175


★12月13日  ~BONからMさんへのメッセージ~


Mさんへ


Mさんからメッセージをいただいてから1週間少しが過ぎました。自分の人生の目的についてはかなり気にはなっていますが、これといったあせりや不安もなく、淡々と日々を送っているといった感じでしょうか(笑)。

そういえば、ここ2ヶ月程スピリチュアルというものをあまり意識しないようになってきています。以前は、指摘されていたように、現実とスピリチュアルとを分けて考えていましたが、今は現実もスピリチュアルも全てはひとつであり、分けて考えること事態が大きな分離感につながっているような気さえします。とはいうものの、私の中で現実とスピリチュアルの統合が出来たとはお世辞にもいえない状況ですが・・・(笑)。

そして、いただいたメッセージで変化することを恐れているといったようなことを指摘されたことに関しても、そうかもね~と思えるようになってきました。ヒーラーへと向かう道程での変化を求めている・・・楽しんでいると言いながらも、本当は変化することに対する恐れを無意識のうちに感じていたのだと思います。

それは、私自身が自分ひとりで変化していかなければならないという、自分と神とを分離した思考が働いていたことに起因します。きっと、自分を信頼すること・・・即ち自分の中にある神聖な力を、信じていなかったからだと思います。今よりももっと忙しくなったらどうしよう・・・今よりももっと時間がなくなったらどうしよう・・・本当に自分に出来るんだろうか?・・・私は出来る!という自信がなく、自分の力を信頼できていないことに他なりません。

この1週間、いただいたメッセージを考えようとしても意識が向きませんでした。でも、Mさんに言われていた夢を書き出すというヒントを貰ってから、今まで夢を見ていない(見ていても記憶に残っていない)と思っていたのに、本当は毎晩見ていることに気がつきました。そうです、ほとんど毎晩です。そして、電車で眠っている僅かな時間でもしっかりと夢を見ていることに気がつきました。不精なもので書き留めることはなかなか出来ていませんが、Mさんからのメッセージを読んだ直後に見た夢を紹介しますね。

以前から体調がおもわしくない会社の上司に対して、自己治癒力による回復指導をしつつ、何故か自信たっぷりに私に任せてくださいと言っているのです。何ていうか・・・根拠がないにも関わらず、絶対的な自信があったのです。自信の裏づけには、啓示的なものを受けているような感じがしましたが、定かではありません。

この夢を見た翌朝の通勤電車の中で、夢の内容を思い出しながら書き留めていたんですが、その時に響いてきたメッセージを書きとめてみました。リーディングなのか、チャネリングなのか、ともかく私の手が勝手に書き出した言葉なのですが・・・次のようなメッセージでした。


『自分の能力は、自分だけで形成するものではない。あなたとあなたの魂とあなたをサポートする多くの存在によって成されるのだ。あなたは、宇宙を信頼し、自分を信頼して生きればいい。それが、自分が信じる道を見つける方法であり、本来の目的を探り当てる唯一の方法でもあるのだ。あなたを守っている私たちの声に耳を傾けなさい。ありとあらゆる手段・方法を使って、私たちはあなたに語りかけるであろう。心の眼を開いて冷静に受け止めなさい。2004年4月18日に見た夢は前兆に過ぎない。ヒーラーとしてのあなたの自覚を促すために見せたきっかであって、その内容に囚われ過ぎてはいけない。Mを通じて今、私たちが伝えようとしているメッセージを受け取る準備をすすめなさい。あせらずに自分の心に・魂に問いかけることだ。そうすれば、あなたは自分でそれを受け取ることが出来るであろう。』

未だ、何がわかったわけでもありませんが、ようやく気づいたことがあります。それは、私自身がスピリチュアルに傾倒しすぎていたということです。ヒーラーという言葉を考えたときに、特殊な能力を使って人を癒す行為をしている人という定義が、無意識のうちに私の中にあったのだと思います。しかし、よくよく考えてみれば、スピリチュアルを意識しようがしまいが、私が今生きていること自体が、神の意志と自分の意志を自由に確認し、心の赴くままに行動し、自分自身の魂のエッセンスを表現しているのだと気づきました。


意識がニュートラルに状態になった今のタイミングで、Mさんからメッセージを受け取ったことも、間もなくやってくる大きな変化を受け入れるための準備期間だったのでしょうね。本当は、スピリチュアルも現実もなく、ただ今という瞬間だけが存在しているのです。スピリチュアルと現実という2つのものに分けることにそもそも無理があり、本当は全てが神の計画の上でなされているものだと感じました。スピリチュアルと現実の融合・・・その中に私が目指す目的が発見できそうな気がします。

スピリチュアルで学んだ知識は私の武器です。今後、人々の精神性がより目覚めていく時代に私が果たす役割は、心と魂の幸せをひとつの基準として、多くの人たちに価値観の転換を提案していけるのかもしれません。厳しい競争社会の中で疲弊し、自分自身を見失いかけているビジネスマン、学生、子供、主婦、お年寄り、全ての人々に新しい生き方の価値の創造を示してあげたいと思います。そして、自分の前に広がっているように見える現実の世の中で、私自身が何をしたいと思っているのかが大切であり、それこそが魂の目的なのだと思いました。

私が癒すもの・・・それを人だと限定するのではなく、私が住むこの地球を癒すのだと感じます。宇宙の中にある美しい星 地球を癒すために・・・地球上の全ての生命体を癒すために、今私の出来る事をやっていくことが大切なのだと感じます。

何が出来るかは全くわかりませんが、自分が望んできた目的です。自分の中にある本当に偉大な力を信頼できたときに、たくさんのサポートが受けられるのだと思います。今はそのプロセスを楽しみながら前進して行きたいと思っています。自身と勇気を持って道を歩み続けます。

脈略のない文章になってしまいましたが、出来るだけ思考に頼らずに、自分の直感に頼って書いてみました。また、違った目的を思いだしたらメールします。


BON


◆私がメールを送った翌朝に、再びMさんからの返信メールが届きました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


☆12月14日午前10時  ~MさんからBONへのメッセージ~


一昨日から風邪を引いてしまって、昨日から上り坂なのですが上司からもう一日休んだほうがいいと言われて、今日はゆっくりしようと思いながらメールを打ってます。昨日まで38度代から下がらなかった熱が、昨日ふっとした瞬間からいきなり平熱まで下がって、こんなに元気な自分が不思議な感じです。最近忙しかったから、抵抗力と免疫力が弱まってたんだなあと考えさせられました。やっぱり健康第一ですね!

そして、ヒプノは退行催眠の勉強に突入しました!最近、文章力と勉強の姿勢を褒められる事が増えて、単純な私としてはすごくやる気のモチベーションが上がっています。文章力や表現力が身についてきたのも、柔軟になってきたのもいろんな導きのもとにあったおかげだなあと日々感謝です。

今回のBONさんのメールを読んで、今までの緊張感が抜けてすごく変わった印象を受けました。今まで感じてた「焦り」がないように思えたんです。これが、一番変わったと思えるところであり、重要なポイントじゃないかなあと思うんです。きっと、これからいろんなことが変化していくんだと感じます!

> 麻衣子さんからメールのメッセージをいただいてから1週間が過ぎました。自分の人生の目的についてはかなり気にはなっていますが、これといったあせりも不安もなく、淡々と日々を送っているといった感じでしょうか(笑)。
>
> そういえば、ここ2ヶ月程スピリチュアルというものを余り意識しないようになってきているように思えます。以前は、指摘されていたように現実とスピリチュアルとを分けて考えていましたが、今は現実もスピリチュアルも全てはひとつであり、分けて考えることこそが、大きな分離感につながっているような気さえします。とはいうものの、現実とスピリチュアルの統合が出来たとはお世辞にもいえない状況ですが・・・(笑)。
>
自覚が変化をもたらすと思います、統合はきっとこれからされるものであって、気づきあってこその変化だからすぐできると信じてください!
本当の学びは、場を選びません。すべてに活かせるものだと思うんです。

> そして、いただいたメッセージで変化することを恐れているといったような指摘されたことに関してもそうかもね・・・と思えるようになってきました。ヒーラーへと向かう道程での変化を求めている・楽しんでいると思いながらも、本当に変化することに対する恐れを無意識のうちに感じていたのだと思います。
> それは、私自身が自分ひとりで変化していかなければならないという神と分離した思考が働いていたことに起因します。きっと、自分を信頼すること・・・即ち自分の中にある神聖な力を、信じていなかったからだと思います。

人はそれぞれ自らの神聖な力を神性として秘めています。
それを望むことこそが、繋がるための道になるのだと思います。

> 今よりももっと忙しくなったらどうしよう・・・今よりももっと時間がなくなったらどうしよう・・・本当に自分に出来るんだろうか?・・・私は出来る!という自信がなく、自分の力を信頼できていないことに他なりません。
> この1週間、いただいたメッセージを考えようとしても意識が向きませんでした。でも、麻衣子さんに言われていた夢を書き出すというヒントを貰ってから、今まで夢を見ない(見ていても記憶に残っていない)と思っていたのに、本当は毎晩見ているということに気づきました。ほとんど毎晩です。そして、電車で眠っている僅かな時間でもしっかりと夢を見ていることに気がつきました。不精なもので書き留めることはなかなか出来ていませんが、メッセージを読んだ直後に見た夢を紹介しますね。
>以前から体調がおもわしくない会社の上司に対して、自己治癒力による回復指導をしつつ、何故か自信たっぷりに私に任せてくださいと言っているのです。何ていうか・・・根拠がないにも関わらず、絶対的な自信があったのです。自信の裏づけには、啓示的なものを受けているような感じがしましたが定かではありません。

この夢での会社の上司は「BONさん自身の患う面」を暗示しています。主に身体的なものです。そして、そこでBONさんの役割は「今までBONさんが自分自身にしてきたこと」です。ここで示しているのは、BONさんが自分に対してそれまでのループをなくすために関わってきたものだと思います。


根拠のない自信とは、そのままの意味を暗示しています。この夢の中で「根拠のある自信」とは「直感」を意味し、「根拠のない自信」とは、ただの自信を意味しています。BONさんは、夢の中では啓示をこれまでも受けていますし、直感を働かせています。この夢は、これまでの自信は直感とは別なもので、個人的判断だったという事をあらわしています。

> この夢を見た後、朝の通勤電車の中で思い出しながら夢を書き留めていたんですが、その時に響いてきたメッセージを書きとめてみました。リーディングなのかチャネリングなのかそれとも私の手が勝手に書き出した言葉なのかわかりませんが・・・次のような感じでした。
>
> 『自分の能力は、自分だけで形成するものではない。あなたとあなたの魂とあなたをサポートする多くの存在によって成されるのだ。あなたは、宇宙を信頼し、自分を信頼して生きればいい。それが、自分が信じる道を見つける方法であり、本来の目的を探り当てる唯一の方法でもあるのだ。あなたを守っている私たちの声に耳を傾けなさい。ありとあらゆる手段・方法を使って、私たちはあなたに語りかけるであろう。心の眼を開いて冷静に受け止めなさい。2004年4月18日に見た夢は前兆に過ぎない。ヒーラーとしてのあなたの自覚を促すために見せたきっかであって、その内容に囚われ過ぎてはいけない。M(何故か呼び捨てでした)を通じて今、私たちが伝えようとしているメッセージを受け取る準備をすすめなさい。あせらずに自分の心に・魂に問いかけることだ。そうすれば、あなたは自分でそれを受け取ることが出来るであろう。』

このメッセージは、BONさんのガイドである男性(初老)の方からのものだと感じました。そして、そのガイドは神とも通じています。私達、というのは高次の存在を含め神という存在をも含めています。自分の能力を向上させるのは、自己認識ではなく多くのものを含めた変化だと言っているようにも思えました。これからは、違う姿勢でいろんな事に挑むことで、本来のBONさんの才能や神聖な面が開花されていくのだと思います。そして、この夢以外でも何度か接触してきているようにも感じました。もし、「見られている」感じがあったら、どんどん話しかけていってみたらいいと思います。

> 未だ、何がわかったわけでもありませんが、ようやく気づいたことがあります。それは、私自身がスピリチュアルに傾倒しすぎていたということです。ヒーラーという言葉を特殊な能力を使って、人を癒す行動をしている人という定義が無意識のうちに私の中にあったのだと思います。しかし、よくよく考えてみれば、私が今生きていること自体が、神の意志と自分の意志を自由に確認し、心の赴くままに行動し、自分自身の魂のエッセンスを表現できる場なのだと気づきました。

それぞれの魂が触れ合う様子は、シンフォニーに似ていると思うんです。オーケストラとか。でも、もっと突き詰めていけば「その一つの魂のあらゆる側面が個々に特殊な個性ある音を奏でている」んです。一つの魂の表現こそ、シンフォニーである。

今まで、そういう言葉を何度か受け取ったことがあったのですが、意味に気づくまで時間がかかりました。今、BONさんの言葉を見てそのことをふっと思い出しました。これからは、BONさんは自分の「魂の音楽」を表現していくのだと思います。

> 意識がニュートラルに状態になった今のタイミングで、麻衣子さんからメッセージを受け取ったことも、間もなくやってくる大きな変化を受け入れるための準備期間だったのでしょうね。

そうですね、そしてもう準備は終わって始まりを迎えているのだと思います。

> 本当は、スピリチュアルも現実もなく、ただ今という瞬間だけが存在しているのです。スピリチュアルと現実という2つのものに分けることにそもそも無理があり、本当は全てが神の計画の上でなされているものだと感じました。スピリチュアルと現実の融合・・・その中に私が目指す目的が発見できそうな気がします。

BONさんは、そのどちらもあってこそ「魂の感覚」が感じられるのだと思います。どちらか一つのほうが、普通はやりやすいように思えるのですが、BONさんはその二つなんです。一刀流じゃなくて二刀流、みたいな感じなのかな?

> スピリチュアルで学んだ知識は私の武器です。今後、人々の精神性がより目覚めていく時代に私が果たす役割は、心と魂の幸せをひとつの基準として、多くの人たちに価値観の転換を提案していけるのかもしれません。厳しい競争社会の中で疲弊し、自分自身を見失いかけているビジネスマン、学生、子供、主婦、お年寄り、全ての人々に新しい生き方の価値の創造を示してあげたいと思います。そして、自分の前に広がっているように見える現実の世の中で、私自身が何をしたいと思っているのかが大切であり、それこそが魂の目的なのだと思いました。

そこだけじゃなくて、もっと広い範囲だと思います。そして、その範囲の広さは「進んでいく段階で気づく」のだと思います。自分が思うよりも自分は常にその範囲を超えていく、そう信じてください。

> 私が癒すもの・・・それを人だと限定するのではなく、私が住むこの地球を癒すのだと感じます。宇宙の中にある美しい星 地球を癒すために・・・地球上の全ての生命体を癒すために、今私の出来る事をやっていくことが大切なのだと感じます。

この部分を読んだ時、鳥肌が立ちました。何度もガイドや神に、言われている言葉でもあるのですが、BONさんが自覚された上で発する言葉はまた別なものに思えました。


> 何が出来るかは全くわかりませんが、自分が望んできた目的です。自分の中にある本当に偉大な力を信頼できたときに、たくさんのサポートが受けられるのだと思います。今はそのプロセスを楽しみながら前進して行きたいと思っています。自身と勇気を持って道を歩み続けます。脈略のない文章になってしまいましたが、出来るだけ思考に頼らずに、自分の直感に頼って書いてみました。また、違った目的を思いだしたらメールします。


脈略を考えずに書いたほうが、まとまりを感じるものだと最近思います。BONさんは、「あまり考えて書いてないから脈略がない」と思っているかもしれませんが、すごく自然な流れで書かれているメールの内容になっています。それが、直感のすごいところだと思いますw

私、今までMの日記についても、人へのメッセージにしても、考えて書いたことなかったんです。それでも、ある程度まとまってたりするから不思議だなあと思う反面、そういった事意外でできないかなあとも思っていました。でも、最近は何かを「文字で表現する」という時、全般的に同じスタンスで迎えているので、「リラックスして挑む」ことが必要なんだなあと思いました。

BONさんのこれからの方向性については、少し落ち着いてからまたメッセージを書くことになりそうな気がします。

そういえば、数日前にBONさんが夢に出てきました。多分、過去世に関する夢だったのですが、ようこさんにまだお会いしたことがないのにようこさんも出てきました。

何かをお二人と、あと知らない人一人にお伝えしていて、ようこさんは少し泣いていたように思います。
BONさんがその時どうだったかは覚えていないのですが、私はBONさんに何かすごく重要な事をお伝えしている感じがしました。また、BONさんが夢に出てきたらお伝えしますね。

今年は、29~8日まで連休が取れたので、ゆっくり年末年始を過せそうなので関西に寄ろうと思います。関西にもし寄れそうだったら、明石に行って皆さんにお会いしたいです。ようこさんにも、ミュウさんにもお会いしたいです。


~ 続く ~


AD