ヒルズ美容クリニックが皆様に贈る・・・様々な美容情報


    神奈川県藤沢市の個人美容クリニック→→→ヒルズ美容クリニック

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月15日(木)

感謝!感謝!10周年!!

テーマ:GMのつぶやき

   2016年9月15日

祝 ヒルズ美容クリニック 10周年クラッカー

 

お陰様でヒルズ美容クリニックは10周年を無事迎えることができました!!

 

たくさんの患者様・業者様各位、皆様に支えられながら、

 

開院当初より少しずつ増えたスタッフとともに

 

 

とてもいい雰囲気のクリニックに成長させていただきました。

 

本当に感謝・感謝感謝の気持ちでいっぱいです!!

 

これからも院長はじめスタッフ一同、

 

日々の勉強と努力、感謝の気持ちで邁進し続けていきたいと思いますアップアップアップ

 

どうぞ今後ともヒルズ美容クリニックのため、

 

気になったことやご不満な点等がございましたら、

 

どうぞ気軽に院長・スタッフにお申し付けくださいビックリマーク

 

有難いお言葉と感謝し、早急に改善に努め、

 

より一層皆様に選んでいただける

 

クリニックに成長していきたいと思いますアップ笑い泣き

 

 

開院当初からのヒルズ美容クリニックの理念のひとつとして掲げている

 

"すべての患者様に気持ちよく過ごしていただくこと”

 

いま一度初心に返り、

 

より大切にしていきたいと思いますニコニコ

 

どうぞこれからもヒルズ美容クリニックをよろしくお願いいたしますお願い

 

 

                       GMウサギ

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年09月10日(土)

今夏はできなかったフォトフェイシャル

テーマ:Ns3号の美容のつぶやき

御無沙汰しております。

 

看護師Tです。爆笑

 

ようやく少しずつ

 

患者様に名前と顔を覚えていただいて

 

嬉しく思っている今日この頃です。

 

ありがとうございます。義理チョコ

 

夏も終盤ですが、まだまだ蒸し暑い日が続きますね。

 

みなさん水分はたくさんとって、

 

熱中症には気を付けて下さいね。晴れ

 

 

この夏。私は・・・

 

大好きなサーフィン、海遊びを楽しんでいたら波

 

たくさんの紫外線を浴びてしまい、

 

日焼けをしてしまいました。。。

 

日焼け止めをこまめに塗って

 

気を付けてはいたのですが

 

ウォータースポーツで日焼けをしないって難しいですね。

 

顔も腕も日焼けてしまい、

 

院長に怒られてしまいました。

 

 

前回のブログにも書かせて頂きましたが、

 

私はフォトフェイシャルがとてもお気に入りです。ドキドキ

 

個人差はありますが、

 

私の肌は効果がとても出るタイプの様で

 

フォトを施術してもらうと

 

肌に艶、はりがでて、明らかに調子がよくなります。ラブ

 

クリニックに勤務してからファンデーションはしないようになったので、

 

その効果もあると思いますが、

 

マイナス5歳肌キラキラキラキラ

 

・・・を目指す私にとって、

 

院長が行うフォトフェイシャルが必須です。

 

毎月やってもらいたいくらいなんです。

 

しかし!!

 

日焼けをしすぎてしまうと・・・

 

残念ながら

 

フォトフェイシャルの施術が出来ません。

 

「患者さんのために悪い見本になりなさい!」

 

・・・と言われてしましました。。。

 

院長は患者さんはもちろんスタッフに関しても、

 

そこは厳しく徹底しているんですよ。

 

何故なら・・・

 

フォトフェイシャルを行うとターンオーバーが亢進するため、

 

一時皮膚の防御機構が弱まります。

 

そこで紫外線があたると・・・

 

かえって綺麗で新鮮な皮膚が上がってこなくなるからなんです。

 

 

・・・という訳で、

 

看護師Tは今フォトフェイシャルおあずけ状態です。

 

おあずけ状態になってわかったのが

 

やはり・・・ゲッソリ

 

紫外線は肌に良くないということと、

 

フォトを定期的にあててもらっている肌と

 

あてていない肌の状態は、かなり違うと言うことです。

 

看護師Tはこれからまた、

 

フォトをあててもらえる様に

 

美肌活動を頑張ろうと思います。

 

皆さんも引き続き

 

日焼けには気を付けて下さいね。

 

看護師Tハイビスカス

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月30日(火)

目の上の凹み〜注入物を使用せずに糸を使って治療〜

テーマ:目の上のへこみ治療
今回は上まぶたの凹み(以下;目の上の凹み)の治療の説明です。

目の上が凹んでいる状態をSunken eyes(サンケン アイ)と言います。

目の上の凹み


このような凹んだ状態は、

一見“疲れたような”・・・

あるいは“老けた”印象を与えてしまいます。

それでは・・・このような場合の治療はどうすればいいのでしょうか?


他院では“自分の脂肪”や“ヒアルロン酸”などを注入し治療していますが、

意外にトラブルも多いようです。

私は自分の脂肪を使った治療は一切行っていませんが、

しわの治療として吸収性で安全なヒアルロン酸は使用します。

もちろんほうれい線などしわの治療として使用しているだけで、

特に目の上の凹みのような場所には注入物は一切使用しません。

施術後のトラブルが非常に多いからです。


では私はどうしているかというと、

今回紹介する【特殊な埋没法;従来の糸のかけ方を複雑にしたもの】を行っています。

もちろん全ての症例が適応ではありませんが、

かなりの症例で改善を見込めるでしょう。

*特殊埋没法が困難な場合は、

  切開し眼窩脂肪をスライドさせたり、挙筋腱膜を引き出すことで改善させます。


それではbefore & afterをみていきましょう。


目の上の凹みが改善されています。

また目の印象がかわり疲れた印象もなく、

とても若々しい目になっています。

閉眼した状態もみておきましょう!


傷はありませんね。

非常に良好な経過です。


いかがでしたか?

目の上が凹んでいても安易に注入物で代用してはいけません。

私のクリニックにも、

「他院でヒアルロン酸を注入され逆に膨らみすぎた」

「他院で注入された脂肪が多すぎて目の形が変形した」

など様々なトラブル事例を抱えた患者様がいらっしゃいますが、

よくよく話を聞いていると、

『注入物でしか改善しない』

・・・と思っていらっしゃる方が大勢います。

糸をかけるだけでもこれだけ改善するので、

注入物を考えられている方は、

もう一度検討してみることも大事かもしれません。

         丸山成一





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月19日(金)

急に大きくなった黒子は切除が望ましい。でも目の近くでも大丈夫?

テーマ:黒子切除術
今回は急に大きくなった黒子の治療のお話です。

患者様は右の目の下に黒子が急に大きくなったので、

黒子


怖くなり治療希望で来院されました。

患者様に話を聞いてみると、

3ヶ月前はなかったといいます。

ここで形成外科医は悪性のものを念頭において治療方針を探ります。

ところで悪性を疑う場合は、

形成外科医は以下を基準に判断します。

黒子の良性・悪性


① 形は綺麗か?それとも汚いか?

② 出血はしていないか?

そして・・・

③ 急激に大きくなっていないか?

・・・などです。

今回の症例では、

① 黒子の形状ですが綺麗でもなく、汚くもありませんでした。

② 黒子からの出血はありませんでした。

③ 急速に大きくなっていました。

そこで私は総合的に良性だと考えましたが、

念のために悪性も考え切除した組織を病理検査に提出しました。

黒子・病理検査


2週間後の病理検査の結果は良性でした。

患者様も喜んでいらっしゃいました。

これで悪性の心配はなくなりましたが、

今後は傷の経過を確認していく必要があります。

「良性で良かったですね!」だけではよくありません。

傷跡もきれいでないといけません。

ではその後の経過を追っていきましょう。

黒子切除(1.5ヶ月後)


術後1ヶ月半ですがまだ傷は赤いですね。

本人はそちらを心配されていました。

しかし、

5ヶ月もすれば・・・

黒子切除(5ヶ月後)


傷も綺麗でほとんど目立ちません。

もちろん再発もなく目の変形もありませんでした。

最後に一連の経過をみてみましょう。

黒子治療後の経過


傷は綺麗でほとんど目立ちません。

下まぶたの形態を変形させずに綺麗に修復できています。


いかがでしたか?

たとえ結果が良性であっても、

急に大きくなる黒子は要注意です。

切除し病理組織を提出すべきです。

そして、何よりも綺麗に修復することも大切です。

目の下(目のギリギリそば)でも今回のような修復は可能です。

         丸山成一


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月29日(金)

凹んだ傷をつくらないためには〜黒子除去の注意点〜

テーマ:傷跡治療
私のクリニックには凹んだ傷跡の修正希望の患者様が大勢いらっしゃいます。

凹んだ傷ができた原因は、

水疱瘡であったり、ニキビであったり様々ですが、

意外にも・・・

“美容外科や皮膚科で“黒子”を治療したあとに凹んだ”

・・・という訴えが非常に多いことに驚かされます。

というのも・・・

黒子を治療する場合には、

レーザー治療、電気焼灼、切除など様々な治療法がありますが、

患者様の多くは以下のように勘違いされています。

『手術による黒子切除は傷が残り』、

『レーザーや電気焼灼での治療は傷が残らない』、

・・・と思っている患者様が意外に多いのです。

手術、レーザー、電気焼灼のいずれの治療も、

黒子を取り除くということは、

“壁に穴をあける”こと同じような意味合いがあります。

つまり壁を修復しても前の壁と全く同じものになるわけではなく、

限りなく前の壁と同じになるといった方が正確でしょう。

皮膚も同じで、

いずれの治療後も瘢痕という組織に変化するために、

周りの皮膚と全く同じにはならないということなんです。


手術によって切除すれば縫合した後は一本の線状の瘢痕となり、

レーザーで治療すればその部分の皮膚は周りの皮膚と近い状態となり、

電気で焼灼すれば一種のやけどのような状態になります。

特に電気焼灼の場合は傷が深くなりがちで、

後々凹んだ傷になる可能性が高いため、

施術する医師が相当慣れていないとオススメできません。


凹んだ状態で治癒してしまうと、

お化粧などをしても実はその凹んだ傷を隠せません。

何故なら・・・

凹んだ部分にお化粧が入り込み余計に目立ちますし、

また蛍光灯や太陽光など光の当たる角度によって、

その反射でとても目立ちます。

このような状態を本人が強く意識し始めると・・・

常に鏡を見るようになり、

人からその傷を見られている気にもなり、

マスクをしたり、最悪引きこもってしまいます。

この状態は身体醜形恐怖症(しんたいしゅうけいきょうふしょう)といって、

治療が非常に困難になります。

もちろんレーザーやヒアルロン酸注入などの治療を行っても改善しません。

平らな状態にするにはその部分を切除し縫合するしかありません。

そして同時に心のケアを同時に行っていかないといけません。


凹んだ傷になることを避けるためには、

患者様自身も黒子を取ることは簡単な治療だとは思わず、

どのような方法で、どのように取るのか、

またその後どのような状態になるのかを担当医に聞くことが重要です。

私の場合は、

大きな黒子は切除、

小さな黒子は炭酸ガスレーザーで行い、

黒子が深ければ、レーザを数回に分けて照射するようにしています。

そうすることで極力凹まないよう工夫しているわけです。


いかがでしたか?

黒子を切開したら切開する方向や縫合によって、

目立たなくすることはできますし、

レーザー治療でも

深い黒子などは、

よかれと思って1回で全部綺麗に取りきるために、

真皮層の深いところまであえて追わず、

数回にわけて治療すれば、

そんな目立つほどの凹んだ傷にはなりません。

どのような治療を選択するにせよ、

施術前に患者様には、

黒子を取ったあとどのような状態になるのか・・・

しっかりした説明を行うべきです。

           丸山成一




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。