こども まもりたい

母と子の放射能対策 市民連絡会の名称を、「こども まもりたい」と変更致しました。
神奈川県内、相模原市、町田市、座間市、海老名市、大和市、綾瀬市、厚木市、愛川町の、放射能汚染について市民レベルで対策を考えるために結束した、お母さん達のブログです。


テーマ:
地元 相模原市では、明日 知事選挙、市長選挙、県議会議員選挙、市議会議員選挙と4つの選挙が執り行われます。

得に、相模原市南区では市議会議員の候補者が乱立して、激戦になっておりまして、明日の選挙結果は予想出来ない状況だと思います。

さて、選挙戦になると、一体 この候補者は普段から、何をしているのか分からないと思う方が多いかと思います。

政策を述べず、ただ候補者の名前だけを叫んだりしているだけで、当選して市議になった場合に、一体 市民の為にどう努力して下さるか全く見えてこない方もいます。

これは、現職・新人ともに、市議としてどう仕事をするか述べていない方が多々いるように感じます。

先日、我が家の子どもの授業参観に行ってきまして、街頭宣伝車から発せられる声の大きさに驚いたことがあります。
少なくても、幼稚園・保育園・小中学校周辺での、選挙の宣伝は謹んで欲しいと思いましたが、この音声が子ども達の授業や保育園のお昼寝に悪影響を与えていると察しがついたのか、1台の街宣車は学校前で選挙演説の放送を止めて、通り過ぎてくれたのを見ました。他の候補者はガンガン音を流して学校の前を通っていきましたが、こういった小さな心配りが出来る議員さんは、おそらく普段からも市民の目線で動いているのでしょう。

また国会議員が候補者の応援に来ていたりしますが、その国会議員が候補者を推薦する言葉が、「私が責任を持って◯◯さんを推薦する」といった内容で、候補者の政策や仕事の評価などしない、無責任な声援を送っている応援者の方もいます。

支持する政党で候補者を選ぶ市民も多いかもしれませんが、やはり、普段からどういった仕事をしているか、どういった結果を出しているのかが人を選ぶ要です。

ここ、相模原市は政令市になって、非常に苦しい財政状況がつづいています。

津久井、藤野、城山、相模湖の地域は、政令市になってもあまりその恩恵を受けていないという声も多く聞きます。

津久井管内では、雪が降れば昔はすぐに役場が除雪に来ましたが、現在はその回数も当時に比べれば極端に減っています。昨年の大雪の際には、市役所職員がなかなか動けず、大雪の影響で孤立した地域もありました。

ひばり放送も、山間部では、山々に音声が反響して何を放送しているのか聞き取れないという事もあり、昔は各家庭に役場から直接放送が届いたことを考えれば、自治体の動きが悪い方へ縮小している感も否めません。

リニア新設では、車両基地の開発と、それに伴う残土の処分に関して、JR東海からは周辺地域への自然生態系の影響についてははっきりとした回答がなされないままとなっています。

藤野の地域では、飲料水として地下水を使用している家庭が多いのですが、リニア開通の影響で地下水の枯渇が心配されています。こういった問題に対して、行政は安全なのか、安全ではないのかの回答も出しておりません。
この問題に対して、相模原市の議員はどう周辺住民と向き合っているのでしょうか。

津久井管区においては、かなりの問題が山積みになっているように感じますが、さて、今回の市議会議員に立候補している方々は、普段 こういった市民生活に関して、問題を解決しようと尽力されている方は、どれだけいらっしゃるのでしょうか。

震災の際、訪問看護士や介護ヘルパーが、ガソリン不足で要支援者宅まで徒歩で出向くことがありました。ガソリンをそういった組織に回す方法は考えられないし、それに関してはどうしようも無いと、問題を解決する為に動かず、悲しい回答をくれた議員もいます。

福島第一原発事故の際、当時 相模原市は事故から4ヶ月経過しても、市内における土壌の放射能汚染状況の把握に務めようとしませんでした。
土壌の調査を行って欲しいという市への要望は、市民が最初に声を出したもので、市議会は一切傍観したままでありました。

確か、この時に二人の市議会議員に土壌調査の要望を市に対して行って欲しい旨を打診しましたが、二人の議員からは一切の返答は無く、無視された経緯があります。

給食の放射能検査をおこなって欲しいという学校保健課への要望や、弁当持参について保育課に対しての要望も、市民から出たもので、市議会は市民からの請願を受理して動くといった何とも遅い対応をしており、全く 市民に寄り添う姿勢が感じられませんでしたし、当時 放射能の汚染問題に関しては全く無関心を装っていました。

緑区の1名の議員、中央区の1名の議員、南区の2名の議員が、事故後 市民の声に耳を傾けて動いてくれたくらいで、後の多数の議員は静観していたのが、今でも印象に残っています。

こどもまもりたい が、当時 福島第一原発事故後に市議会議員へ向けて、放射能に関する意識調査のアンケートを行いました。

以下のURLにその際の回答が載っておりますので、ご一読頂ければと思います。

http://members3.jcom.home.ne.jp/5539mpym/Administration/index.html

http://members3.jcom.home.ne.jp/5539mpym/_src/sc121/83A839383P815B83g89F1939A.pdf

このアンケート調査を行った際も、この調査は市民活動ではなく、政治活動だと我々を非難した議員もいました。

選挙戦になると、自身を売り込もうと良い事ばかりを述べられている方が多いと思いますが、さて、今回 立候補している方々は、普段から70万人の市民に対して、どれだけ多くの悩みを真摯に聞き、その悩みを解決されるために動かれているか、胸に手を当ててよく考えて頂ければと思います。

明日の選挙、有権者の市民は貴重な一票を、市民に寄り添う志のある方に 是非 投じて頂ければと願います。

それと、私は選挙戦で述べられている候補者の政策については、現職の議員であるならば、普段の公務での成果と政策課題を見比べて、大風呂敷を敷いているかどうか見極めるようにしています。

大事なのは、今 必死に語っている上辺だけの軽い言葉よりも、普段どれだけ市民の為に必死に動いているかです。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:
市販薬の副作用で、過去5年間に15人が亡くなられていることが、消費者庁の調べで分かったそうです。

 市販薬のインターネット販売が解禁され、薬が簡単に購入できるようになりましたが、かぜ薬や痛み止めなどの市販薬で、まれに重い副作用が起きるケースがあるとして、消費者庁は、異常を感じたら、すぐに医師に相談することなどの、注意を呼びかけています。

劇薬などを除くすべての市販薬は、2014年6月、インターネットでの販売が解禁されています。

消費者庁では、こうした市販薬で副作用が起きたケースは、去年3月までの5年間に約1200件報告されていて、このうち15人が死亡し、後遺症が残ったケースも15件あったということです。

 スティーブンス・ジョンソン症候群と呼ばれる高熱が出て皮膚が赤くなり、視力が低下する副作用や、だるさや吐き気が続いて肝障害に至るケースなどがあるようです。

市販薬の種類はネットなどの情報で調べても全く出てこず、分かりませんが、いずれもかぜ薬や解熱剤、痛み止めなど、市販されている医薬品を飲むことで起きているということで、対処や治療が早いほど重症化を防ぐことができるということです。

 消費者庁は、医薬品を利用して異常を感じたらすぐに服用をやめて医師に相談することや、医薬品を購入するときはアレルギーや持病などについて薬剤師とよく相談するよう注意を呼びかけています。

 市販薬でも命に害を及ぼす副作用が出る可能性があることは分かっていましたが、普段 あまり副作用については意識していなかったので、注意するにこしたことはありません。

これから、少し意識を持ちつつ注意しようと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
時々、文部科学省のセシウムの定時降下量を見ますが、まだ相変わらず降下しています。

文部科学省定時降下量 2014年11月
http://radioactivity.nsr.go.jp/en/contents/10000/9276/24/195_20141226.pdf

単位は、Mbq/㎢になります。

ちなみに、昨年 10月の定時降下量では、不思議なのですが、中国地方の島根県でセシウム137が、0.061Mbq/㎢が降下していまして、島根県の降下を各月で見ていくと、降下していなかったり、降下していたりする月があるようです。

昨年10月の島根県の降下量は以下に、島根県の欄をご覧下さい。
http://radioactivity.nsr.go.jp/en/contents/10000/9174/24/195_20141128.pdf

これは一体どういう意味を示しているのか見解を知りたいところです。

福島第一原発事故では、事故が起きてから放出がおおむね収まった3月末までに放出された放射性物質の量は47万テラベクレルと推定され、このうち、核燃料のメルトダウンや水素爆発が相次いだ3月15日の午前中までの4日間の放出量は全体の25%で、むしろ、その後の2週間余りで全体の75%を占める大量の放出が続いていたことが、日本原子力研究開発機構の調査で分かっていまして、現在も引き続き漏洩が続いているわけです。

福島県内でのセシウム量が、顕著に多いですし、この降下量を見ると、原発事故が終わったというのは勘違いで、まだ続いているという意識が強くなります。

とりあえず、関東地方と東北地方で降下のあった地域の数値を載せておきます。

三重県にて降下しているのが驚きです。


以下、2014年11月のセシウム定時降下量


岩手県はCS-134は0で、CS-137は0.073

宮城県はCS-134は0.10 で、CS-137は 0.36

山形県はCS-134は0で、CS-137は0.23

福島県はCS-134は62で、CS-137は200

茨城県はCS-134は0.49で、CS-137は1.3

栃木県はCS-134は0.17で、CS-137は0.59

群馬県はCS-134は0.15で、CS-137は 0.40

埼玉県はCS-134は0.080で、CS-137は0.17

千葉県はCS-134は0.16 で、CS-137は0.41

東京都はCS-134は0.29で、CS-137は 0.87

神奈川県はcs-134は0.10で、CS-137は0.28

静岡県はCS-134は0で、CS-137は0.066

長野県はCS-134は0で、CS-137は0.092

三重県はCS-134は0.63で、CS-137は2.0
















AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
町田にて原発問題の講演会がありますので、お知らせ致します。

お時間の都合のつくかたは是非 参加されてみて下さい。


原発事故を考える町田市民の会

講演会 「ちょっと待った!川内原発再稼働  知らされない 福島の現実」

講師  満田夏花さん 国際環境NGO「FoE JAPAN」理事 
    「福島汚染の現状と川内原発再稼働」 

    井野博満さん 東京大学名誉教授
    「原発の危険性を技術で抑え込めるか」

日時  2月14日(土) 14:30~17:30

会場  勝楽寺 誕生殿(地下ホール)JR町田駅より徒歩5分

参加費 500円

要予約 先着順(100名まで)

申込  042-729-2296

共催  原発事故を考える町田市民の会・原子力市民委員会


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2014年夏のガザ空爆、日本人医師の報告

この夏、イスラエルが行ったガザへの激しい空爆。
ガザ地区に暮らす1500人近い人が無くなり、その半数は子どもでした。
生き延びた子どもたちは、生まれてから、戦争しか知らない子どもたちです。


こどもまもりたいのメンバーの大学時代の同級生が、
今、パレスチナ難民救済事業機構(UNRWAウンルワ)という国連機関で、
医師として、保健局長を務めています。

12月にその医師が一時帰国する時に、相模原や川崎で、ガザについての報告会を開いてくれることになりました。
こどもまもりたいが主催します。

ぜひ、ご御都合のつく方は、ご参加ください。

無料です。
でも、会場でガザへの支援カンパを集めさせてくださいね。

相模原(小田急相模原駅)会場では、奈良本氏の解説は、残念ながらありません。
でも、講演の後に、こどもまもりたいメンバーを交えた座談会的なことも考えています。
関心を持ち、何かをすることが始まり。お待ちしています。

医師が見たガザ報告会 ~戦禍を抱きしめて~
清田 明宏(せいた あきひろ) 医師
国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWAウンルワ) 保健局長

12月2日(火) 18:00開場 18:30~20:30
(元法政大学教授 奈良本英佑氏解説あり)

会場:エポックなかはら(川崎市総合福祉センター) 7階 第三会議室
JR南武線 武蔵中原駅1分


12月4日(木) 18:30開場 19:00~21:00

会場:おださがプラザ 多目的ホール(ラクアル・オダサガ 4階)
小田急 小田原線 小田急相模原駅北口1分

お申し込み kodomomamoritai311@gmail.com 松下宛


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
川内原発の安全対策が新しい規制基準に適合しているとして原子力規制委員会は今年9月、再稼働に必要な「設置変更許可」を出しています。

これについて、地元の住民をはじめ全国の1400人余りが行政不服審査法に基づき許可を取り消すよう求める異議申し立てを行ったことが、12日の規制委員会で報告されたそうで、

住民らは

「最大規模の地震による揺れの想定や、重大事故の対策に問題があるにもかかわらず許可が行われた。」

「住民の避難計画の実効性を確認しないことも、人と環境を守るという規制委員会の組織理念に反する」

としています。

許可取り消しの方向性に進んでくれるといいのですが、

そもそも、避難しなければならない程の重大な事故が起こり得る施設が、世の中に存在している事自体、間違っているのではないでしょうか?

避難計画の実効性を確認していないことも問題あるけれど、根本的に 福島の事故から考えれば、原子力発電の今後の方向性は縮小の道を模索していくことが、人としての常識で、人道というものでしょう。

2014年11月現在も15万人の福島県民が避難しており、第一原発の廃炉作業は40年もつづき、使用済み核燃料の置き場も無い、事故によって拡散された放射性物質の回収後の中間貯蔵施設も無い、さらに汚染された土地の環境を浄化するのも困難で、食の安全が脅かされ、放射性物質の拡散による健康被害も懸念され、事故による経済への打撃や、国の信用も失墜する。


原子力発電を辞めると、メーカーや日本経済が一時期は衰退するかもしれないし、科学技術の発展においても、少なからず影響はあるかと思いますが、

それと比べても、福島第一原発の様な事故が起これば 失うものが多過ぎるのではないのか。

原発を廃止しろという意見は、女 ・子供の意見だと発言する、世の男性がおりますが、私達が生きていく上で、女・子供の存在価値というものは、何ものにも換えることが出来ない程、男性には 大きなものしょう。

女・子供の発言と言いますが、これは生存する権利を求める まっとうな意見です。


原子力を推進している人達は、

何を守るために、生活しているのですか? 

誰のために生きているのですか?


経済損失によって利益や利権が失われることよりも、
自分の子供や、嫁さん、家族、知人、友人、日本の豊な自然が失われるほうが、大きな悲しみや苦しみを伴うのではないのか。

愛する家族と離ればなれになること、古里を放棄しなければならないことは、

お金を失うことや、権威を失う事よりも、もの凄い 苦しみを味わうはず。

子供や嫁さんの生存権よりも、利益や利権を優先する考え方を持っているとすれば、それは
もう一度 小学校からやりなおして、自身の価値観を一から築いていったほうがいい。

計画停電等で電気の供給が少なくても、電車の本数が減っても、そんな物は、あって便利なだけであって、生活に絶対必要なものではない。多少不便になっとしても我慢出来るではないか。

守らなければならない大切な人達と、幸せに暮らせる事が一番大事なのではないのか。

自然災害の発生が懸念されるこの国では、被害のリスクはなるべく減らした方がいいに決まっている。

この国の人達は、自分が守るべきものは何かを、しっかり考えたほうがいい。

とくに男性と、父親と呼ばれる人達は。





いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
11月28日に小田急相模原にて、開催する、地域で暮らすーをテーマに医療・介護の連携について、事例発表などのシンポジウムー・公開研修会のご案内です。


今小田急線沿線の地域はいずれも高齢化が一気にすすんでいます。

介護保険法施行から施設中心できた国の方針が、在宅にシフトするからと言って、市内37カ所も特養ホームを作ってきた相模原市で、在宅中心の計画見直しが来年4月の介護保険見直し時期に間に合うのかー地域を回ると焦燥感が強くなります。

是非この研修会を活かしてもらって、一人一人に沿った計画に出来るよう応援したいと思います。

現役世代にも直結する問題です。ご参加を。


日時 2014年11月28日(金) 18時45分~21時まで

場所 おださがプラザ 多目的ルーム 小田急線小田急相模原駅 ラクアル オダサガ4階

料金 資料代金 300円

主催 医療介護の連携~地域で暮らすために~ 実行委員会

後援 社会福祉法人 相模原市社会福祉協議会

申し込み先 アドレス
 医療介護の連携~地域で暮らすために~ 実行委員会
 shizumaru1@outloook.jp


発表予定

18時45分 開会挨拶
18時50分 事例発表 「地域で暮らすこと」
19時30分 医療の視点から、「今の課題とこれから」
20時10分 質疑応答



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
映画「A2-B-C」上映会と講演会のお知らせ

 福島のこどもたちに、何が起きているのか?
 講演・牛山元美(さがみ生協病院内科部長)

日本在住のアメリカ人、イアン・トーマス・アッシュ監督が福島原発事故以降の、福島の子どもたちを追ったドキュメンタリー。
こどもたちを姿を追い、校庭や通学路の除染などを追いながら、アッシュは、ある異変が起きていることを知る。


東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故から3年半がすぎました。
それなのに、いまだに、解け落ちた燃料がどこにどのような状態にあるのかもわからず、
海に大量の汚染水を流し続け、除染という名目で放射能のまき散らしが続いています。
いま、福島のこどもたちはどうしているのか。
そして、私たちは、何をすることができるのか。
この映画をもとに、一緒に考え、話し合いましょう。

なお、上映会ですが、多くの方がお集まりになることも予想されます。
会場のキャパシティもありますので、当日の判断にてA2-B-Cの3回上映に変更する場合もあります。

その場合、お知らせしている第2部の開始が20分程度遅れることになりますので、予めご了承頂ければ幸いです。

また、会場の東林公民館には駐車場がありますが、他の団体も使用しますので、極力車でのご来場はお避けください。 


場 所:東林公民館 1階和室 相模原市南区相南1-10-10 TEL 042-744-0087
日 時:10月26日(日)
    1部:14:30~ A2-B-C 上映 
       15:50~ チェルノブイリ28年目の子どもたち上映

2部:17:30~ A2-B-C 上映
        18:50~ 講演:牛山元美
       20:30~ ホットスポットファインダー勉強会

参加費:1,2部とも 各1,000円
    通し     1,500円
    中学生以下無料

問い合わせ:042-747-2858 東林間測定室

主催 ・・・さがみ(仮)、チャンプール、東林間測定室、こどもまもりたい、カフェ・カチル、厚木ままラボ、麦っ子畑保育園、ママカフェマノ、有機野菜プロジェクト、ホットスポットファインダー神奈川 ほか(仮称、予定団体も含む)
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
神戸で行方不明になっていた女の子が残念ながら遺体で発見されました。

同じ年頃の娘を持つ親として、やりきれない想いでいっぱいなのと、容疑者を許せない気持ちでいっぱいです。

亡くなられた女の子のご冥福をお祈りします。


ここ相模原市でも、近所の田名地区にて、女の子が誘拐された事件がありました。

また、前年には原当麻駅の近くで、女性が中肉中背の男性に刺されて重傷を負う事件もありました。

この事件の際には、小学校では登校時に保護者が付き添う対応をとりましたが、それは数日しか続きませんでした。

たった数日だけの付き添いが何の役に立つのでしょうか。

現在もまだ容疑者の特定には至っておりませんで、事件は未解決のままです。


神戸の事件も、被害者の女の子と同じ地域に住む容疑者は、普段から時々問題を起こしていたと聞きます。

「もし」「だったら」などの、言葉をこういう痛ましい事件が起こった後に使うのは好ましくありませんが、

もし

もし、地域の人々で容疑者の男性を見守っていれば、容疑者の男性に普段から声をかけていたのなら、歩いている女の子を見守っていれば、尊い命は失われる事はなかったかもしれない。

普段から男性を見守っていたとしたら、もっと頻度を高くして見守る時間を増やせなかったのか。。。。

事件の事はニュースでしか知りませんし、地域の事情も知らず、少ない情報で語るのはおこがましいですが、けれども何か打つ手はなかったのでしょうか。

地域も離れていますし、関係する人間ではないにしろ、残念です

本当に残念です。

私の家の近所にも、時々 全裸で歩き回る男性がいると聞きます。

けれども、具体的な対応はまだ地域でなされていないようです。

国内では、夕方の下校時、それと放課後の時間が圧倒的に児童誘拐の事件が集中しています。

学校や教育委員会が、放課後の児童の行動に気を配ることは難しいはずですから、それならば今後、児童誘拐を防ぐにはどうすればいいのか、もっと家庭や地域で考えなければいけないのではないでしょうか。

継続的にPTAで防犯パトロールをするとか、自治会が地域をパトロールするとか、子供達が安全に暮らせる町を皆で知恵を出して作っていかなければならないと思います。

私ごとになりますが、私は朝の登校時の交通指導をかれこれ1年つづけています。

仕事で横断旗を持てない日は仕方がないとしても、朝の登校時間は30分程ですから、時間があれば、30分という短い時間でも 交通事故から子供達を守りたいですし、

下校時も時間があれば、街頭での見守りをおこなうようにしています。

街頭で見守りをしていれば、犯罪や事故が少しは減るかもしれません。

減らないとしても、横断歩道で横断旗を振っていれば、少しは車が速度を落として 子供の横を通過するかもしれない。

何か、自分で出来ることがあるかもしれません。

子供を守るために、今 何が出来るのか 模索する日々がつづきそうです。





いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
川越駅にて、目の不自由な女子高生が蹴られて負傷した事件

この事件において、加害者を擁護するような発言が、ツイッターや、フェイスブックで挙がっておりますが、この肯定する意見に関しては開いた口が塞がらないほど、飽きれてしまいます。

白杖につまづいた時に、杖を持っている被害者がとっさに謝らないことが原因で、両者とも悪いなどという意見もありますが、

それが事実だとしても、目の見えない方を蹴るという行為は肯定出来ません。

身体が不自由な方は、社会的な立場からすると、もの凄いハンディを負っています。

これは、小さい子供もそうですし、足腰の悪い老人や、あかちゃんを抱っこしている人、妊婦さんなど、皆 同じ様な社会の中で守ってあげないといけない人々です。

小さな子供が、悪気はないしろ、例えば大人の人を転ばして、またその時に謝罪がなかったとしても、大人はその子供に仕返しで蹴りを入れるようなことはしないでしょう。

普通の大人であれば、子供に蹴りを入れる前に、子供の諭すか、事故を未然に防ぐために何らかの方策を考えます。

今回も、その例と同じです。

白杖につまずいて転倒して、そして相手から謝罪が無かったとしても、ぐっと堪えて我慢するのが大人というものです。

蹴りを入れる前に、頭を冷やして、どうしたら今起こった事故を防ぐことが出来たのか? 盲人の方が人混みで安全に歩くにはどうすべきか、そういうことを考えるでしょう。

今回の事件で、両者が悪いなどという発言は、あまりにも幼稚です。

社会的弱者に対してどんな事があっても、傷つける事は絶対にやってはいけません。

これは、その方達が、普通に衣食住に困っていない方達よりも、何十倍も何百倍も日常において、私達には想像も出来ない程の大変な苦労を強いられているからです。

迷惑を掛けられても、我慢出来るではないですか。

人が意図的にこれ以上の苦労を弱者に強いること、私は与えてはいけないと考えます。

心に余裕を持つことは、今 大事だと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇