※当オフィシャルブログで提供される文章・画像・音声などの著作権及び肖像権はUniversal Musicまたは新倉瞳本人に帰属します。許諾なしに一切の2次的利用を禁止します。

スイスBaselに留学中のチェリスト新倉瞳の日記です。




■‘バーゼル通信’Vol.5配信開始AspenPresents バーゼル通信

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-26

サントリーホール CMGを振り返って

テーマ:Message from Hitomi
{73DDC117-9AF8-4D9F-8B74-AA8A8FAD3FC6}

{1F7B41E5-EAA1-4FFA-8754-26ACBDA8D670}

皆さんこんにちは!!

日経新聞電子版さんの記事へのコメントをたくさんありがとうございました。このような機会を頂けると、私を既に知り応援下さっている皆さまとも喜びを分かち合えるし(と私は一方的に思ってますがおこがましいでしょうか)、このような特集で初めて私を知って下さる方々にも「音楽」のことを他の分野のものと一緒に、時に比較しながら楽しんで頂けるきっかけになるので本当に嬉しいです。

{464C1370-4476-426A-8A40-F2ABB38B9583}

さて、話はまた過去へ遡りますが、先日22日にはサントリーホールブルーローズで6月4日から本日26日まで開催されていたチェンバーミュージックガーデン(略してCMG)というサントリーホールさん主催の音楽祭に出演させて頂いたときのことを書かせて頂きたいと思います!

このCMGは、世界で活躍される様々な音楽家がベテランから若手まで勢揃いし、期間中色々なプログラムをお届けする、というものですが、その一夜に日本を代表するギタリストの大萩康司さんが中心となって、世界的にも名高いバッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーでもあるヴァイオリニストの原田陽さん、堀内由紀さん、廣海史帆さん、そして私で18~19世紀当時使われていたであろうガット弦・オリジナル楽器での響きを再現すべく考案されたプログラムをお届けさせて頂きました。

スイスでガット弦に出逢い、古楽も勉強している私ですが、まさかこのような素晴らしい場と素晴らしいメンバーで日本でお披露目させて頂けるとは夢にも思っていませんでした。
昨日書いたブログにも書いたように、点と点が線となり繋がることは本当に予想外に起きるものです。

サントリーホールの皆様、大萩康司さん、原田陽さん、堀内由紀さん、廣海史帆さん、聴いて下さった皆様、本当に素晴らしい時間をありがとうございました!

{785DE249-2697-4F37-863C-4393D283C148}

CMGの私以外の出演チェリストが、サントリーホールの館長でもあり恩師の堤剛先生はじめ豪華なことにも、私はどびっくりでした。

今回の日本滞在で演奏させて頂いたシーンは、無伴奏・ソナタ・協奏曲・室内楽・バロックとバリエーション豊富で様々な場面で実力と人間性が問われた(きゃー!!)1カ月でしたが、支え合い、高め合える皆様、毎コンサート遥々聴きにいらして下さる皆様のおかげで私の人生の大切な1ページとなりました。
膨大なレパートリーを準備するということは筋トレのように自分の限界の容量を増やすことなんだなぁと改めて実感しました。

{DED20361-674D-4F13-9C77-FDBA473E1D03}

12年間師事した恩師の毛利伯郎先生(写真上)もCMGにご出演されており、今回の滞在中に聴きに伺えたこと、私の室内楽奏者としての心を築いて下さった原田幸一郎先生はじめ元東京Qの皆様の音楽を聴けたことも、運命的でした。私の人生絶対にブレないぞと心に誓った瞬間でした。

雑音が溢れる世の中で、いかに自分を見失わずに自分を受け入れて頑張れるか…さぁ自分との戦いだ!

{FA447E0B-500D-4014-BD71-DE3541624B24}

そして、今回CMGの本番の衣装ですが…女性陣には例の新倉瞳コラボドレスをご着用頂き、男性陣にもブラックシックをテーマに、ブラック・5レンジャーになって頂きました!

廣海史帆さん↓
{FE057A5D-052C-4279-BF26-AB78B479FBD3}
堀内由紀さん↓
{ED190E2C-02E7-49FC-BDDA-1CC3C3CF558E}

廣海史帆さんには、マーリエパーエフデ x 新倉瞳コラボドレス(伊勢丹新宿にて9月より発売)を、堀内由紀さんには、JILL STUART x 新倉瞳コラボドレス"Piano"(伊勢丹新宿にて既に展開中)をご着用頂きました。
そして私はJILL STUART x 新倉瞳の "Cello" を。
史帆さん、由紀さん、音楽的に素敵に着こなしてくださってありがとうございます!


こちらの5重奏も、先日の世界的マリンバ奏者塚越慎子さんとのDuoに引き続き大変評判良く、また続いていきそうです。
私もスイスにて古楽にもさらに力を入れていこうと思っておりますので、楽しみにしていてくださいね!

{57093D71-9F7D-4C12-AC91-153DF895A00F}
私服に着替えた5レンジャー


よろしくお願いしますぽち→ブログランキング
いいね!した人  |  リブログ(0)
新倉瞳さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-25

日本経済新聞電子版

テーマ:Message from Hitomi
{5FDCB484-4736-4208-BE86-4F1E630161C3}

皆さんこんちには!

年明けにも大々的に取り上げて頂きました、日本経済新聞電子版さまより、今回の日本滞在時にも取材・密着頂きました動画が本日より公開となりました!

{1F8015F2-02A6-42C8-A2AE-A9938A304375}

前回の記事(1月5日公開http://style.nikkei.com/article/DGXMZO95468560U5A221C1000000/)でも、非常に私の志の真髄を美しくまとめて頂きましたが、今回もさらに一歩踏み込んだ深い内容を取材頂きました。

常々私は出逢いに恵まれた人生を送っていると感じますが、ご縁は無理やり繋げていくものではなく自然に繋がっていくものだと改めて思います。
点と点がいつか線で結ばれるとき、それは誰にも予想が出来ないもので、それまでに一つの「点」をいかに悔いなく精一杯向き合えているかで点同士が線で結ばれたときの喜びが倍増するのではないかなと思います。

{9502159C-A433-4F6E-99DB-51D11ECC4185}

前回のブログで撮りそこなった!と申しておりました「肌」を生かしたドレスのバックスタイル、絶妙に撮って頂いておりましたのでご参考までに。撮影隊の皆さまありがとうございました。
こちらのマドモアゼルタラさんとのコラボドレスはピンクに加えネイビーも9月に伊勢丹新宿店にて展開されます!

{D153B05D-2EF3-40D3-93E1-7D0BA2626458}

スイスはすっかり夏。
雷雨にも突然襲われ、本来梅雨がないスイスが日本の梅雨のようですが、21時でも外は明るく夏の香りにホッとします。

よろしくお願いしますぽち→ブログランキング
新倉瞳さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-24

ルノワール展を振り返って

テーマ:Message from Hitomi
{CCAB57CC-1DAD-43F0-94C6-C126CDC9BA66}

皆さんこんにちは!

私は日本滞在の終盤を駆け抜け、無事にチューリッヒに辿り着きました。
着いてからは早速クレズマーのリハーサルをしていますが、夏の香りが夕暮れまでする夜が長いチューリッヒに、なんだかホッと一息です。

{85A73396-0705-4B84-96C4-34B06AFA9CDA}

話は戻りますが、16日の奈良でのリサイタルを終えて17日は3日に続き2度目となるルノワール展@国立新美術館でのコンサートでした。
3日は講堂でのコンサートでしたので、消防法により立ち見さえも叶わなかった皆さまがいらっしゃいましたが、17日はロビーだったぶん立ち見の方々も非常に多く、たくさんの方々と共に音楽と美術の時間を共有して頂けました。

{1D48AA0A-A465-4C50-A1A8-FDE32E2EAF54}

この日は東京は30°Cの暑い日でしたが、今回のルノワール展開催中の最大入場者数を記録したと後で係の方から伺いました!!
嬉しいですね~お越し下さった皆さ本当にありがとうございました!!
共演の世界的マリンバ奏者塚越慎子ちゃんの人気にも助けられたと思いますのりちゃん、素晴らしい演奏と、舞台上でも舞台裏でも温かいサポートとお心遣い、本当にありがとうございました!!

{8DA12770-E530-432C-869C-DB94A9FD93C8} 

チェロ&マリンバの相性の良さも様々な方々からご支持頂き、これからも機会を見つけてコンサートやCD制作、皆さまの熱いご期待にお応えしていけたらと思います。
レパートリーの開拓にも精を出さないと!

{FEA48934-F6E9-44BA-A5F9-A70FC40D0CDD}

今回私が着用しましたドレスは、伊勢丹新宿店にて9月より発売になる一つ、マドモアゼルタラさんとのコラボドレスでした!
背中の写真を撮りそこなりましたが、こちらのドレスは背中が空いていてとってもセクシーで、髪型やアクセサリー次第でカジュアルにもドレッシーにも着られる一枚です。ルノアールがこだわり続けて描いた女性の「肌」を意識してこちらのドレスを今回チョイスさせて頂きました。

{323586FE-2D5C-40DE-B240-DBC7B31F6B74}

{0C2FF3B4-DD31-4945-A910-15FC7EF4E09D}

今回、様々なルノワール展グッズをプレゼントして頂いてしまったのですが、その中でも私の大ヒットが「ご当地フチ子シリーズの顔ハメのフチ子」。スイスに持ち帰り早速友人たちに自慢しています。
他にも可愛い絆創膏やマスキングテープなどバリエーション豊かなグッズが販売されているので、ルノワール展をじっくり鑑賞された後には是非お買い物もお楽しみくださいね!


日本経済新聞文化事業部の皆さま、国立新美術館の皆さま、今回は素晴らしい機会とサポートを本当にありがとうございました。
様々なメディアさんからもご注目頂き、日経新聞電子版さんに受けたインタビュー動画も近々公開されますのでまたお知らせ致しますね!

よろしくお願いしますぽち→ブログランキング

いいね!した人  |  リブログ(0)
新倉瞳さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み