ホリスティック・ステージアップコンサルタントの
渡辺啓美(ひろみ)です。







遅ればせながら、
明けましておめでとうございます。

今年もよろしく
お願いいたします。



皆さまは、
どんなお正月をお過ごしでしたか?



わたくしは、
近所に初詣に行ったり
読書したり
勉強したり
DVD見たり
ボーっとしたり(笑)
ゆっくりと過ごしました。



さて…



2018年!
どんな1年にしましょうか?



あなたは
今年の目標を考えましたか?



ここのところ
私が考えてきた課題は
『人との繋がり』です。



去年1年
色んなことがあり
気がついたことがあります。



私、1人で頑張る人だなぁ、と(笑)
自分を誉めているんじゃ
なんですよ。

呆れているんです(^^;)



起業して1年、
訳もわからず
ガムシャラに突っ走ってきた感じ。

周りには仲間や友達もいるし
教えを乞う先生も何人かいますが、
孤独感も味わいました。



去年の反省、
「余裕がないと、笑えない!」



そんな中、
私には
見えていないことが
あったのではないかしら?



私を心配してくれる声、
私には気がつかなかったアドバイス
思いやりある行為や言葉がけ、コメント
応援や支えてくれる人たち



今年頂いた年賀状を見ると
普段お会いできない方も
ブログやFBを見て下さっていて
お気遣いや応援のメッセージが
添えられていました。



1年を振り返ると
自分のことで
精いっぱいで
周りの人の存在や
自分が支えられていたことまで
気が回らなかったなぁ。



よく考えると
ここぞという時
基本的に、わたし
「人に甘えない、1人でもやる」という
スタンスになっちゃうんです。

それでも
スイスイ出来ればいいのですが、
つい無理して
一人で抱えてしまいます。



昔ボランティアで
リーダーになってチームを作った時
「ひとりでやるな!」と
スタッフに何度も
怒られましたっけ。



『人との繋がり』という意味では
人がしてくれたことや応援
助けてくれること、サポート
励ましや愛情…
それを受け止めてこなかったのは
私なのかも?



そんなことを
考えていたら
こんな出来事がありました。



カフェで
ひとり読書をしていたら
隣の席のおばさまが
私の方に向かって
咳をしてくる!



「えっ!?」と思ったけど
お連れのおばさまに
かからないように、
とのことだったのですね。



その方が帰られる時
声をかけられました。



「ごめんなさいね。
風邪じゃないんだけど、
痰が絡んで、むせちゃったの」

「苦しかったですね。
大丈夫ですか?」とお答えしたら、

「大きな声で、ごめんなさいね。
90歳になったから、
耳も悪くて…」

エーーーッ、
とても90歳には見えないです!

「私は今、この本読んでいるの。」と
養老孟司さんの本を
見せてくださいました。

「あなたは、何の本を読んでいるの?」

カバーをしていたので
1ページ目の小さな文字のタイトルを見せたら
「見えなくて…」と虫眼鏡を取り出しました。
じっと見て、
「わかりました!」と。

大きな声でタイトルを読まれなくて
良かったぁ~。

なぜなら
その本のタイトルは
アドラー心理学、岸見一郎先生の

「幸せになる勇気」(笑)

カフェで公表するには
恥ずかしすぎるでしょ!



お二人とも
穏かな笑顔だったのですよ~。
つい、引き込まれて
思わぬ楽しいひとときを
ご一緒させてもらいました。



何だか、この
距離感とか
空気感が
心地いいなぁと感じました。



90歳のおば様たちは
耳も遠いし、痰もからむし(笑)
若い人のように
完璧じゃないかもしれないけれど、

遠慮も全くないけど(笑)

無神経でもない。

自由で
楽しそうにしていて
人を思いやる余裕があるの。

で、
わたしの心も
ホッコリ癒されました。



『繋がり』って

ひとりでカリカリしていたら
絶対、出来ないけれど

相手を思いやるところから
生まれるんだなぁと思ったのです。



「人に依存しないで、
ひとりでも頑張る」のは
大事なことではあります。



でも、
それだけじゃあ、

面白くない!!!



それに、
ひとりで出来ることには
限界があります。



やっぱり
人間には
人生を豊かにするために
良質な、
『人との繋がり』は
絶対、必要なものです!



人に
感謝や尊敬を
届けられる人になりたい。



周りの人の声や思いを
ちゃんと受け取ることから
『繋がり』を創っていこう。



そういう余裕を持つためには
どうしたらいいかしら?



振り返ると
キラキラと成功している人と
今の自分を比べて
早く結果を出したくて
焦って無理していましたね。

自分じゃない
素晴らしい、あの人達みたいなのを目指すのは
止めた方がいいみたい。



意地っ張りで強情、
完璧ではない自分に観念しよう。

本来の自分を取り戻して
地に足をつけて進もう。



そして決めました。
今年の目標。



「自分に正直に。
自然体で自由に
人との繋がりを楽しむ!」



そして、
周りにも
こういう人を
増やしたいなぁ!



だって、
私だけでなく
周りの人や情報に振り回されて
無理を重ねて疲れている人が
多いなと感じているので。



ビジネスの目標も
色々ありますが

この
『自然体での人との繋がり』から
どういう展開が生まれるか、
楽しみたいと思います。



あなたは2018年
どんな年にしたいですか?

良かったら
聞かせてくださいね。






ブログのご感想・ご意見・ご質問、
またお問合せなどありましたら、
下記までお気軽にお寄せくださいね。
mailto:essc-garden@holisticstageup.com





【ご案内】
◆ホームページ: エッセンスガーデン
http://r.goope.jp/essc-garden


◆フェイスブックページ: エッセンスガーデン
https://www.facebook.com/essencegarden/


◆無料メール講座
『あなた自身がお客様に愛されて選ばれる
戦略的ステージアップ
5つのステップメール講座』
詳細はこちら↓↓




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。



にほんブログ村



にほんブログ村



ホリスティック・ステージアップコンサルタントの
渡辺啓美(ひろみ)です。



随分と
ご無沙汰してしまいました!

皆さま
お元気ですか?






「エレベーター閉じ込められ事件」から
孤独体験を通しての
気付きをシェアしてきました。

前回のブログ → 孤独と向かい合った、その先にあったもの
前々回のブログ → 恐ろしい孤独感は、忘れた頃にやってきた


今日も、その続きです。



人間は孤独を癒すために
自分以外の人との
繋がりを求めますよね。



でも、
「繋がり」って
本当は
よくわからなくは
ないですか?



人との付き合いには
色々なレベルがあります。

仕事の上司・部下・同僚・人脈・ビジネスパートナー、
趣味の仲間、コミュニティの仲間、
いつも行くお店の人、ご近所さん、
クラスメート、部活仲間、友達、親友、
恋愛、夫婦、家族、親類縁者…



その中で
あなたには
「この人とは繋がっている!」って
実感がある人はいますか?

気が合って
話が盛り上がって
楽しい時間があって…



でも、
それって一瞬?



恋愛だと
お互いに思いやって
もう少し続くかな?



それとも
「私達は、繋がっているから
大丈夫!」と
安心していますか?



家族だって
パートナーだって
友達だって
そばにいれば
通じ合っているかと言えば
そうとも言えないみたい?



個人と個人、
別の人間ですからね、
考えや感情が違うことだってある、
当たり前と言えば
当たり前のことです。



私はずっと
「お母さんは
私のことなんか、
ちっとも分かってない!」
と思っていました。



世の中のお父さんの中には
定年になってから
「さあ、奥さんと旅行にでも行って」と
思っていたら
突然離婚を迫られる
なんてこともあるみたいです。



信頼していたビジネスパートナーに
裏切られて…
なんて話は、
よく聞きます。



「繋がり」って
なんでしょうね?



何をもって
「繋がっている」と
いうのでしょうか?



「繋がり」で
孤独は癒されるのでしょうか?



「繋がり」って
幻想なのかしら?



少なくとも
非常に曖昧で
危ういもののように
感じるのです。



だから、
結婚する時に
「一生、一緒にいます!」って
神様や家族の前で
誓いをたてるのですよね。



人との「繋がり」は
「ない」とは言いませんが
目には見えません。



しかも、
私達は
自分の都合で
ひとりが嫌な時
ひとりを受け入れられない時に
人との繋がりを求めていませんか?

寂しいと感じて…
何となく不安で…
取り残された感じ…



そんな時、
相手が
自分を受け入れてくれることを
期待します。



語りかけてほしい。
優しくしてほしい。
慰めてほしい。
気遣ってほしい。
笑顔を向けてほしい。



でも、
自分のことは
周りの人に知ってほしいような
知られたくないような…?



で、やっぱり
「自分が孤独を感じている」なんて
知られたくなくて
周りにいる人には
悩みがないように
明るく振舞ってしまいませんか?



余計
自分のことは
周りに知られることはないですよね。



でも、世の中には
素直に「寂しい」と
人に言える人がいます。

私は、そういう人が
羨ましいですねぇ(^^;)



孤独な自分、
本当の自分を表現するのは
勇気がいること、

意外と
難しいことです。



カウンセリングをしていると
クライアントさんは
おずおずと
「実は…」と
こちらが思わぬような悩みを
話し始めます。



それは
周りの人には
話せない悩み。



でも、誰かに
聞いて欲しいのです。

誰かに
自分を知ってほしいのです。



そして、
自分の心の声を
誰かに聞いてもらって
知ってもらったら
少し肩の荷が下りて
安心するのです。



たったひとりで
グルグルと
思い悩んでいたところから、

孤独から、

解放されるのです。



カウンセラーは
あなたの心の声を
聴く人です。



でも、
カウンセラーが
そばにいなかったら?



本当は
あなたの心の声は
もう一人のあなたが
聞いてあげることが
出来るのです。



あなたの心の声が
「寂しい」とか
「悲しい」とか
あるいは
「実は、怒っている!」とか…

あなたが感じている声を
素直に聞いてあげればいいのです。



でもね~、
たいていの人は、



大人になると
その心の声には
理性的に
蓋をしてきてしまうのですよ。



日々の忙しい物事に対応していくのには
理性の声は
感情に振り回されないで
便利だし、

大人の社会人としては
立派なのかもしれませんが、



そうやって
心の声を無視していると
その声が
どんどん小さくなってしまって
自分が何を感じているのか
わからなくってしまうのです。



自分の根っこと
切り離されてしまった感じです。



その根っこ、
小さな心の声の主は
ひとり
取り残されています。



心理の分野では
この心の声を
【インナーチャイルド】
と言います。



あなたの中にいる
子どもの時のような
素直な感情の声。



この【インナーチャイルド】の声が
聞こえなくなった時

つまり
自分の心の声と
繋がっていない時
人は孤独を感じてしまうんじゃないかと
思うのです。



頭の中で
「孤独は嫌だ~!」
「孤独は怖いよぉ~」
と叫んでいる時、

私達は
孤独を否定していて、
拒絶しています。



で、
こんなこと、していませんか?

好きでもない人と
作り笑いして一緒にいたり

「ひとりだって、平気」って
強がってみたり

よくわからない不安に
ただ閉じこもっていたり。



あなたの中の
【インナーチャイルド】は
ただ、あなたに聞いてほしいのですよ、
「寂しいよぉ」を。



あなたと繋がって
一緒にいてほしいのです。



逆に、ですね…



私達は、勝手なことに
人とあまりにも関わり過ぎていると
あえて
「ひとりになりたい…」
と思ったりしませんか?(笑)



ひとりになって、
ホッと安心したことは
誰でもあるのではないでしょうか?



そんな時は
あなたには、
ちゃんと【インナーチャイルド】の声が
聞こえているのですね。



「ひとりになる」「孤独」ということは
ネガティブなことのように思いますが

実は
自分を守るためにも
人と関わる自分を整えるためにも
必要なことです。



自分で選んだ「ひとり」はいいけど
たまたま、そうなってしまった「ひとり」は
耐えられない?



どっちも
「ひとり」なのに。



面白いですね、人間って。



だから、
孤独自体には
「いい」も「悪い」も
ないのです。



私達が勝手に
「孤独は怖くてイヤ」とか
「ひとりはホッとする」とか
その場や自分の立場によって
決めつけて解釈しているだけなのです。



大事なのは
あなたが「孤独」を通して
どう前に進むか?
ですよね。



「孤独は…」「ひとりは…」という決めつけは
とりあえず、脇に置いておきましょう。



そして、
あなたが今感じているものを
そのまま感じて…

否定も肯定もせずに
静かに
その声を
聞いてあげてください。



あなたの心の声は
何と言っていますか?



「ザワザワする」
「寂しい…」
「不安」
「悲しくて、泣きそう」



出てくる感情と
一緒にいてあげて
そして
癒してあげてください。



「辛かったね」
「苦しかったね」
「一緒にいるから、大丈夫だよ」
と声かけてあげてください。



充分、心の声を聞いてあげたら

「スッキリ」
「安心した」
「心地いい」

そんな声が
聞こえてくるかも?



あなたが
自分の心の声と
繋がって

自分の感情を
自ら癒すことが出来た時

(心が元気になった時)

実は…

人とも繋がることが
出来るのですよ。



人と繋がることが出来る?!



その<秘密>は
次回にお伝えすることに致しますね。







ブログのご感想・ご意見・ご質問が
ありましたら、下記までお気軽にお寄せくださいね。
お待ちしております(^^)/
mailto:essc-garden@holisticstageup.com





【ご案内】
◆ホームページ: エッセンスガーデン
http://r.goope.jp/essc-garden


◆フェイスブックページ: エッセンスガーデン
https://www.facebook.com/essencegarden/


◆無料メール講座
『あなた自身がお客様に愛されて選ばれる
戦略的ステージアップ
5つのステップメール講座』
詳細はこちら↓↓




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。



にほんブログ村



にほんブログ村




ホリスティック・ステージアップコンサルタントの
渡辺啓美(ひろみ)です。



あなたは
何かのきっかけで
フッと孤独感に襲われたことは
ありませんか?



起業をしていれば
少なからず
孤独は感じているかもしれませんね。



孤独は嫌ですね~。
できるならば、
避けたいことです。



でも…

だからこそ、
その奥には
深い意味があるかもしれませんよ。



前回、
風邪と一緒に
孤独感が襲ってきた記事を書きました。

→ 「恐ろしい孤独感は、忘れた頃にやって来た」





咳と鼻水に苦しめられながら

「孤独だ~(T_T)」
「寂しいー!」
「怖いよぉ…」

と、どっぷりと孤独感に浸りながらも、
自分を観察していました。



この間
「風邪をひいちゃって」と伝えると
「無理しないでね」
と何度も言われたんです。



その度に
「ありがとうございます」
と、シラッと言いながら

心の中で
「無理しないと
やっていけないんだよね!!!」
と、ひとり叫んでいました。



何度も言われている内に
私は、
回りの人が心配してくれた言葉を
自分でシャットアウトしているな、
と思ったんです。



私は
「孤独だ。ひとりだ。」
「誰も私のことを分かってない」
と寂しがっている…

けれど、
回りの温かい言葉を
跳ねのけているのは
私じゃん。



回りの人に
自分のことを分かってもらうように
努力もしないで

自分で
回りの人との間に
壁を作っている。

孤独の世界に
閉じこもっている。

そんなことに
気付いたのです。



自分を
孤独にさせているのは
<自分>なんだ!



あなたは、
こんな経験ありませんか?



回りに人がいるにも関わらず、
「なんか、孤独だなぁ」と
感じたこと…



孤独を感じるのは
物理的に人が周りに
いるとか、いないとか、
それとは関係ないかもしれません。



目の前に人がいたとしても
「ワタシはひとり」
「何となく、寂しい」
「人は、私のことをわかってくれるはずがない」
という思いを抱くことがあるとすれば
自分が心の壁を作っているからかも
しれません。



それでは、
私達が
心に壁を作ってしまうのは、
どうしてでしょう?



社会的な繋がりでは

私達は

ちゃんとやらなきゃ
しっかりしなきゃ
良い人に見られたい
迷惑をかけてはいけない

さらに

傷つけられたくない



そんなことを
考えています。



私達、頑張っていますよね。

良い人間関係を築くには

少なからず、緊張感があるし…

自分の我を抑えて
耐え忍ばなければならない…

辛くても、明るく振舞って…

人にグチったり
甘えたりしてはいけない…



実は
その考え自体が
人との間に
壁を作ってしまうように
思うのです。



心に壁を作った自分で
回りの人と接していると
表面的な関係は
波風絶たず、
一見、平穏に成立しますね。



それが
悪いわけではないのです。

壁とまでは言わなくても
ある意味、
作った自分で周りと接することで
ほとんどの社会生活は成り立っています。



だけれど、
そんな関係ばかりだと
表現されない本当の自分が
フワフワと何処かに
行ってしまうような感じ。



孤独感を感じてしまうのは
こんな時ではないでしょうか?



だって、
このままでは
本当のあなたを
回りの人は
知らないまま、
だから。



ワタシのことで言えば
悩みを人に話したり
弱音を吐いたり
見苦しいところを知られたり
そんなことが
本当に苦手です。



だってワタシ
しっかりしているし
良い人だから(笑)



でもね、本当は
ひどく
悩んだり
落ち込んだり
苦しんだり
いっぱいあるのです。



「誰か、助けて!」と思うけど
声に出せない…

で、
ひとり頑張る(笑)



それじゃあ、
回りの人は
ワタシの一面しか
見られないのだな。

それじゃあ、
いつまでたっても
孤独は癒されないな。



孤独を癒すには
孤独感から抜け出すには
自分から
心の壁を
壊さなければいけない、
そう思ったのです。



それは、
勇気がいることです。



いつだって前向きと思われたい自分が
孤独感に苦しんだと言えば
回りに引かれてしまうかもしれない。



だいたい、
弱音の吐き方が
よくわからない。



上手に伝えられないかも
しれない。



そう思いながら
実験したのですよ!

心の壁を壊して
弱音を吐く実験!



学生時代の
いつもワイワイ楽しくやっている
長年の仲間に…

7、8人いたのですが
みんなサラリーマンか
サラリーマンの奥様です。



「起業って大変で、
こんなに孤独を感じたことがない…」

と、言ってみました。



どうなったと
思います?



みんな一瞬、引きました(^^;)

それでね、
だれも
突っ込んでくれないの(笑)



違う話に、流れました。



え~~~!
置いてけぼり…

ちょっと、
悲しくなりましたよ。



でも、実験だからね、
今回は言えただけで、大成功。

反応がなくても
仕方ないかと
気持ちを切り替えました。



けれど、
2つ目の店に移動してから
「そう思っていたなんて、
衝撃的だった」
と、ボソッと言う人がいたんです。



あ~、
聞いてくれた人が
いたんだなぁと
嬉しくなりました。



自分のことをわかってほしくて
苦しみや悲しさを聞いてほしくて
人に言ったとしても

誰もが
それを受け留めてくれるわけでは
ありません。



だって、
それは私のワガママですし、

それを聞いた人は
気持ちが落ち込んで迷惑だと
感じたかもしれないし、

そもそも唐突すぎて、
私の状況を
理解できないことかもしれないですから。



でも、
私にとっては
気に留めてくれる存在がいることを
知ることができた。



人の優しさが
身にしみるねぇ。



自分の弱いところも
聞いてくれる人がいる。
それは、
どんなに有難いことか!



人と人はね、

頑張って、イイ人をして
波風立てない関係も
あります。



でも、

勇気を出して
心の壁を壊せば

表の自分も
裏の自分も
見せ合える…

今までよりも
もっと信頼しあって
リラックスした関係を作ることも
できます。



そんなに
明るくて強い自分ばかりじゃ
ないですからね。



誰とでも、でなくて、
いいのです。



「この人は!」と思う人と

お互いを思いやりながら

甘えあったり

ワガママを言いあえたり

迷惑を掛けあったり

恥ずかしいけど「好き」という気持ちを
伝えあいながら

壁を作らない、素直な自分で、
育み深める人間関係が
欲しいなと思いました。



そこにこそ
お互いの孤独を癒せる場と
なるでしょう。



忘れてはいけないことが
あります。



孤独を避けるために
ただ一方的に
相手に甘えるのは
依存です。



もし
自分のことしか考えていないとすれば
相手は自分の思うとおりに
反応するべきだと考えているとすれば
そこには、まだ
自分の作った壁があります。



私達は
お母さんのお腹から出て
へその緒を切られてから
肉体的には
人と繋がっていません。

ひとりで歩いて
それぞれの経験を通して
それぞれの考えを身に付けて
最期はひとりで
あの世へ旅立ちます。



人によって
意識している、していない、の
違いはあるでしょうが

人間は誰でも
根本的に
孤独な生き物です。



だからこそ
目には見えない、
人との繋がりを
本能的に欲求しているのですね。



自分が
自分の孤独を引き受けてこそ
人の孤独も理解できるし

弱音をさらけ出せる強さを持ってこそ
人にも優しく出来るのだと
思うのです。



あなたは
どう思いますか?



ちなみに、
あの叶姉妹のお姉さま、叶恭子さまは

「わたくしは、
人と人との関係の場合の壁は
壁は超えるのではなく
そもそも壁を作らない
いわゆる心の中の壁を作らない事が
世界中の様々なコミュニケーションに
おいては最も重要だと考えております。」
と、おっしゃっております。

(叶姉妹オフィシャルブログより)



ん~、
一般人の私たちは
なかなか
この域には
達せられないかもしれませんわね。
精進致しましょう!



今回、
孤独と
とことん向き合った結論は

「心の壁を壊す」実験をしてみよう!



あなたには
ありますか?
「心の壁」!



本音のあなたと周りの大切な人、
見えない繋がりを生み出すために
ご一緒に、
「心の壁を壊す」実験を
してみませんか?





ブログのご感想・ご意見・ご質問、
またお問合せなどありましたら、
下記までお気軽にお寄せくださいね。
mailto:essc-garden@holisticstageup.com





【ご案内】
◆ホームページ: エッセンスガーデン
http://r.goope.jp/essc-garden


◆フェイスブックページ: エッセンスガーデン
https://www.facebook.com/essencegarden/


◆無料メール講座
『あなた自身がお客様に愛されて選ばれる
戦略的ステージアップ
5つのステップメール講座』
詳細はこちら↓↓




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。



にほんブログ村



にほんブログ村



ホリスティック・ステージアップコンサルタントの
渡辺啓美(ひろみ)です。







もう
あっという間に11月!

皆さま、お元気ですか?



私は10月に入って
どうしようもなく、体がしんどくなり
咳から始まり、鼻水が止まらず
風邪が2週間以上
長引いてしまいました。



予定をキャンセルして
引きこもっていたのですが、

ひとりでいると
ある感情に飲み込まれてしまいました。



それは…

今まで感じたことがない



『孤独感』



たったひとりで
恐ろしく
闇に飲み込まれていくような感じ



そこから
抜け出たくても
足を引っ張られるような
絶望感



わたし、結構
『孤独』には強いと思っていたので、
初めての体験だったのです。



何だろう?
何だろう?
何か、変!
と、1人もがいていました。



それで、
思い出したのが
9月に起こった
「エレベーター閉じ込められ事件」
その時のブログは→ こちら



あの時は
私はさすが、カウンセラーだけあって(笑)
自分のメンタルを調整して
乗り切った!
と思っていたのです。



事件の後も
その時のことを落ち着いて人に話していたし
他のエレベーターには
特にドキドキとかしないで
乗れていたし、
「結構、大丈夫じゃん!」と
思っていたんです。



でも、
そのうち
身体がどうしようもなく、
しんどくなってきて
気がつきました。



「大丈夫」と思っていたのは、
テンションを上げて
本当は感じていた、死への恐怖や
繋がりを絶たれた孤独感を
意識しないように
ただ、押し殺していただけ、
だったんだ!



浅はか、でした!



人がパニックにあった時の
心の状態について
以前こんな話を聞いたことがあります。



阪神淡路大震災が起きた後、
色彩心理の先生がボランティアで
被災者の方の心のケアのために
避難所を訪れました。



そこでは
意外なことに
子供が元気に走り回っていたそうです。

「案外、元気でよかった」と
先生たちは
一瞬思ったそうです。



ところが、
その子たちに絵を描かせてみると
使うクレヨンは
「黒」と「赤」だけ。



どの子も
「黒」と「赤」を
画用紙いっぱいに
吐き出すように
埋め尽くすのです。



色は、波動です。

色には、
それぞれ波動的な意味があり

私たちは
無意識ですが
色を通して
表現したり
選んだり
影響されたり
しているのです。



では、この場合の「黒」と「赤」の意味は?

「黒」は、恐怖、絶望、破壊、防衛、困難、喪失感 …

「赤」は、怒り、攻撃、苦しみ、焦り、ストレス …



家屋が次々と倒れる大きな地震
傷ついた、たくさんの人たち
制約された、不自由な避難所の生活

初めて直面した怖さや苦しさは
小さい子供には
言葉になど、出来ないことだったでしょう。



でも、
じっとなんか、していられない、
とにかく動き回っていなければ
気が済まない、
そんな感じだったのでしょうか?

楽しくて
走り回っていたわけでは
なかったのです。



子供たちは
画用紙とクレヨンを与えられ
言葉に出来ない感情を
色で吐き出すことが出来ました。



ちなみに
「赤」は『生命力』という意味もあります。

恐怖や絶望の最中であっても
「生きたい」という
痛烈なエネルギーが
子供には、あるのでしょう。



気が済むまで
思うままの色を吐き出すことを
数日、繰り返していると
気持ちが落ち着いてきて
子供の絵に
赤・橙・黄・緑・青・藍・紫…
虹色がカラフルに現れてきたそうです。



大人はどうだったでしょうね?

大人は理性が邪魔をしてしまって、
子供みたいに
なりふり構わずに
感情を吐き出すことは
難しいかもしれません。



私も…

あのエレベーター事件で
言葉に出来ない恐怖を
心の奥に
抱えていたみたいです。



でも、
その恐怖、

意識していると
生活できないから
無意識に
蓋をして隠すしか、
なかったのでしょう。



振り返ると
手にする服は
黒ばかりでしたね、私。



自分のことなのに、
まるで
人のことみたい、
そんな感じでした。



でも、
身体は正直!



意識はしていないけれど
隠し持った恐怖・孤独感は
私をビクビクさせて
前に進ませないように
していたのです。



あのしんどさを通して
身体が
「心のお掃除をしなさい」
と、教えてくれました。



それから、徹底的に

「一人は怖い」という思い、感情と

向き合って…

感じて…

味わって…

メンタルケアのツールである
フラワーエッセンスの助けも借りて

パニックで
フワフワしていた状態から
少しずつ
現実の生活に戻ってきました。



あのエレベーター事件で
自分が思っている以上に
心の傷、トラウマを
受けていたのですね。



よく考えたら
そりゃ、そうだよね。

だって、
「死ぬかも?」という思いが
よぎったのですもの。



でも、人間って
巧妙です。

訳知り顔の思考をこねくり回し
何とか「ワタシ、大丈夫」と
思い込もうとしていたのです。



思考の奥に封じ込めた
生まれて初めて感じた
「恐怖」と「孤独感」

それって、お化けみたい。
訳わかんない!

でも、その存在を
嫌わずに
認めてみました。

それが
心を癒すってこと、
ですね。



もう怖くて見たくないけど
ちゃんとその感情を
受け入れて
労わること。

放っておいては
自分がかわいそうです。



ウン十年生きてきたら
心の傷やトラウマの
一つや二つは
誰だってあるでしょう。



生死を分けるような恐怖とまでいかなくても
誰かに傷つけられた一言、とか
大切な人との別れ、とか
人に語れないほどの悲しい状況、とか

そんな忘れたい心の傷。



あなたが
何かが思うようにいかなくて
「変わりたい」「変えたい」と思ったら

もしかしたら…

辛いけれど
勇気を出して
心の傷やトラウマと
向かい合って癒すタイミングが来た
と言うことなのかも、しれません。



自分と向かい合う作業というのは
本当に大変だけれども
心の仕組みを知っている
カウンセラーとしては
心の重荷は
手放した方がいいのでは?
と思いますよ。



しんどいまま生きていても
しんどいですから。



それにね、
今回の、この経験は
私にとって
「孤独」に関して
大きな学びになったのです。

ただじゃ、
転びませんことよ(笑)



それは、
またの機会にシェアしますね。





ブログのご感想・ご意見・ご質問などありましたら、
下記までお気軽にお寄せくださいね。
mailto:essc-garden@holisticstageup.com





【ご案内】
◆ホームページ: エッセンスガーデン
http://r.goope.jp/essc-garden



◆フェイスブックページ: エッセンスガーデン
https://www.facebook.com/essencegarden/



◆フラワーエッセンス専門ネットショップ
オープン準備中です。少々おまちください。


◆無料メール講座
『あなた自身がお客様に愛されて選ばれる
戦略的ステージアップ
5つのステップメール講座』
詳細はこちら↓↓




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。



にほんブログ村



にほんブログ村

ホリスティック・ステージアップコンサルタントの
渡辺啓美(ひろみ)です。






起業をして
頑張ってきたけれど

疲れたなぁ・・・

いつ、成果が出るのかなぁ・・・

もう力が出ないなぁ・・・

そんな風に
感じてはいませんか?



実は、
私はそう感じて
前回こんな記事を書きました。
『自分らしく、自然体でいこう!』



でも、それは
もう頑張らないということでは
ないんです、決して!



「頑張り方を変えなければ
ビジネスも体力も続かない」と
気付いたのです。



人の意見やアドバイス
巷のノウハウ情報
先人の成功法則

それらは
起業初心者にとって
知らないことばかりですね。

学び取り入れることは
ビジネスを進めるために
絶対必要なことです。



我流で素早く成功する人も
世の中にはいるでしょうが
それはごく稀な天才だけ。



私たちは
地道に
ビジネスのルールや知識
成功法則
ツールの有効な使い方や
コンテンツの作り方などを
勉強しましょう。



ところがね、
そのビジネスの勉強で
私たち日本人にとって
障害になることがあります。



それは、
偏差値教育で
枠や型にハマった学習を強いられてきた
ということです。



つまり、
与えられたことを
理解するのは得意だけれど
自分で考える能力を
育ててこなかったということ。



正しい勉強をしてさえいれば
合格すると
擦り込まれてきました。



これを鵜呑みにしていると
起業の世界では
混乱に陥ります。



なぜかって言うと
世の中に流れている情報だけでは
成功しないからです。



そうは
思いませんか?



目に飛び込んでくる
成功している起業家たちを見ると
「スゴイなぁ。
羨ましいなぁ。」
と思っていました。



ところが、
身近な成功者が
私が想像できるレベルよりも
ずっと苦しい経験をしてきて
それを乗り越えてきたから
今、成功している姿を
人に見せられるんだということを
最近、知りました。



成功者には
その苦しい時代を乗り越える
何かを
持っていたということでは
ないでしょうか?



あの大・大・大・ベストセラーの
「嫌われる勇気」

哲学者が書いた
100年前のアドラー心理学の本が
135万部まで驚異的に売れると
誰が想像できたでしょう?



実際に出版の企画が動いてから
発売までは2,3年だったようですが
共著者でライターの古賀史健さんにとっては
構想16年の年月を費やしたそうです。



古賀さんが
岸見先生の本と出合って
感銘を受けて
本を出したいと思って
岸見先生と信頼関係を築いて
インタビューを重ねて

地道なプロセスを通して
あのような形になったそうです。



岸見先生は既に著作があって
特定のニーズがあるので
初版は8,000部からの
スタートだったそうですが、

これほどのケタ違いまで来るには
もう、
古賀さんの熱意しかないでしょう!



もちろん
編集プロデューサーとしての経験や
ライターとしての才能は
おありでしたでしょうが、
だからこそ
出版業界の壁をご存知で
16年も辛抱強く
熱意の炎を絶やさずにいたのでしょう。



だから、
人の熱意って
すごいなぁと思います。



「これが好き」
「こうしたい!」
「こうなりたい!」

感情や
さらに本能レベルで
この感覚を自分が掴んだら
怖いもの無しです。



情報に振り回されて
「何が正しいか?」なんて
思考に固まっている段階では
奇跡を起こすような熱量が
産まれてこないものですよね。



だから
正しいやり方を求める学習は
一通り理解したら
卒業しませんか?



では
どうしたらいいの?



人の受け売りではなく
自分で考えるって
どういうこと?



それは…

【自分の熱意を高める】



あなたは
あなたの何を
ビジネスで
実現させたいのでしょう?



社会で認められること?

お金を稼ぐこと?

感謝されること?

人の笑顔を見ること?

世の中を変えること?

新しい価値観を提供すること?



そのことが
あなたを熱くさせるか、どうか?
ってことだと思うんです。



頭を、

ではなくて

心を。



もっと言えば

魂を。



【自分の揺るがない軸】と
言い換えられるかもしれないですね。



ちなみに、
熱意と言っても
いつもポジティブでヤル気満々とか
人に気に入られるために何でもやってやるとか
いつだって明るい笑顔でいるとか
そういう見た目熱いということでは
ないです。



大辞林には、こう書いてあります。

『ねつい【熱意】
いちずにそれに打ち込んでいる気持ち。熱心な気持ち。』



もっと、静かな…
何事にも動じない平常心の状態のこと、
です。



自分と向かい合って
この熱意を
掘り下げて
自分なりに言語化できると
いいですね。



考え、
行動するのは
それからじゃないかな?



その熱意を実現させるために
頭を使って、考え抜く。
そこに、
知恵や忍耐が生まれると思うのです。



その上で、
人の意見やアドバイスを取り入れる。
先人のノウハウを選んで使う。
便利なツールを使う。
新しい方法を試してみる。
チャンスを見計らう。

やることは、
いっぱいあります。



自分の軸となる【熱意】を
見失ったら
ビジネスは続きません。



自然体流の気張り方は
自分の熱意に従って
行動すること!



さらに
魂を奮わせるほどの熱意を
育んでいくこと。



あなたの熱意は
元気ですか?





ブログのご感想・ご意見・ご質問など
ありましたら、下記までお気軽にお寄せくださいね。
essc-garden@holisticstageup.com





【ご案内】
◆<第4回武蔵野・美女活フェス in 三鷹>出展
2017年10月21日(土)開催
<チャクラエネルギー・バランスチェック>
フラワーエッセンス入りのミニスプレーと
チャクラバランスを整える生活アドバイス表をプレゼント!
10分 1,000円のイベント特別価格ですよ。
お得なこの機会をお見逃しなく。
他にも、あなたを健康に美しくしてくれる40ブースが
お待ちしております。
詳しくはこちら↓
http://b-fes.weight-loss.jp/



◆ホームページ: エッセンスガーデン
http://r.goope.jp/essc-garden


◆フェイスブックページ: エッセンスガーデン
https://www.facebook.com/essencegarden/




◆無料メール講座
『あなた自身がお客様に愛されて選ばれる
戦略的ステージアップ
5つのステップメール講座』
詳細はこちら↓↓




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。



にほんブログ村



にほんブログ村