2013年04月30日(火)

右腕の刺青切除治療

テーマ:イレズミ治療

今回は右腕の刺青の治療を希望された症例です。


ヒルズ美容ステーション

患者様は・・・


複数回の治療よりも、


1回での治療を希望されたため、


レーザー治療ではなく、切除治療を行うことにしました。



刺青治療は・・・


“切除した後に欠損部が出来ように縫合できるか”


・・・がポイントになります。


切除したはのはいいが、


その後に縫合出来なければどうしようもありません。


刺青を見た瞬間に、


1回で取れるのか?


それとも数回に分けて行うか?


あるいは、


他のところから皮膚を採取して移植する“植皮”が必要になるのか?


判断しないといけません。


特に手足の刺青治療の場合は、


術後に手足の機能障害を起こさにように考慮しないといけません。


そのために術前の判断、デザインなどが非常に重要になります。


では症例を見ていきましょう。


今回の症例は右腕ですが、


機能障害がないように、かつ一度に取り切れると判断し行いました。


まずはデザイン~切除~縫合までです。


ヒルズ美容ステーション


腕を様々な方向に動かしてもらい、


腕の機能障害が起こらないことを確認し縫合しました。


そして、


縫合~テープ固定~術後2ヶ月の状態です。


ヒルズ美容ステーション


この時期でポイントは、


腕の運動刺激から傷を守る(*)ために、


数ヶ月のテープ固定を行います。


*運動は傷を刺激し、綺麗に治ることを邪魔します


それではbefore & afterを確認してみましょう。


ヒルズ美容ステーション


まだ2ヶ月で傷は赤く、テープの跡もありますが、


ある程度赤みがひくまでは、


このままテープ固定を続けてもらう予定です。



いかがでしたか?


手足の刺青治療の場合、


切除したはいいけど、


“縫えない”


“機能障害を起こした”


・・・では元も子もありません。


術前のプランニングとその後のケアが非常に重要です。



                 丸山成一









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヒルズ美容クリニック 神奈川県藤沢市さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。