広島佐伯区五日市の個別指導塾:公立高校受験専門の塾

広島佐伯区、広島で公立高校を受験する小・中学生を合格に導く広島の学習塾メイクアップの塾長太田のブログです。誰も教えてくれない塾の選び方・効率の良い勉強の仕方を紹介しています。


テーマ:
こんにちは!
広島市佐伯区の塾、メイクアップです。

今日は、
広島県公立高校入試について
触れたいと思います。

まず、基本的な知識から。

広島県の公立入試は、大きく2つ。

選抜Ⅰと選抜Ⅱと呼ばれるものです。

選抜Ⅰは、学校の成績+(面接+小論文)
選抜Ⅱは、学校の成績+公立入試(テスト)   で合否を分けます。


ここで注意すべきは、

選抜Ⅰで評価される『学校の成績』と
選抜Ⅱで評価される『学校の成績』は
評価基準が違うことです。


ここが、
広島県の高校入試を
わかりにくくしています。



解説いたしますと
選抜Ⅰは、主要5教科を5段階満点で計算(5×5=25)
         副4教科を5段階満点で計算(4×5=20)

学校の成績は、45点満点の3年間で135点満点となります

また、面接と小論文の合計点を学校の裁量とすることで、
    学校の成績とのバランスを保っています。


選抜Ⅱは、
主要5教科を5段階満点で計算(5×5=25)
         副4教科を10段階満点で計算(4×10=40)

学校の成績は、65点満点の3年間で195点満点となります。

選抜Ⅱは、面接などの代わりに、公立入試(テスト)を行います。
       5教科で各50点満点のテストです。
       そのため、5×50点=250点満点です。

このままだと、
学校の成績195点と、公立入試(テスト)の評価に大きく偏りがあるため、
1:1になるように調整します。

学校の成績195点は、2/3にすることで、130点とします。
 公立入試(テスト)は、1/2にすることで、125点とします。

これで、ほぼ1:1のバランスが取れた状態となります。


こうして、広島県高校入試は合否を分けていきます。


これをよくよく見ると、
多くの人が受ける選抜Ⅱでは、
当日のテストだけでなく、
学校の成績で合否が大きく決まっているのです。



中学3年生から、始めても遅いのです。

普段からの勉強が何よりも大切です(*^_^*)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

広島佐伯区五日市の個別指導塾:公立高校受験専門の塾さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。