*あいのひろ~心のドアをノックして 

あいのひろ学園主宰。八王子にて、心理カウンセラー・アートセラピスト・チャイルドセラピスト・夢かなマップインストラクター・TCカラー講座開講。八王子市・立川市・多摩市・水戸市など主催講座講師。著書「なりたいあなたになれる夢をかなえる魔法のマップ術」他


テーマ:

先日、


小学校の学芸会がありました。



ある学年の劇を見て、


思わす隣の先生と目頭が熱くなりました。



数年前、


その学年の一クラスは、学級崩壊でした。



授業中、大声でおしゃべりする子。


机をひっくり返す子。


教室を飛び出してどこかへいってしまう子がいて、


一時期はクラスに大人5人が支援に入るくらい、


大変な状況でした。



あれから2年半。


あのクラスでも大変だった一人の子が、


今回、主役のような役をしていました。



「あれ?あの子、〇〇君ですよね?」


隣の先生と思わず確認しあうくらい、


その姿は堂々と、立派で、上手でした。



一時期は、


「ぼくなんていなくなればいい」


と、


床に頭をたたきつけ、


机の中の教科書をゴミ箱に捨ててしまい、


テストはびりびりに破いて


小さな肩を震わせて泣いていたあの子が、


こんなに立派に体育館の舞台に立っている。



その姿を見て、


隣で見ていた先生が、言いました。


「子供ってね、成長するのよね。


荒れるのはね、ほんの、一時期なの。


その時期を通り過ぎたら、


ちゃんとこうして、自分で成長するのよね」



その子は、今は、


担任の先生ととても相性が合い、


クラスではボケ役としてかかせない存在になっているそうです。



先生がちゃんと彼を認めてあげて、


彼のよさを伸ばしてあげている。



人から認められるって、


こんなに素敵なことなんだなあ・・・・


と思いました。



そうだよね、


大人だって誰かに認めてほしくてがんばってるんだもん。


同じだよね。



きっと、どの子も通る、


成長の一時期があるんだろうな。



うちの子も小5。


そろそろ反抗期なるものが


始まる時期。



あまりガチにならず、


その成長の片鱗を


そっと見守ってあげられたらいいなと


思います。




もし、今後、


反抗期の息子に、


ムキになっている私がいたら・・・




容赦なく突っ込んでください(笑)



今日の名言


離任式で、離任する先生の前で、


涙一杯で児童が、作文を読んでいました。


「先生は『人の気持ちがわかるってことは


100点とるよりずっとえらいんだぞ』って言った」


ちゃんと伝わっているじゃないと


きいていた私も、涙が止まりませんでした。


by ほぼ日手帳より




今日も数あるブログの中から、私のブログに遊びに来てくださり

どうもありがとうございます。

素敵な一日を☆


ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(36)  |  リブログ(0)

チャイルドセラピスト*あいのひろ さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります