1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2011-04-26 08:17:53

それでは出かけます

テーマ:ブログ

いよいよ、出発です。戻って来るのは、5月5日の午後。

ということで、次のブログの更新は、多分、5日の夜か、6日の早朝となります。ではでは。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-25 02:54:01

明日の出発を前に

テーマ:ブログ

もう日付が変わっているので、グアテマラへの出発まで、あと1日を残すのみ・・である。一昨日は、「ヘンリー・ダーガー展」を観た後、品川プリンスシネマで「GANTZ」の後編を観て、昨日は日帰りで実家へ。

結局のところ、書き始めていた書評原稿は、未完成のままで、すべてはグアテマラからの帰国後・・ということになる。書評と共に、グアテマラ報告も、5月末までに書いて、次号の「リプレーザ」に載せる予定。

最後の最後までもたついた今日のメキシコ学勉強会については、参加者は25名あまり。本当は駆け込みで、もっと多くの参加希望者があったのだが、会場(調理室)の広さや、食材等の準備の都合上、不本意ながら、お断りしなければならない参加者も、何人もいた。ゴメンナサイ。また、とりあえず、次の5月の会場は見つかり、会場がないが故の不開催は、回避出来た。

今日は、これから寝て、「本業」の降版作業の後、その「本業」関連で、業界紙の団体の総会に出て、それを途中退席して、メキシコ学勉強会の冒頭にのみ参加し、またまた、途中退席、家に戻って、出発の最終準備。まさに綱渡りの、しんどい一日になる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-25 02:10:55

「GANTZ PERFECT ANSWER」

テーマ:映画

前編がダメだった作品が、後編になって、急にすばらしい作品になるわけがない。そう思いつつ、観た後編は、やはり、ダメでした。

もちろん、改善された点は多々あって、たとえば、アクション・シーンなどは、前作に比べ、格段にリアルで、よくなっていました。しかし、無関係な人々を巻き込んでの、地下鉄内での殺戮シーンなどは、それでなくても暗い物語に、後味の悪さをプラスしただけだ。

「PERFECT ANSWER」とはいうが、結局のところ、GANTZとは何だったのか?その目的は?星人とは何なのか?等々、すべては曖昧なまま。もちろん、そのすべてにパーフェクトに結論を出す必要などないが、ラストスパートに入ってからの、物語のモタモタ感は歯がゆいばかり。国家権力に連なる人間とおぼしき山田孝之の果たした役割なども、ハッキリいって、無意味。未消化なシナリオに基づく映画化というしかない、仕上がりである。

原作と異なるラストというが、私は原作そのものを読んでいないので、その点は何ともいえない。原作がこんなにひどい作品でないことを、ただただ、祈るだけである。

私の隣で観ていた若いカップルの、女性の方が、観終わって席を立つ際、つぶやいた言葉「マジ、超暗い」が、観た者の平均的な感想なのでは・・と思った。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-24 09:24:37

「ヘンリー・ダーガー展」

テーマ:アート

原宿のラフォーレミュージアム原宿で開催中で、昨日が初日の「ヘンリー・ダーガー展」へ、その初日の昨日、行った。

場所はいうまでもなく、原宿きっての、オシャレの殿堂「ラフォーレ原宿」の最上階、人はいても、ヘンリー・ダーガーになぞ、きっと関心はない人ばかりだろうし、しかも、昨日は雨と強風が吹き荒れ、来場者は少ないのでは・・などと、傲慢にも思っていたが、どーして、どーして、ミュージアムの入場券売り場には長い列が出来ていて、しかも、並んでいる人には、私のような「老人」は皆無で、若い人ばかり!!!なのだ。お見それしました、ゴメンナサイ。

さて、今回のヘンリー・ダーガー展が、2007年に原美術館で開かれた同展と、どこが違うのかというと、原美術館のそれでは、極力、避けられていた、残酷な描写のシーンが、包み隠さず、公開されていること。

私は「リプレーザ」の第1期第8号に、「孤独な魂の饗宴~アウトサイダー・アーティストの世界~」という、少し長めの原稿を書いていて、そこで次のように指摘した。

「しかし、聖少女への憧れと共に、そうした存在へのどす黒い蹂躙願望もまた、間違いなくダーガーの内面世界には、存在しているのである。そこには、生涯、人とキチンと交わることすら出来なかった、孤独な老人の怨念が潜んでいて、それがダーガー作品に、一種の凄みを与えているのである。そのこと抜きのダーガー評価は、私には無意味であると思われる」

そうした意味で、今回の展覧会は、ダーガーという人と、その作品の、いわばコインの表と裏の双方を、観ることが出来る展覧会であると、思う。ただ、会場で図録代わりに売られている、数量限定の「ポストカードボックス」や、ダーガーが生み出したクリーチャー「ブレイゲン」をピックアップした8種類のポストカードには、そうした、ダーガーの一面、すなわち、残酷シーンは、極力、避けられているのだが・・。

なお、前述の拙稿の掲載された「リプレーザ」第8号は、まだバックナンバーがあり、「中南米マガジン」のホームページ等から、ネット購入可能です。あるいは、私宛に、メールを下さい。もし、ご興味がおありでしたら、是非是非。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-23 10:25:29

どこに売ってんの???

テーマ:ブログ

昨日は、終日、連休明けにつくる予定の、「本業」5月5・15日合併号の準備。

その間をぬって、「中南米マガジン」オーナーの金安さんや、月曜のメキシコ学勉強会で食材の購入を担当して下さることになったKさんと、携帯でやり取り。用意する食材の中に、「シラントロ(香草)」や青唐辛子等があるが、多分、フツーのスーパーには売っていないのでは・・と思ったので、その点を指摘。それより何より、「シラントロ(香草)」は、おそらくパクチー(タイ語)のことと思うが、それ自体が不明。

実際に、アキバにあるスーパーの「Y'sマート」に昼休みに行ってみたが、「シラントロ(香草)」や青唐辛子はなし。仕事の帰りに、乗り換え駅の品川や、自宅のある駅の周辺のスーパー等でも探してみるが、唯一、品川駅ビルアトレ内の「クイーンズ伊勢丹」で、パクチーを売っているのを発見したが、「生もの」なので、昨日買っても、月曜までもつかどうかわからず、購入はせず。もっとも、「シラントロ(香草)」がパイチーと同じものであるかどうかは、講師に確認しない限り、不明なので、たとえ月曜までもっても、買うことは出来ない。

月曜のメキシコ学勉強会の食材購入に関しては、金安さんも私も仕事で、夕方までまったく動けず、結局のところ、前述のKさんとMさんの、お力をお借りすることになった。どーも、スイマセン。そして、どーぞ、よろしく。

それにしてもの「シラントロ(香草)」と、青唐辛子・・である。

しかし、たとえ、「シラントロ(香草)」と違うものであったにしても、パクチーを「クイーンズ伊勢丹」で売っていることがわかったのは、大きな収穫だった。私は苦手な人も多いパクチーが、大好きで、以前、ある方が家のベランダで育てているパクチーを分けてもらって、やはり、我が家のベランダで育てようとしたこともあるほどなのだ。まぁ、ものの見事に、枯らしましたけど・・ねッ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-22 03:52:18

カフェギラリーeikuへ&古久家のサンマー麺

テーマ:ブログ

一昨日、25日降版予定の「本業」の原稿を、えぃ、やぁと、すべて仕上げて、逆入稿(つまり、印刷所の人に取りに来てもらうこと)したので、昨日はとりあえず、こと「本業」に関しては、する仕事がない。

もちろん、締め切り直前ということではないにせよ、書かなければならない原稿はあったし、早めに家に戻って、26日からの旅行の準備をしてもよかったのだが、マイミクで、画家の小澤英さんが、鵠沼海岸に「カフェギラリーeiku」をオープンさせ、是非是非、駆けつけますっ!!!と公言していたので、その、いわば「公約」を、守ることにした。

ということで、東京駅から、延々と、東海道線に乗って、藤沢へ。開店は午後1時ごろからと聞いていたので、ダイヤモンドビル地下にある古久家に行った。古久家は私が子供のころ、つまり、何と、もう50年近く前に、母に連れられてよく行った中華料理店で、そこのサンマー麺(神奈川県内でしか食べられていない、いわば神奈川県民のソールフード???)が好物だったのだ。以前、その話をブログで書いて、まさか、もうないだろうと思っていた古久家を、ネットで検索したら、ちゃんと今も同所で営業中・・ということが、わかったのだ。

で、行った。そうそう、この味だッ!!!と感慨深いものはあったが、昔ほどうまいとは思わないのは、まぁ、致し方ないか。揃いの白い割烹着のおばちゃんたちも、昔のイメージ通りで、懐かしかったが、「おばちゃん」といったところで、私よりずっと、若い年齢なのだ。そして、店内には、私同様、「老人」が、何と多いことかッ!!!今どきの若い人は、きっと、古久家なんかには、あまり、入らないのね(涙)。

い、いかん、ノスタルジーに溺れそうになっている。気を取り直して、小田急に乗って、鵠沼海岸駅へ。実は、鵠沼は私が幼少時代を過ごした街で、これまた、ノスタルジーに溺れそうな雰囲気も、ありあり。

小澤さんの「カフェギラリーeiku」は、そんな鵠沼海岸の閑静な住宅地の中にある、素敵なカフェギャラリーで、現在は小澤さんご自身の個展の真っ最中。コーヒーを飲みながら、彼の絵を鑑賞し、ご本人と、少し、会話もしてから、帰宅。あっ、もちろん、作品も2点、購入しました。ハイ。

でも、帰宅といっても、またまた、延々と、電車に乗って・・。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-22 03:26:30

25日のメキシコ学勉強会、申し込み受付終了っす(汗)

テーマ:ブログ

大変、申し訳ありませんが、25日のメキシコ学勉強会の申し込みを終了しました。

というのも、ここ数日、駆け込みでの申し込みが集中し、これ以上はとても無理・・という人数になってしまったのです。結果的には、何人かの申し込みをお断りすることになってしまい、しかも、私が、すでに訂正はしましたが、前のブログで25日を24日と誤記したりして、混乱を引きおこす結果ともなり、本当にどうもすいませんでした(汗)。

メキシコ料理教室は、メキシコ学勉強会の中でも、特に人気のあるジャンル???で、これまでの回でも、多くの皆様にご参加いただきました。今回、お断りすることになった方々も、次の機会がありましたら、是非是非、どうぞよろしく、お願い致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-21 03:55:13

25日のメキシコ学勉強会は予定通り!!!です

テーマ:ブログ

先日、会場の千代田区和泉橋区民館が当分の間、夜間使用できなくなったとブログで書いたので、来週の月曜日(25日)のメキシコ学勉強会も中止???とのお問い合わせを、複数の方からいただきました。25日は予定通り、千代田区和泉橋区民館で行いますので、申し込みをされた方、ご安心を!!!

というのも、25日の勉強会については、すでに3月11日の震災前に申し込み済みで、使用許可も出ていたのです。震災後、計画停電が始まり、節電対策ということで、千代田区の側で夜間の使用中止を決めましたが、区側との交渉で、すでに使用許可を出し、料金も支払い済みであることから、25日の調理室の使用は認めるとの結論に、至っています。

また、5月以降のメキシコ学勉強会に関しても、すでに複数の方から、ウチの施設を使っていいよというありがたいお申し出をいただいており、5月以降も新たな会場で実施できる見通しも立ちました。

ということで、25日のメキシコ料理教室に関しましては、ご安心の上、ふるってご参加下さい。といっても、予約申し込み人数はすでに18人に達し、一応、料理素材の用意は20人分の予定なので、残席はあと「2」になっています。お申し込みは、どうぞ、お早めに!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-19 02:29:41

がーん

テーマ:ブログ

昨日は、ほぼ終日、アキバのオフィスにて、原稿書き。途中、中抜けして、千代田区和泉橋区民館に5月のメキシコ学勉強会の会場を取りに行くと、節電のため、5月の会場の夜間貸し出しはすべて中止にしている!!!とのこと。が、がーん。6月以降については未定ながら、電力事情が好転しない限り、貸し出しの再開は難しいのではないか???との回答。

友人に別の区の区役所に勤めている人がいたので、電話して聞いてみると、その区でも区民館の夜間貸し出しは中止にしている・・とのこと。この分では、多分、区であれ、都であれ、役所はどこも横一線の対応だろうから、公立の会場を借りることは難しそうだ。メキシコ学勉強会はずっと、和泉橋区民館で開催して来たが、当面、新しい会場を探す必要が出てきたが、料金が安くて、なるべく多くの人が参加できるような会場が、すぐには思いつかない。まぁ、サイアク、私のオフィスでやるしかないか・・等々、悶々。

帰りに日暮里に寄って、26日の京成スカイライナーのチケットを購入。関西在住のオーナーにも、26日からグアテマラへ行くと話すと、こんな時に・・と、あきれ顔(電話での応答なので、あくまで推測ですが)。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-18 02:19:02

う~ん

テーマ:ブログ

日曜は日帰りで実家へ戻って、3日遅れでの娘の誕生日(実際には15日)のお祝い。お祝いといっても、戸塚でおそらく一番おいしいケーキ屋さんである「カナール」で、娘のお気に入りのケーキ(インペリアル)を買って行って、それを食べ、母のおごりで、今や、徒歩圏内にある唯一のファミレスになってしまった「夢庵」で、食事しただけ(プレゼントはすでに、15日当日に渡してある)。「夢庵」は和風レストランで、高くはないが、さして安いとも、うまいとも思わないが、最近、「サイゼリア」がつぶれて、近所でとうとう、唯一のレストランになってしまったこともあって、いつも、大変な賑わいである。

母に26日からグアテマラに行くことを告げると、「こんな時期に、私たち(母と、私の娘)を見捨てて、行くんだねぇ」と、半分冗談、半分本気でいわれて、う~んという感じ。確かに、余震は続いているし、福島第1原発は依然、深刻な状況のままで、グアテマラに行っている間に、あるいは大規模余震があったり、第1原発がメルトダウンしたりしたら・・と考えると、私にも、もちろん、人並みの後ろめたさくらいは、あるのである。でも、まぁ、行きますが・・。

帰りに、戸塚駅で、成田エクスプレスのチケットを購入しようとしたら、私の行く時間帯には、節電のための間引き運転のため、1本も走っていないことが判明。成田エクスプレスは品川から乗れるので私には便利なのだが、どうやら、日暮里まで行って、京成スカイライナーに乗り換えるしかないようだ。

最寄り駅のCDショップで、coccoの最新ライブDVDを購入してから、帰宅。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。