モロッコ旅の達人

モロッコ旅の達人
モロッコ専門ツアーオペレーターHikali Safariがモロッコの地域情報をご案内いたします。


テーマ:


モロッコ旅の達人 岩間ひかるです。


 

プロフィール / メニュー&ツアー事例 / ギャラリー / お客様の声/ お問い合わせ

 
 
 
9月も後半の今ごろのメルズーガは
暑さのピークも去り、
とっても気候が良く大変過ごしやすいです。
 
 
7月、8月のメルズーガ。
暑さのピークはどんなかというと
気温は50℃近くになります。
 
 
 
気温50℃近いとは
どういう感じかと言うと、
 
一言でいえば
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
思考停止
 
 
 
 
 
 
 
状態です。
 
もう、どうにもなりません。
ふて寝して暑さを紛らすのみ、です。
 
 
 
しかし、そんな思考停止するくらいの灼熱の地へ
敢えて灼熱の時期にだけ人が集まってくるのです。
 
 
 
 
 
 
外国人旅行者ではありません。
モロッコに住むモロッコ人なのです。
 
 
 
その人たちの多くは
モロッコ沿岸の都市部に住む人たち。
 
 
 
 
 
実は彼らは灼熱のメルズーガで
 
 
 
 
サンド・シャワー
(Sand Shower)
 
 
 
 
 
をするためにやって来ます。
 
 
 
 
 
 
 
モロッコは、沿岸部と内陸部、
なかでもアトラス山脈以南の砂漠地帯では
全く気候が違います。
 
 
 
沿岸部は湿度が高く、
沿岸の寒流のために
気温もさほど上がりません。
 
 
 
 
そのため、沿岸部に住む人たちは
湿度あるいは冷えから
病気になりがちなのだそうです。
 
 
 
 
そういう人たちが灼熱のメルズーガに
サンド・シャワーという名の自然療法で
自らの身体のリズムを取り戻しに来るのです。
 
 
 
 
 
私も14年前の夏に
これを経験したことがありました。
 
 
 
その時の記憶は
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
瀕死
 
 
 
 
としか言いようが無いほど
ドMな体験だったと記憶しています。
 
 
 
 
 
 
 
あれから14年。
 
 
 
 
 
 
 
 
今年の夏は暑かったせいで、
冷たいものばかり摂取してしまったこと。
 
 
 
出産後になって、
左膝が痛くなってしまったこと。
 
 
 
 
 
 
 
これはいっちょ、
サンド・シャワーでもやるか!!
 
 
 
 
 
という気分になったので、
若干タイミングが遅かったのですが
9月のメルズーガで
再びサンド・シャワーをしました。
 
 
 
 
 
時は14時。
太陽がかんかん照りです。
 
 
 
「砂はもう冷たい」
などと言われていましたが、
そんなことはありません。
 
 
穴に辿り着くまでにいくつか砂山を超えた際に
サンダルの中に入ってきた砂は
十二分に暑いと感じました。
 
 
 
砂丘の面に掘られた2つの穴の一方に
身を横たえます。
 
 
 
 
 
 
 
上から砂をかぶせられます。
 
だいぶかぶったら、
上からギュギュっと固められます。
 
 
 
 
 
 
 
 
あとはそのまま10分ほど待つ。
 
 
不思議なことに、
サンダルに入ってきた砂はとても暑く感じたのに
これだけ砂に埋まっていてもじーんわりあったまる感じ。
 
 
 
 
 
 
10分後、砂から脚を出します。
 
 
 
するとまあ!
なんでしょうこれ!!
 
 
 
 
 
 
 
汗が砂にくっついて
なんだか汚い状態。
 
 
曰く、これが冷えの原因であり
これゆえに砂の中でも暑く感じなかったようです。
 
 
この砂を払って、
次は隣の穴で再び埋もれます。
 
待つことまた10分。
 
 
 
 
 
 
本来であれば、2回目の穴では
すごく暑く感じるようなのですが
私はまたじんわりあったまる感じ。
 
 
10分後砂から脚を出したら
 
 
ま、まただ!!
また汚いじゃないか!!
 
 
 
 
 
 
 
私の下半身の冷えは、
相当根が深いようです。
 
 
あと数回やっても良かったのですが、
いったんこれで終了。
 
 
 
 
 
すると、脚が見事に軽い!!
脚がポカポカして、左膝も痛くない!!
 
 
 
 
知らず知らずの間に
身体が冷えていたようです。
 
 
 
 
 
これが良く実感できたのは
その後シャワーを浴びたとき。
 
 
 
 
脚のポカポカと対照的に
おなかがとても冷たいのです。
 
どうやら私は全身埋もれた方が良いほど
冷えちゃっていますね。
 
 
 
 
こんな感じで、
数日滞在して5〜6回サンド・シャワーをすると
身体の調子が良くなるのだそうです。
 
 
 
 
 
来年の夏、旅の時間にゆとりがある方は
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
ただし、今年はこのサンド・シャワーで
11人が亡くなっているそうです…
 
脱水症状や熱中症もあるのでしょうが
サンド・シャワーをやってはいけない糖尿病の方がこれをして
亡くなってしまうこともあるそうです。
 
持病のある方がトライされる際には
事前に医師にご相談されることを強くオススメします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


モロッコ旅の達人 岩間ひかるです。


 

プロフィール / メニュー&ツアー事例 / ギャラリー / お客様の声/ お問い合わせ

 
 
2016年の犠牲祭は予定どおり9月12日でした。
 
 
ちょうど私たち一家は9月10日から移動を始め、
途中でアトラス山脈の中の涼しい町で1泊し、
翌日、砂漠方面の主人の実家へ。
 
 
主人の実家に着いて車を降りた途端、
 
 
 
 
 
 
 
あっっっっつ!!!
 
 
 
夏が戻ってきてしまったかのような暑さでした。
 
 
 
 
 
 
思い返せば
昨年の犠牲祭は妊婦だった私。
 
 
 
激しい頻尿と戦いながら
長い距離を移動したわりに、
 
医者からは焼いた肉を禁じられていたため、
新鮮な羊肉を食べなかったのを覚えています。
 
 
 
でも今年は、
すでにたっちが大好きなまでに成長した娘が居て、
私も思う存分串焼肉を食べることができるのです。
 
 
 
 
姫は生まれてはじめての羊さんとのご対面。
不思議そうな顔をして
 
 
 
 
 
 
「アン!!」
 
 
 
 
と呼びかけていました。
 
 
{770EFAE2-3E79-460F-8486-5B03B96D6D53}



 
 
 
おっとそれは、
うちのネコの名前ですよ姫。
 
 
 
はじめてまたがってみた羊は
ちょっとゴワゴワして怖かったようです。
 
 
{9D8E8D84-13BD-49C1-A05D-E3E455A7FE65}



 
 
 
この羊さんたちは、数時間後には
肉へと変貌を遂げるのでした。
 
 
 
その過程は、
最初の年に見たきり
もう見に行くことは無くなってしまいました。
 
 
 
ただ、お部屋に居ても
ゴーンゴーンゴーンという音が
屋上から聞こえてきます。
 
これは羊の頸動脈を切る前に、
羊の頭を床に打ち付けて気絶させるため。
 
 
 
この音を聞いただけでも、
身が引き締まる思いがします。
 
 
 
 
途中、外出して戻ってくると
既に肉の塊になった羊さんが。
 
 
その後は、捨てるところ無く
ありがたく美味しくいただくのみです。
 
 
 
 
こうして犠牲祭から3日以上は
毎食ラムの食事が続きます。
 
朝食の串焼き肉にはビックリですが、
これも犠牲祭の時だけ味わえるものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


モロッコ旅の達人 岩間ひかるです。


 

プロフィール / メニュー&ツアー事例 / ギャラリー / お客様の声/ お問い合わせ

 
 
イスラムの重要行事のひとつである
ライード・アル・アドハ(犠牲祭)
が今年もやって来ます。
 
 
 
今年は、グーグルカレンダーによると
9月13日となっていましたが、
どうやら9月12日になる見込みです。
 
 
この行事はラマダンと並んで
イスラム教徒にとってはとても重要な行事。
 
 
 
この間に旅行をする人が注意すべきことは3つ。
 
 
 
1)都市→郊外への移動手段は早めに確保
2)犠牲祭に突入したら3日くらいは街が休止状態になることを念頭に観光計画
3)犠牲祭期間に飢えないように
 
 
 
国中あるいは国外からも、
家族で過ごすために帰省ラッシュが始まります。
 
特に直前は都市部から郊外への交通機関はほぼ満杯!
3日目以降は、郊外から都市部へのUターンが始まります。
そのため、早めの予約と移動手段の確保を。
 
 
 
実際に犠牲祭に入ってしまうと
お店というお店がほぼ閉店しています。
 
そのため、観光したいのに殆どのお店が休業状態かも。
それを念頭においたスケジュールを!
 
 
 
 
殆どのお店が閉まっているので
レストランが付属していない宿泊施設へ泊まる方は
食事先の確保もお忘れなく。
 
 
 
私はかつて、ラマダンが終わったライードの時に
うっかり買物するのを忘れたままライードに突入。
家にジャガイモしかなくて、本気で
 
 
 
 
飢えるかも…
 
 
 
 
と青ざめたことがあります。
 
 
もしもの時のために、
非常食があると安心ですね。
 
 
 
 
 
この期間を旅する旅行者的に大成功な例は
一般家庭にお邪魔して、
犠牲祭という行事を過ごすことだと思います。
 
 
 
そんなチャンスに巡り会えたら、
即座に乗ってみることをおススメします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。