2007-07-15 23:53:34

“30 歳からの恋”を邪魔するもの

テーマ:ブログ

 前回のエントリーで「Numero」http://www.numero.jp/ (女性向けファッション誌)で赤木さんのインタビューを掲載しましたが、構成上は以下のエッセイが前の頁にきます。一部抜粋します。


リード
“30 歳からの恋”を邪魔するもの
「結婚どころか恋愛も難しい」という声をよく耳にする昨今。
恋愛は自然にできると思っていたけれど、どうしたというんでしょう?
30 歳からの恋を邪魔するものは、一体何なのでしょうか?


 「いい男がいない、いても結婚している」というボヤキは、未婚の30 代以上の女性たちが集まって、ご飯でも食べに行けば、誰かが必ず言うセリフ。「はいはい、負け犬の遠吠え、遠吠え(笑)」と自嘲気味に笑っている分には、まだ余裕があるように見えます。でも私は、社会の変化を長い目で見れば、それは「負け犬の叫び声」に変わるように思えるのです。
 
30代にもなれば、若気の至りで突き進むこともなく、「この人と結婚して“幸せな生活”を送れるか?」と現実的に考える人が多いんでしょう。なぜ、最近、30代男女両方から「結婚はおろか恋愛さえも難しい」という声をよく聞くのでしょうか。


  まず、これは男性が昔よりも、女性に声をかけにくくなった事情があるように思います。

  それは「ストーカー」という言葉や概念が洪水のように一般化したことに一因があるでしょう。
  1997年のテレビドラマ『ストーカー逃げ切れぬ愛』や99年に起きた『桶川ストーカー殺人事件』などは世間の注目を集めました。“恐怖”とまではいかなくても、「なんでもセクハラって言われそう」と思っている男性は多いはず。
  今から考えると、昔の大ヒットテレビドラマ『101回目のプロポーズ』の武田鉄矢のような男が、くじけずに迫っていたら、今なら、セクハラやストーカーで訴えられましたということになりかねないという怖さです。
 “感動の恋愛談”と“ 犯罪”が紙一重な状況では、男性が自粛傾向に陥っているのは無理もないことです。それに、もともと30代女性は「結婚を焦っていると思われたくない」でしょうから、積極的にはアプローチしづらい。というわけで、恋に発展しにくいのではないのでしょうか。
 

 そして、恋愛の次は「結婚」です。これはさらに大変な状況です。恋愛は本能みたいな部分がありますが、結婚は「制度と生活」にほかなりません。だからこそ、身近な“制度”と“生活”の変化を知る必要があるのではないでしょうか。そして、それが今後どうなるのかを知っておいたほうがいいように思います。そこには,恋愛と結婚の壁となる理由が隠されているからです。


経済と恋愛の関係とは?
  日本は80年代に男女雇用機会均等法ができ、バブルになります。メディアでも働く女性がもてはやされました。そう、時代のキーワードは「自分探し」。社会に出て女性が経済的な自由を手にし、自分らしさを得ることが良しとされたのです。しかし、その後、バブルは崩壊。96年から99 年にかけてリストラ目的で「労働者派遣法」が変わり、人材派遣業が実質すべての業種に拡大。今や働く人の3人に1人が非正社員となりました。右肩上がりに給料が上がる終身雇用が崩壊したわけです。

今の20代後半から30代前半の「結婚適齢期」といわれる層はこのバブル崩壊後の経済が悪い時期をまともにかぶった世代になるというわけです。
  日本は終身雇用と右肩上がりに給料が上がることを前提としていろんな制度ができていて、今、その前提に大きな変化が起きています。それゆえ、以前のように普通の結婚生活を送りたくても送れない、と考えている人が多いのではないでしょうか。
 かつてのように「俺についてこい!」とか「苦労はさせません」というプロポーズはうっかりでも口にすることができません。それは、どうひっくりかえっても、できなくなった男性が増えたからでしょう。たとえ、今は配偶者を養う収入がある未婚の男性でも、いつリストラに遭うか分かりませんし、会社に残ったとしても「残業代ゼロ法案」と呼ばれる「ホワイトカラーエグゼンプション」が国会で検討されていたような状況ですから、正社員も厳しくなっています。リストラされないためにも目先の仕事を優先させざるを得なく、気がついたら“永すぎる春”、下手すれば“ ずっと冬”になってしまうことが想像できるわけです。


  さらに、こうした変化の中で、私が注目するのは以下の3つです。それは『子どもの教育』と『住宅』と『家族の医療』。これらは、独身生活と結婚生活を比べて、大きく事情が変わるものであり、心理的負担も経済的負担も大きい3つだからです。


● 子どもの教育 
 日本は諸外国と比べて、費用がかさむ高等教育のほうに補助がありません。これは右肩上がりの夫の賃金体系があったから。国連は66年に教育の機会均等のために、たとえすぐには無理としてもいずれ無料にするという方針を取り決めましたが、日本は高等教育機関の私費負担がOECD加盟26カ国中3 番目の高さ。各国平均よりかなり高い。それどころか、国公立大学の授業料の引き上げがされ、逆の動きになっています。


● 住宅 

  日本の住宅政策は、戦後一貫して『持ち家政策」を推進し、民間市場にまかせてきました。わずかな市営住宅(全住宅数の約5%)が補助金を受け、自治体が低所得者を中心に供給。55年に設立された住宅都市整備公団は都市に住む“家族”世帯を対象に公団住宅の供給を始めましたが、それも全住宅数の2%という低いシェア。それに公団住宅は、基本的には若い家族が持ち家を取得するための仮住まいの位置づけ。つまり、“結婚”が前提です。欧州諸国にはある“個人”への家賃補助もありません。


● 家族の医療 

  ピンピンしていた人が明日ポックリ死ぬわけではありません。女性は男性よりも平均寿命も長いわけで、結婚すれば、相手の父、母、そして伴侶まで家族全員を介護する可能性があります。団塊世代が老いを迎えて、人口的には必ず高齢者が増えるのですが、厚生労働省は全国の“療養病床”を2012 年度までに減らす予定です。この減らされる分は医療が必要ない“要・介護”の老人。これらの受け皿は“家庭”です。病院から、致し方なく放り出された“介護難民”たちはこれからも増えます。


  つまり、多くの男性が、今までイメージしてきた“結婚への責任” をまっとうできなくなっているのです。それは“専業主婦を養って、子どもの養育費と教育費を負担し、35 年のローンで家を買い、親が年老いたなら、高度の医療が受けられる病院で世話をし、安らかな最期をみとる”といったイメージです。そういったごく普通の人たちのライフコースのイメージが実際の社会の動きをみれば、ほんとうに崩れていこうとしているのです。だから、人生をともに歩もうとする相手を見つけるための愛や結婚に大きな不安があるのでしょう。
  メディアでは最近の若者は“セックスしない”“大人しい”“下流志向” “ひきこもり”だと散々言われています。つい20年前くらいまでは、校内暴力、暴走族など“暴れる若者”が問題視されていました。それが今や、ようするに「元気がない」とバッシングされています。これは、戦後初めてのことなのではないでしょうか。いつの時代も「いまどきの若者は…」と小言を言いたい年長世代はいますが、今の“ 元気のなさ”は個人の性格やモラルの問題だけに還元していいものではありません。その元気のなさの本当の理由は、就職や恋愛や結婚や出産などの人生の一大事に社会の変化が影を落とし始めていることなのです。男性だけでなく、もちろん女性もしんどい状況は同じです。ストーカーもDV男も困りますが、でも「いい男がいない」と遠吠えする前に、まずは普通の男性さえ、女性に近づくのを控えたり、結婚に希望が持てなくなっている社会の構造を女性も一緒に考え、そして変えていくような努力をする必要があるのではないかと思うのです。


 今月号の「犯罪季評」で、芹沢一也さんが「痴漢冤罪」のことを取り上げていましたが、「犯罪不安社会」のときに文献調査で気がついたのは、2000年前後の「ストーカー」関連書籍発刊の急激な増加でした。
 犯罪被害者によって、「被害者に感情移入することによって変わる社会」、ようするに“被害者化する社会”を浜井先生も芹沢先生も指摘されていましたが、そういった被害者化するメディア環境と経済と制度の変容(もしくはは変わらなさもあるんですが)がもたらすものはどんな社会なのでしょうか。

 受け皿がないところに、たとえば、いまだに「家族解体」だとか「学校解体」など「自由」を求める動きは、果たして、叫んでいる人たちが手に入れたいような「自由」で「多様」な社会になるのでしょうか。

 壊したものはなくなるのです。もしそれを望むなら、なくなったあとの「受け皿」を考えて話したほうがいいと思います。


 今、認知症の取材をすすめていますが、この「認知症」という病は社会的なフォローの差が病気の差ともなってくる「あいまい」な部分が大きい病気です。


 医療関係者の口から話されること。考えさせられます。

 「孤独(死)からどうやって救うのか?」


 私は価値観の話をしているのではありません。

 事実、人間は「弱る」のです。「たったひとりの部屋で1週間誰にも見つからず、腐乱した状態で、見つかってくださいね。自由な人生だったかもしれませんが。」とは私はいえないのです。


※参考資料 
 「住宅からみた高齢女性の貧困」-「持ち家」中心の福祉社会と女性のハウジングヒストリー -泉原美佐

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

hiromiyasuharaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■sleepless_nightさま

こんばんわ。たびたびいろいろと教えていただいてありがとうございます。
 >これでいくしかないのだから、仕方がないと言うのではなく。同時に、人の命は大切だと思う・合意するなら、人が生きていけない・追い込まれていく近代の仕組みを理解した上で、そこから端的に保護する部分を認める、そのために近代の仕組みを利用するように変えてゆくしかないでしょう

そうですね。介護のジェンダーの問題なんですが、うーん理性が残ってるじいさん、ばあさんはまあいえばわかるのでとりあえずおいておいて・・。性的なところは生物学的なことだと思います。私も弟の介護(脳挫傷)しましたが、はっきりいって脳がやられている状態でも「おっぱい」触ってました(いまだに本人に言っても信じてくれませんが 笑) 脳外科で介護してましたが、「病気」ですから。
 なので・・・ジェンダー的なもので解決しようとすると、どうしても男-女の敵対関係を作ってしまうし、理性(教育)でなんとかしようとしますし、「犯罪」にしてしまえば、現場にカメラを導入しようとか変な話になってしまいます。そんなことをしても結果的に介護をする人も介護をする人のためにならないし、ラクにもならないです。「社会の納得」のためのことを考えるより、私は金と人手をきちんと投入することかなと思います。じいさん、本人が好きな音楽や興味のひくものを渡してそれについて話ながら作業をすすめることや誰か同伴できるスタッフのアサインをすること、これに尽きると思います。

4 ■無題

こんばんは。コメントにコメントを頂き、ありがとうございます&おつかれさまです。
 自殺率の統計についてはおっしゃるとおりだと思います。
 フルタチさんの番組は見ていないので分かりませんでしたが、客寄せパンダなのでレベルはそんなものでしょう。
 認知症の男女での予後の違い。これは自殺についてと同じ(未遂の女性・既遂の男性)で、本当にジェンダーの問題が大きいと思います。
 近代国家と生産の問題については、私もこれでいくしかないだろうと思います。
 ただ、これでいくしかないのだから、仕方がないと言うのではなく。同時に、人の命は大切だと思う・合意するなら、人が生きていけない・追い込まれていく近代の(統治や生産の)仕組みを理解した上で、そこから端的に保護する部分を認める、そのために近代の仕組み(から生まれる成果)を利用するように変えてゆくしかないでしょう(これは立岩真也さんの発想ですが)。
 新しいエントリのほうに、介護問題に関連するエントリのTBをさせていただきました。
 お手数ですが、不適切と判断されましたら削除をお願いします。

3 ■sleepless_night さま

こんばんわ。
>独居老人より同居老人のほうが自殺率が高いとされています。
 自殺については生物学的な死因と判断された場合、「病死」とされてますから、統計の操作的定義の細かいとこみないといかんともいいがたいかもしれません。
 先日、報道ステーションでも「孤独死」についての報道をしていました。
 山田昌弘さんが出演されていましたが、ようするに資産形成ができず「年金」だけで生活しなければならない老人が増えていること。親戚はあるんだけど「迷惑をかけたくない」と思って「孤独」を選ぶこと。「心のシャッター街ですね」といったフルタチはアホではないかと思いましたが。
 認知症は日本で使える薬がひとつしかなく(これも治療ではなく延命)、認知症の開発は今かなりがんばっています(がんばらなきゃいけないかどうかという倫理的問題はおいておいて)。そういったコーホート研究を見て考えると、やはり一番問題なのは「孤独」と「貧乏」です。これは他人がいても「孤独」であることも含まれます。
 予後がいいのは女性のほうがいいです。これは社会的枠組みにとらわれず話ができるからだろうとお医者さんはいってました。話題が「生活」に根ざしているからです。男性の場合は「引退前」の仕事の話からしか話ができない人が多いそうです。そして結果今の自分を見比べて黙ってしまうそうです。『介護に直面して気づかされた「男」社会の問題を修復する路線へ行くか』はなんとなくですが、ジェンダーにとらわれているのは男たちではないかと思います(私自身ははジェンダーはないとはいいませんが、生物学的差異でみたほうがいいと思ってますが)。つまりここをラクにしてあげない限り女性もラクにはならないかなと。
>精神論では解決しない問題を、
まずは最低限のお金と健康的な住居が必要です。あと社会的な人的フォローです。
>近代国家は家庭を構成単位として中間を廃して統治しようとし、生産においては
ここは不可逆だと思っています。

2 ■無題

わざわざコメントを頂き、ありがとうございました。
 最後の「ハム食べたい」についてはもちろん冗談です。 真剣に書けば長期的にどうすべきかという答えしか浮かばず、聞いていた音楽で話しを濁して終わらせました。 オチとして、海岸で普段見えない岩が見えたら逃なければならないや、潮の急激な後退で遅れた魚を捕まえろとも考えたのですが、上手い話でもないので投げっぱなしにしておきました。

 認知症、孤独について取材をなさっているとのこと。
 (私がブログで書いております)自殺について言えば、ご存知かと思いますが、これは「孤独の病」と言われ、近年は老年期の自殺増加が指摘されています。 しかも(これは75年と古い調査ですが)独居老人より同居老人のほうが自殺率が高いとされています。誰かといればと孤独ではない、というわけではないことに孤独の難しさの一端を感じます。
 認知症についても、介護施設で利用者同士の色恋沙汰を起こす「モテる」老人はなることが少ないとの話しを聞くと、他人に対する興味の有無や孤独のそれぞれの人への意味を考えさせられます。
 これから更に高齢化が進む中で、ご指摘の通り介護問題の深刻化は結婚問題を直撃するでしょう。
 近代国家は家庭を構成単位として中間を廃して統治しようとし、生産においては移動可能な労働力を求めるため、消費においては財布の数を増やすために、家庭や個人を求めてきました。現在、その仕組みが消費と生産の主体・対象としていたはずの家庭と個人を成り立たなくさせてきていると考えられます。
 その家庭と個人に介護が本格的に直撃したとき、何が起きるのか。家庭の持つ規範性を利用した家族介護(と福祉への国家・企業支出の削減)への訴えかけというネオリベ路線に行く(そして介護当事者は結婚しない・できない、だから余計に規範性に訴えて悪循環にハマる)か、介護に直面して気づかされた「男」社会の問題を修復する路線へ行くかは、興味深いものに思います。
 精神論では解決しない問題を、価値観を変えて社会制度を変えて行けるか。多様性や自由に耐えられるための安心や基盤はどこに求められるのか。
 あまり明るくはないと思いますが、そんな問題のつながりを考えつつ、これからもブログを拝見させていただきたいと思います。
 長文失礼しました。

1 ■はじめまして^^

はじめまして^^
いろいろと巡っていてこちらにきました。
情報量が多いブログですごいです。
いろいろと参考にさせて下さい。
30代というのにアンテナが引っ掛かりました^^

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。