです。

 

作業の合間に、元の木材に使用されていた釘を見せて下さいました。

「これはね、当時の鍛冶屋さんがトンカン打って、一本一本鍛えた鋳物の釘だよ。

一見不格好だけどね。火で鍛えている分、今有る釘なんかよりずっと丈夫なんだよね。永〜いこと持つんだよ。」と。

 

 

 

 

多摩地区、生家に近い場所には、多摩市に鍛冶屋さんがありました。

そこで鍛えたものかどうかは分からないし、この稲荷社が、歳三さん12才の年に生家が玉川浅川の氾濫にて流されそうになり移築した際に、そのまま運んでこられたものなのか、それともその時に建て替えられたのか(とはいえ、新しくではなく同じ材料を組み直したのでしょうが)、現段階ではっきり分かる史料はみつかっていませんが、使われていた釘から推察するに江戸時代のものだということでした。

(土台の川原石のものは、樫の木で塀としているのを川原石を積んで塀とした時に一緒に整えたものか、現在の塀を整えたときに元々の塀に使用していた川原石を少しでも活かそうと土台だけ整えたものか、

 

お稲荷さんは、この辺りの旧家では、とても一般的です。

ご来館下さいました方より、

「ご近所は土方姓が多いのですね。」

とよくお言葉を頂きますが、ご近所には、土方姓が多いことと同時に旧家と思われる家の敷地にはお稲荷さんがある事が多いと気づかれる事も多いのではと思います。

 

これは、多摩地方が農業中心だったために、五穀豊穣をお祈りするお稲荷さんが尊ばれたことで、稲荷社信仰が盛んな地域だったことがあげられます。

当家のお稲荷様は伏見稲荷に縁のある社です。


 

 

また、数十年、無事にお祀り出来ると思うとありがたいことと存じます。

 

☆追記☆

ブログランキングに参加をやめたのですかとコメント頂きました。

実は、アメブロが新しくなってから、ブログランキングのリンクのやり方が分からなくなってしまったのです(涙)

以前はJAVA(なのかな?)の暗号の様な一文をコピーしておいて、都度ペーストしていたのですが、新しいアメブロ更新画面はそういうことは出来なくて…☆

 

ご心配下さってありがとうございました。

「ランキングをみて新たに先祖の事に興味を持て下さる方がいらっしゃれば…」と思い始めたランキング参加でしたが、自分の出来る範囲外の技術だったら、参加を見合わせようと思っています。ご心配おかけしました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の開館の前に、以前受付スタッフをして下さっていた方がお子様を連れて訪れて下さいました。

お手伝いして下さったのはご結婚前だったから、

なんだか流れた時間をお互い埋めるように

 

「前館長さんのことお悔やみ申し上げます…」

「お子さんそんなに大きくなったんですね」

 

と、開館前で少しの時間でしたが温かい深い再会でした。

 

以前受付を手伝って下さった方同士で、ご夫婦になった方二組いらっしゃいます^^

(…正確には三組?)

 

OBの方々、

時折資料館に顔を見せていただける事があり、

いつもとってもとってもうれしいです。

 

現役スタッフさんも、

皆さん色々な人生を生きていらっしゃるから、

 

お孫さんのご誕生だったり、

ご自身の節目だったり、

色々なご事情を抱えつつ。

 

「その時々、皆で補い合って楽しくご案内しましょう」

と話しています。

 

OBさんも現役のスタッフさんも他に臨時で資料館に関わって下さる皆さんも

共通しているのは

 

「歳三さん、幕末大好き☆」

 

です。

 

歳三の生家・土方歳三資料館を大切に考えて下さり、

近くからそして遠くから、どきどきした気持ちを抱えてご来館される方の気持ちの一番の理解者となって下さる方々です。本当にいつも感謝していますキラキラキラキラキラキラ

 

沢山の周りの方々に支えられて、

運営を続けております^^

 

お子さんの可愛い姿を拝見して、

いつか支えて下さった方々み〜〜んなで資料館会したら楽しいな〜☆

と思ったのでした。

 

 

 

松姫最中ありがとうございます☆

今度は是非ゆっくりご来館下さい^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

黒門に至る三橋は、彰義隊が畳と土嚢で攻撃をかわした要所。

当時は川が流れ、そこに三つの橋が架けられていました。

 

原田佐之助さんが奮戦した場所と伝わるだけ有り、

皆さん熱心のシャッターを押していました。

 

 

下山先生は、史実は史実として、2次史料などで存在しても信憑性の乏しい場合はその旨も正直に伝えて、幕末史をありのまま知りたい参加者にむけて、とてもフェアな解説をなさっておられました。

 

黒門周辺の戦況、雁鍋松源よりの攻撃、不忍池からの船での奇襲、砲撃、東照宮の塹壕跡とされる場所、清水観音堂などなど上野公園だけでも見るべきポイントは数多く。

 

 

一日で終わった上野戦争、

でもその後の箱館戦争に参加した隊、人物も多く、

なぜこんなに認知度が低いのかと思います。

 

激戦の中

 

春日左衛門がお酒を飲んでいた…

天野八郎はそれを見て驚愕したが、

戦況も動いており声をかけず過ぎ去った

 

その後、逃れた片田舎の農家で丸毛と再会した折の会話が発憤材料となったのか、箱館戦争では別人のように戦った

 

などなど

 

ちょっとしたエピソードからも、

その人となりが垣間見れることが有りました

 

 

最終地、

寛永寺御本坊の黒門を見学。

 

砲弾、銃弾跡は今もはっきりと。

 

皆さん4時間弱かけて丁寧に戦況を辿ってきただけに、

この弾痕に感じるものが有るようでした。

 

 

☆☆☆

 

募集は、8月中旬の約3ヶ月も前とかなり早めでしたが、

「早めに募集があったので、職場の休みをゲットできました」

「飛行機の格安チケットが予約できて良かった」

などのお声を頂きました。

 

今回、皆様より熱心な思いを寄せて頂き、宮崎、広島、京都、三重、静岡、宮城、関東近県と全国よりご参加者がいらっしゃいましたので、早め募集で良かったのかなと思いました。

人数をかなり上回ってしまったために、抽選でもれてしまった方には本当に申し訳なく存じております。

 

また、機会がありましたら、新選組や土方歳三に興味を抱いて下さる方達のために、何か企画をしたいと思っております。

 

どうぞ今後とも、

ささやかに運営しております

「歳三の生家・土方歳三資料館」

をよろしく御願い致します。

 

(終)

 

☆おまけ☆

寛永寺黒門の細工にも、

「猪の目透かし」キラキラ

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。