2は、もうすでに収益物件を持っている方に起こり、

「節税になっている」と言われたりします。



こちらの税金対策を謳っている業者さんは、

主にワンルームを販売していたりするんですが、


 「収入よりも支出の方が1万円上回りますので、

  月々1万円の支払いでこの物件を手に入れられますよ。

  しかも、支払っている分は損益通算もできますから、

  節税対策にもなります。」


と言ってきたりします。





しかし、30年ローンで組んだ結果、月に1万円だとすると、

年間12万円の支払いを30年間続ければ、360万円です。



その360万円を取り返すのに、

月10万円の収入だとすれば、

3年かかるので、

元が取れ始めるのは33年後

管理会社への報酬や税金などの経費を考えれば、

さらに先ですし、

家賃が下がればもっと先になります。





あなたが40歳だとすれば、

73歳以降から実質的な不労所得の始まりです。




それまでひたすら持ち出しをして、

身体の自由が利かなくなってから

経済的自由を手に入れるよりも、

今から手に入れたいですよね?




しかし、このような節税が成り立っている時もありました。



それは、不動産が値上がりしていたバブルの時です。





リスクを軽減した不動産投資をしたい方はこちら



============================================================


AD