この物語は、全て私の空想の中でできた物語です。



先に断っておきますが、一切悪気はありませんのでご理解願います。





もしも、ハガイカップがアニメキャラで行われたら。




貴方は、何だと思われますか?


















ホントごめんなさい







実は、貴方は「あれ」なんです(爆)
















今回も前夜祭は、盛大に行われました。



今回は冷静なお酒を呑まれた総帥ヒデさん。



伝説の舞も封印して明日のハガイカップに備えます。




ヒロシの日々淡々日記



かる~く、おかわりを要求します(笑)



だが、やはり・・・





ヒロシの日々淡々日記



帰る前には、もう・・・





ヒロシの日々淡々日記






そして、みんなには帰るって言って帰ったはずのヒデさん・・・




ママレンジャーには内緒で・・・







ヒロシの日々淡々日記





福岡で言う、「中洲」






そんなこんなで前夜祭も盛況に終わり当日。






開会式を終え、誰よりも負けず嫌いなあの人。



短波止へ走ると公言したあの人が・・・





さぁ、行くわよ~ って






ヒロシの日々淡々日記




気合が入ってる、カズ会長



そして・・・




ヒロシの日々淡々日記





ぴゅ~ って滑って行きました。




やはり、彼は卑怯です(笑)



いちいち釣るくせに、誰に何も譲りません。



やはり、彼は卑怯です(爆)






それを見ていたヒゲ旦那。空を飛んで行きます。





ヒロシの日々淡々日記



しかし、これを許さなかったヒゲ旦那のパパ(笑)




ヒロシの日々淡々日記



「けしからん!」と一言。








今回は、仕事に調整ができ久々の参加となった千夜君。




ヒロシの日々淡々日記


今日はハガイカップと釣りを久々に十分楽しむ事が目的。



落ち着いています。




久々過ぎて、キャストの仕方を忘れた千夜君。



総帥ヒデさんに教えてもらいます。




ヒロシの日々淡々日記



教えに熱がこもるヒデさん(笑)






開始からなかなか釣れないみんな。



どこに入ろうか悩みます。



特に今回、Tシャツ候補のこの方。






どうしようかなぁ・・・




ヒロシの日々淡々日記


って、NAPPIさん(爆)





千夜君とポイントを探します。




ヒロシの日々淡々日記




そして、千夜君とNAPPIさん移動。




ヒロシの日々淡々日記




みんな必死にポイントを探す中、なにもしない




ヒロシの日々淡々日記


ぶ~ちゃん(爆)




そのぶ~ちゃんを心配する




ヒロシの日々淡々日記


イカ子さん(笑)


「ぶ~ちゃん・・・。なぜ?」





余計な心配に腹をたてた




ヒロシの日々淡々日記



ぶ~ちゃん(爆)



その怒るぶ~ちゃんを見て




ヒロシの日々淡々日記



悲しむイカ子さん(笑)



「ぶ~ちゃん、なぜそんなにふっ、太って・・・。詐欺だわ」








そんな夫婦喧嘩を見て大ちゃんが一言




ヒロシの日々淡々日記





んが!







現ヘボンガーのくせに、ぶ~ちゃんに場所を譲るKIYO




ヒロシの日々淡々日記




イカ子さんを助けようと、公衆電話BOXから出てきた





ヒロシの日々淡々日記



梅干し食べて、影みつさん。





すると、



「あっちで、誰か釣ったみたいですね」






ヒロシの日々淡々日記


うに坊。





みんな一斉に走り出します。




ヒロシの日々淡々日記






誰が釣ったんでしょう?



その方は、こう言われていました。



「公約」 もし自分がヘボンガーになったらジムにTシャツを着て行く。



それも、横向きに(爆)



そして、写真撮ってブログにあげる。・・・と。



そう、この方です。




ヒロシの日々淡々日記


おいばい!





ヒロシの日々淡々日記



おいが釣ったばい!




と、天然先輩(爆)





























さすがです!!










そして閉会式。




今回のヘボンガーは、風邪も影響したかNAPPIさん(爆)





恒例の写真撮影










ヒロシの日々淡々日記




風邪の影響か、よく意味を理解してませんでした(爆)







今回も、怪我なく無事にハガイカップが終わりました。



帰りのフェリーの中では、疲れて寝る人やハガイカップを振り返る人。




今回来られなかったちゅる太。



彼は言葉少なげですが、律儀な奴です。



ただ少しばかり言葉が少ない。



そんなちゅる太が、みんなのフェリーの到着を待っててくれました。







ヒロシの日々淡々日記



あ`` あ``




って言いながら(笑)




みんなは、ちゅる太に


「わざわざありがとうな。次回は来いよ!」



って優しく言います。



すると、ちゅる太はそうとう嬉しかったのか










あ``ー ああ``




少し言葉多めでした。





そして気分よく





ヒロシの日々淡々日記



家に帰って行きました。







今回めでたく、Tシャツを返却した




ヒロシの日々淡々日記


KIYO




ご褒美に





ヒロシの日々淡々日記



ギリギリ人間になりましたとさ。





チャンチャン(笑)





















みなさん





ホントごめんなさい!


悪気は一切ありません!



ただ時間の都合と、私自身風邪をひいてしまった為になんとなく不完全燃焼であり



登場されなかった方も多かったです。



すいませんでした。





できるなら今回参加される方全てを登場させたかったんですが・・・





でわ、第14回ハガイカップ参加者のみなさん頑張ってください。



特に、NAPPIさん(爆)



私、今回本気でNAPPIさんに期待してます(爆)





そして、みなさん



天然先輩にむかって、お蝶夫人!とか言わないでください(爆)



あ、NAPPIさんにもドテチンとか絶対に言わないでください(爆)



これは、あくまでも私が作った想像の世界ですから。



NAPPIさんも天然先輩も必ず笑って許してくださるって私の勝手な見解から書いてますんで。



許してくださいますよね。



NAPPIさん (^ε^)



天然先輩 (^ε^)






それでは、当日いろんなハプニングを期待しつつ



私は風邪と闘います。



AD

挑発とご報告

テーマ:

突然ですが



私の兄、「アキラ」は見方によっては



あご勇に似ています。








暑い夏をしっかり乗り越えた葉がすっかり色づき、私も色づき始めました。



そう季節は、すっかり秋です。



この季節は、なぜかいろんな事を思い出します。



なぜなんでしょうかね。



世間では、スポーツの秋 ・ 読書の秋 ・ 食欲の秋などと言われます。



しかし私は、どれも当てはまりません。



私は、人肌恋しい秋です(爆)








いよいよ今月25日、第14回ハガイカップが開催されます。



みなさん





盛り上がってますか?




まぁ、どんなにブログ間で盛り上がりにかけても当日は必ず盛り上がるハガイカップ。



なんの心配もしてませんが私から1つ言わせていただきます。






現ヘボンガー



いや



第13回ヘボンガー



いや、違う



尻でかヘボンガー



いや、失礼



太っちょヘボンガー



なんか違う



スケボーもヘボンガー



めんどくさい・・・








おい!KIYO!!




お前が盛り上がらんと、盛り上がらんぞー!



経験者の私が言うんだから間違いない。



お前が、アタフタせにゃ盛り上がらん!!






ヘボンガーなら、ヘボンガーらしく






ヘボれーーー!!




ここまで言いたくないが、現時点でエギングが一番下手なんだぞー!(爆)




KIYOーーー!





モガケーーー!!



ブログで参加者をいっぱい弄ってやれ!



総帥ヒデさんが許す!



たぶん(爆)



みんなを弄って、嫌われてもくよくよするな。



そして、俺のせいにもするな(爆)





KIYOーーー!




頑張れーーー!!




わかったか!



ヘボンガー

KIYO!!



新たな

ヘボンガー

KIYO!!









すいません。遂、熱くなってしまいました(笑)



歴史あるハガイカップ、ヘボンガーの存在無しでは語れません。



ゆえに、つい熱くなってしまいました・・・










そしてご報告です。



言うだけ言って申し訳ありませんが、今回私諸事情により欠席させていただきます。



正式に昨晩、お酒に呑まれた総帥に連絡させていただきました(爆)



前夜祭も参加できません。



寂しいでしょうが、私抜きで盛り上がってください(笑)



そして皆様にお願いです。



ハガイカップの写真は出来るだけ多くブログアップお願いします。



後日、「ハガイカップ夢の架け橋」てな題名で私にブログをつくらせてください。



どうかシコシコ(笑)



ドピュ(爆)


























AD

異言同意

テーマ:

よく「日本語は難しい」とか言う人がいる。



はたして本当にそうであろうか?



自分勝手な解釈をするから難しくなるのではないかと自分は思う。



相手の立場になり解釈をすれば、そう難しい事はないと自分は思う。





まぁ、簡単に言えるほど自分は人間できていないが・・・







最近思った事を今日は綴らせてもらう。



私達夫婦間の会話でよく使うようになった言葉。



私は、「ありがとう」



ミキは、「ごめんね」



前にも書いたように、ミキは「パニック症候群」と「軽鬱」の病に悩まされてる。



一時期と比べると、ほんとに良くなったと思うが



やはり、薬は手放せない。



そんな中、家事は大半私がやってきたが、今ミキは半分くらいこなせる様になった。



台所に立つミキを見れるだけでも、私は今十分幸せを感じている。






そういった一つ一つに私は、「ありがとう」って言っている。



初めは自分で気付かなかったが、ミキに



「ヒロシちゃん、そんないつもいつも言わなくていいよ」



って言われて初めて気付いた。



それに気付いた時、私は逆に気付いた。



私が家事を行っている時、ミキは言う。



「ごめんね」って。



気にしながら生活していると、やはり常に言う。



「ごめんね」って。






「ありがとう」 と 「ごめんね」



この二つの言葉の意味は、違う。






ありがとう・・・感謝・お礼



ごめんね・・・謝る・謝罪





一般的にはこうなると思う。



しかし今、私達夫婦間で使っている 「ありがとう」 と 「ごめんね」 は同じ意味になる。



と、思っている。



確かにミキは、家事をやってる私に申し訳ないという気持ちから「ごめんね」って言っていると思うが



自分の解釈では、その「ごめんね」は「ありがとう」に聞こえる。






こうやって書き並べてみると、「当たり前」的に感じるが、今まで深く考えもしなかったこと。



そう考えると 「ごめんね」って言葉はすごいと思った。



凄くダイナミックに言い表すと、この「ありがとう」と「ごめんね」の二つの言葉だけで人との繋がりって出来てしまうんじゃなかろうか?



とまで思った。






それぞれ異なる意味を持つ言葉。



それを同じに感じた私でした。





他にそういった言葉を探してみたけど私には見つかりませんでした。



そんなことに幸せを感じる、今日このごろです(笑)








あ、間違いかもしれませんが



お互いに求め合った時



女性が、「イヤ」って言った時



「イヤと?」って聞くと



「もぉ~、イジワル~」って言われた記憶があります。



と言う事は、これも「異言同意」ですかね?




ん?



と言う事は、同じシュチュレーションで



「ダメ」



これも「異言同意」かな?(爆)







また、やっちまったかな?


AD