物件が割高であると、

売却する時には売却損が出る可能性が高くなります。


でも、どうせ買うなら新しい物件がいいし、

古い物件だと修繕などで支出がありそうだから、

多少高くてもいいのではないか、

とも思われるでしょう。


そこで、

新築物件と中古物件ならどちらを選びますか?





ここで注意すべきは、価格の付き方の違いです。



中古の場合は、周辺地域の相場が影響して、

時価が形成されていきます。


対して、新築の場合は、周辺の相場もありますが、

建築コストがどれくらいなのか、

という要因も影響して価格が形成されます。


そして、

新築を購入した後に、売却する時には、

1~3割ほど下落した価格になることを

覚悟する必要があります。




とすると、

ある程度時間が経った物件を購入する方が、

価格も落ち着いており、

投資としては効率的であると言えます。


また、大規模修繕をした直後のマンションですと、

その費用は以前の所有者が支払った、

修繕積立基金や修繕費が元でですので、

良い物件を割安に手に入れられることにもなります。





結論として、

不動産投資には、

中古物件の方が向いているのです。




不動産投資は、自分がそこに住むとしたら…

という感覚も大事ですが、

それ以上に、投資家としての視点で数字を追う、

ということの方が重要です。





リスクを軽減した不動産投資をしたい方はこちら



============================================================



AD